lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

「片手打ちバックハンドの打点は前に取れ」は正しいのか? (テニス)

片手打ちバックハンドは難しい?

私はテニスを始めた時から片手打ちバックハンドですが、スクールで教わったり一般に言われる "片手打ちバックハンドの打ち方やコツ" の類を参考にしたりして散々練習しても一向に上達しませんでした。

でも、今はある程度片手打ちバックハンドで打つことに自信ができました。(うまいということではなく打ち方が分かったと思っているという感じ。) 結局の所、他の方から教わって上達できた部分は全然無くて自分なりに考えることを始めたことで今の状態までたどり着きました。

私は『頭で理解しないとできないタイプ』です。自分なりに片手打ちバックハンドを打てるようになった方もたくさん居るでしょうが、自分が思い浮かべる "トッププロのような打ち方" ができている人は案外少ないと思います。

それは、打ち方(スイング・フォーム)が違うなぁと感じるだけでなく、ミスを恐れてついスライスに逃げてしまうとか、球出しなら打てるけどラリーになるとミスしてしまうとか、思ったようにスピードが出ない・スピンが打てない、そもそも安定してボールが打てない等々です。

今、自分なりに打ち方が分かったと思う要因はやっぱり "手法 (打ち方・やり方)から考えるのではなく「理屈」から考えたこと" だと思っています。

 

  •  
  •  

 

ボールが飛び・回転がかかる理由

ボールが飛び、回転がかかる理由は、スイングによりラケットが速度を持ち、それで得た"全運動エネルギーの一部"がボールとの接触によって伝わるからです。ラケットの持つ運動エネルギーの大きさは「1/2 x ラケット重量 xラケットスピード ^2 (2乗)」で計算され、ラケットは1つなので単純にはラケットスピードが速くなる程、2乗で運動エネルギーは増えてきます。

また、ラケットの運動エネルギーの全てがボールに伝わる訳ではありません。ラケットとボールは固定されておらずエネルギーが伝わるには"接触"です。伝わるのは全体の一部で、ラケット(ガット)とボールの当たり方で伝わり方には多くのロスが生まれます。(ラケットやガットのしなる・歪む・たわむも "エネルギーの伝達に限れば" ロスになる要素です。)

スピンをかけようとボールの打ち出し角度とラケットのスイング角度の差が大きくなれば当然"ラケットとボールが正確に当たるのが難しく"なるし、かすれた当たりなら"ラケットからボールに伝わる運動エネルギーも小さく"なります。

ボールの打ち出し角度・方向に対してラケットを振り上げる打ち方は「正確にも当たらない」し「伝わる運動エネルギーもロスが大きい」ため効率的ではありません。

f:id:a-londenion:20170721181301j:plain

ボールの打ち出し角度・方向に対してラケット面は真後ろから90度の角度で当たるのが最も正確に当てられ、効率よく運動エネルギーも伝えられます。ズレても5~6度の間に収めるべきと言われているようです。

ボールの打ち出し角度・方向に対してラケット面は真後ろから90度の角度で当たる

このままでは回転がかからずフラット気味のボールになりますが、まず、「ベースライン中央、地上から80cmの打点からネット中央の2倍の高さ(約1.8m)を通るボールの軌道に必要な打ち出し角度は水平+約5度である」という事実があります。水平+5度で打ち出すだけでネットの2倍の高さを通ってしまうということです。

ネット中央の2倍の高さを超すストロークの打ち出し角度は約5度

よく"インパクトでラケットは地面と垂直"という話を聞きます、正確にはこの"打ち出し角度に対して垂直"です。"水平+5度に打ち出すならラケット面も水平+5度が基本"となります。

ボールに回転がかかるのは物理現象なので、どんな方法であれ「ボールの上側の端に他の部位よりも偏って力が加われば、ボールは飛行中の空気の流れの差により前向きに回転を始める」という理屈があります。

「ラケットはボールの下から上に振れ」と言われますが、それでは前述の通り、ボールとラケット面が接触するのは1点しかなく、正確に当たりづらいです。


図:よく見るスイング方向のイメージ図。でも、"ボールのどの位下から上" なのか (スイング角度)は表していない。ボールは立体なのに平面図で説明するのも違和感。

f:id:a-londenion:20170721181528j:plain


図:ボールを飛ばすためにボールの打ち出し角度・方向に向けてラケットをスイングする中でインパクトでボールの上側の端に偏って力が伝われば回転は発生する。

f:id:a-londenion:20170721181742j:plain


『ラケットをスイングする理由はボールを飛ばすため』ですから、男子プロ選手はボールを打ちだす角度・方向に向かってラケットをスイングしていき、
ラケットヘッド側を引き起こすことでスイングスピード、スイング方向を維持したままボールの上側により強くラケットからの力(運動エネルギー)を伝えているのだと考えています。

フェデラー選手のフォアハンド

 プロ選手はスイングスピードが速いのでボールが飛ぶスピードを確保した上で十分なスピン量を得ています。

そもそもスイングするのはボールを飛ばすためなのでスイングスピードを落としてまでスピンをかけようとラケットを振り上げる打ち方が効率的なはずもありません。

ラケットには慣性の法則が関係する

ラケットには慣性の法則が働きます。

テイクバックで停止状態にあるラケットは手や腕に引かれグリップ側から動き始めますが、ヘッド側はその場に留まろうとするので、手に引かれるグリップ側を留まろうとするヘッド側は反対方向に引っ張り続けます。

テニス慣性の法則でラケットはその場に留まろうとする

ただし、引かれる力の方が強く、スイング方向に加速を始めたヘッド側は、スイングによる回転運動とグリップ側よりも体から遠い位置にあることで、(回転運動の外側にある物体の方が速度は速くなるので) 手や腕の動き、体の回転よりも速度が速くなり、体を追い越して慣性の法則により前に直進していこうとします。

テニス フォアハンド スイングによりラケットは加速する

しかし、手に持たれたラケットは腕の長さ以上には前に進めず、テイクバックからのスイング加速で得られた加速度、およびラケットスピード自体も腕や体を追い越して以降は急激に低下するため、速度が落ちながら腕と共に非利き手側に巻き付いていき、フォロースルーを迎えます。

このラケットヘッド側が慣性の法則で前に進んでいこうとする力は体を追い越して以降も腕を前向きに引っ張ります。逆に腕はその力に対応する(釣り合う)ためにラケットを体の方に引っ張ります。スイングに伴う回転運動もあり、肩・肘・手首の関節を曲げていくことでこのラケットに引かれる力に自然と対応します。

上で「プロ選手はボールを飛ばすためにボールの打ち出し方向に向けてスイングする中でラケットヘッドを引き起こしてラケットスピードは落とさずにスピンをかけている」と書きましたが、腕や手を使って"意図的にラケットを引き起こしている"訳ではありません。それではスイング軌道を操作してスピンをかけるのと同じで人による操作はラケットスピードを低下させます。

「体を追い越して以降も慣性の法則で前進しようとするラケットに腕が引っ張られ、回転運動に伴う遠心力もある。人は腕・肘・手首の関節を自然と曲がっていく動きによりそれらの力に対応しようする。結果、スイング軌道が非利き手方向に曲がっていき、その中でラケットヘッドも持ち上げる」というのが基本となる部分です。

ラケットに腕が引っ張られ、腕の関節が自然と曲がりラケットヘッドが持ち上がる

※遠心力は中心軸から"回転の外側"に物体を引っ張るよう力がかかります。ラケットが進む方向(ボールを打ち出す方向)とは向きが全然違うので「遠心力でボールは飛ばせません。」回転により遠心力がボールの打ち出し方向と方向が合う頃にはボールはラケットから離れています。

ボールを飛ばすためにボールの打ち出し角度・方向に向かってスイングしているので、"ラケットとボールの当たり方はより正確に"なり、"ラケットからボールに伝わる運動エネルギーのロスも小さく"できます。

ラケットをボールに当てる、ラケットをボールにぶつけるという指導

テニスでは「ラケットをボールに当てる」「ラケットをボールぶつける」意識を持たせるよう指導されますが、体の機能や仕組みを使ってラケットが自然と加速し前進していこうとするのを補助できれば、ラケットスピードも上がり、スイング軌道も自然と安定します。むしろ、ラケットをボールに当てようとする意識、ボールに回転をかけようとする意識がスイング軌道を乱し、スイングスピードも上がらず、当たりも悪くします。

個人的にこれらのことが全て含まれているのが、男子プロ選手達の「現代的なフォアハンド (Modern Forehand)」なのだろうと思っています。

インパクトの0.004秒の間にボールとラケットは接触したまま10cm以上も前に動いている

ボールとラケットが接触するインパクトの時間は0.003秒~0.005秒と言われます。仮に一般の人でも実現可能な120km/hでスイングするなら、インパクト時間の0.004秒の間にボールとラケットは接触したまま13cmも前進することになります。

インパクト時間の0.004秒の間にボールとラケットは接触したまま13cmも前進

テニスでは『打点』と空中の一点でボールとラケットが接触するような説明がされますが『その "空中の一点である打点" はこの "13cmラケットが動く幅" の中でどの部分にあたるのですか?』という疑問が起こります。

厚いグリップで打つ際、打点の位置は体の前方に離れていきますが、極端に厚いグリップで打つ方が腕が前方に伸びてしまうほどの位置に打点を設定するなら『そこから13cmも前にラケットを動かせますか?』『体から離れる程、加速度・ラケットスピードが落ちてしまうということを理解していますか?』と言えます。

厚い打点でのインパクト、そこから更に13cmラケットを前進できるか?

 

 

 

これらを片手打ちバックハンドに応用する

最初に述べたように、私は、片手打ちバックハンドの基本、コツと言われる事柄を参考にしても満足に打てるようにはなりませんでした。

私のフォアハンドが改善したのも「現代的なフォアハンドとは何か?」を理屈から考えたためで、自然とこれらを片手打ちバックハンドに応用することを考えました。その結果が大きく改善した要因です。

基本となるのは以下の事柄です

1. スイングする目的はボールを飛ばし、回転をかけるため

2. ボールスピード・回転量に関係するのはラケットスピードと当たり方 (すごくシンプル)

3.ラケットは自然と加速し、安定的なスイング軌道を描く

4.加速したラケットは体を追い越した後に加速度、ラケットスピード共に低下する

5.インパクトの間にもラケットは10cm以上前進している


このことから言えることは「テイクバックの位置からラケットを十分加速させ、ラケットが体を追い越す "加速度が残っており、ラケットスピードが速い範囲内" でラケットとボールを接触させるべきだ」ということです。

片手打ちバックハンドの指導

片手打ちバックハンドの指導では「スイング中は横向きをキープし、打点は体よりも前に取る。利き腕を打点に向けて伸ばすように動かし、同時に体が回転してしまわないように非利き手側は利き腕と反対方向に伸ばしてバランスを取る」と言われます。

こんな感じです。

 

片手打ちバックハンドは打点を前に取る

両腕を広げるような片手打ちバックハンドのフォロースルー

でも、片手打ちバックハンドを練習したことがある方は分かると思いますが、横向きの状態で腕の伸ばすように打点にラケット面を進めていっても、押し出すような動きになり、ボールは強く打てないし、安定して飛ばすことも難しいです。

このため、"テイクバックで体をひねってパワーを出す"とか、"遠心力を使ってラケットを加速させる"とか、スピンをかけるには"インパクトで手首を甲側に返すようにしてラケットを引き起こす"と言われたりします。

このような説明で打てるようになった方は大勢居るのでしょうが、頭で理解しないとダメな私には到底無理で、球出しのボールならともかくラリーになると想定した打点の位置で打てなくなります。(結果、打点をもっと前に取れと言われます。) 相手コートの打ちたい場所に打てないし、スピンも思うようにかけられませんでした。

『現代的な片手打ちバックハンド』を考える

"横向きをキープし両腕を広げるようにスイングを行う片手打ちバックハンド"はラケットが木製の時代には居たのかもしれませんが、現在、トッププロが打っている片手打ちバックハンドは私たちが習うそれとは違っていると感じます。

加えて言えば、初心者がスクールで習う『横向きのスクエアスタンスでテイクバックを取り体重移動をしながらラケットをスイングしていくというフォアハンド』も同様です。

それらは昔から続く指導方法に基づくもので、この20~30年のテニスの進化・スポーツの研究の結果に則してしないと感じるのです。

現代的な片手打ちバックハンドの要素

ラケットをスイングし、ボールが飛ぶという理屈から「現代的な片手打ちバックハンド」を考えるとすれば、

1.テイクバックの位置からラケットを十分加速させていく。(ボールを飛ばし回転をかける運動エネルギーの大きさはラケット重量とラケットスピードで決まる)

2.加速は瞬間的にごく短い距離で行うべき。長い距離を動かすスイング(大きく振る)はラケットを動かすのに大きなエネルギーを必要とするし加速させにくい。

3.ラケット及びラケットヘッドの動きは慣性の法則に基づく。

4.片手打ちバックハンドは利き腕だけで打つので、スイング中の回転運動の中心は利き腕の肩であり、フォアハンドにおける体の中心を軸とした回転とは異なる。

5.インパクトの位置(インパクトの13cmの始まり)は "加速度が保たれており、ラケットスピードが速い、利き腕の肩を追い越した辺り (利き腕の肩の前辺り)" にする。

6.スイングする目的はボールを飛ばすため。ラケットスピードを保ち、安定したインパクトを得るためラケットはボールの打ち出し角度・方向に向けてスイングしていく。スピンをかけようと打ち出し角度・方向とスイング軌道の角度がズレればスイングスピードは低下し当たりも悪くなる。

7.ボールの打ち出し角度・方向に向けラケット面をスイングしていく中で、ボールの中心から上側の端に偏って力(運動エネルギー)を加える。ボールの下から上へのスイングではなくボールの上側に力を伝えるということ。

8.ボールが飛ぶのはラケットとボールが接触するから。接触する前、離れた後にいくらラケットを動かしてもボールに影響は与えられない。打点、フォロースルーなどの"形"を気にするなら "インパクトの時間" を大事にする。

といったことが必要となると考えられます。

 

 

 

実際のスイングを考える

片手打ちバックハンドは利き腕だけでスイングしします。

フォアハンドのテイクバック同様、手に重さを感じないようヘッド側を立ててテイクバックし、スイング開始時にグリップ側から手に引かれるラケットは慣性の法則でその場に留まろうとするヘッド側は手をスイング軌道と逆方向にひっぱります。

ヘッド側が留まろうとする力より手がラケットを引く力の方が強いので、手はヘッド側に逆方向へ引っ張られながらもラケットはスイング軌道上を前進していきます。

ラケットはグリップ側から引かれるが慣性の力でヘッド側は手を反対方向に引っ張る

テイクバックで上半身を軽く捻っているので、グリップ側から引かれて倒れたラケットヘッド側は体の後方(右利きなら左手側)から手に引かれ引き出されてきます。

完全な横向きから腕の曲げ伸ばしだけでラケットを動かすより体の回転に伴い腕を動かせるのでスイングが楽になりますし、ラケットの加速にも繋がります。

片手打ちバックハンドのスイング(横から)1

テイクバックで軽く曲げた肘と、体を捻じったことで非利き手側に引かれた上腕がテイクバックの位置に留まろうとするラケットに引っ張られるので、これに対抗する形で「肩を動かす」「曲がった肘を伸ばしていく」ことでラケットの初期加速を得ます。

片手打ちバックハンドのスイング(横から)2

片手打ちバックハンドは利き腕だけで打つので、回転運動に伴う回転の中心軸はフォアハンドにおける体の中心ではなく利き腕の肩になります。

※片手打ちバックハンドは『横向きをキープしろ』と言われるのは、体が回り肩の位置が動くことは"ラケット軌道の中心軸が動いてくこと"だからです。スイング軌道が不安定になりボールに当たりにくくなるし、ラケットを加速させているのは腕から伝わる力なので、運動の中心軸が動いてしまうラケットに伝わる力(=加速に繋がる)も小さくなります。(テコの原理における支点が動くこと。)

上腕を動かし肘を伸ばしていった先、上腕と前腕が一直線になる辺りにラケットの最大加速の範囲が来るようにします。そこがインパクトである0.004秒の間に13cm動く始まりの位置になるということです。

片手打ちバックハンドのスイング(横から)3

肩の前辺りであれば目の位置からも近いのでボールとラケットの距離感を得やすいです。打点を前に取ろうとすると"後ろからラケット面を通してボールを見るような位置関係"になるので、当てやすいと感じる反面、ボールとラケットの体に対する距離感が把握しづらくなると考えます。

片手打ちバックハンドのスイング(上から)1

片手打ちバックハンドのスイング(上から)2

片手打ちバックハンドのスイング(上から)3

テイクバックの位置から加速し速度を得たラケットは、回転運動に伴う遠心力 (ラケットを回転軸の外側に引っ張る力) もあり、"より"体から遠ざかります。回転運動の中心から遠い物体ほど、同じ時間で同じ角度を動くために必要な移動距離が長くなることからその速度は速くなります。

中心軸から遠い物体の方が速度は速くなる

加速したラケットは、腕の動きよりも速度が速くなることで、体や腕を追い越していき慣性の力で更に前進していこうとしますが、追い越してしまうことで体や腕から加えられていた力が弱くなり、ラケットの加速度(速度が増す割合)、およびラケットスピードも低下します。ラケットは腕の長さ以上に前には進めないので、速度を落としながらフォロースルーに至ります。

スイングする目的はボールを飛ばすため。ボールを飛ばすためにラケットから伝わる運動エネルギーの大きさはスイングスピードで決まるので、ラケットとボールが接触するのはラケットが体を追い越してその速度が低下していく前になる方がよいはずです。

繰り返しますが、体の回転と上腕の動き、曲げた肘を伸ばすことでラケットを加速させてきた中、上腕と腕が一直線になる利き腕の肩の前辺りでラケットとボールが初めて接触するのは妥当なことだと言えます。

ラケットとボールが接触したままの状態で"そこから13cm前進する"と考えれば、その位置を『手前過ぎる』とは思わないはずです。

よく「打点でボールを押す」と言ったりしますが、この"インパクトで13cm前進する要素"は「人がラケットを動かしてボールを押す」のではなく、「速度を持ち慣性の法則で進んでいくラケットの動き」です。ボールが離れてしまえばラケットはボールに影響を与えることはできないので "テイクバックの停止位置から加速し速度を得たラケットが加速度と速度を保った状態でボールに触れるインパクトがいかに大事か"ということでもあります。

スイングはフォロースルーまで続く訳ですが、ボールに影響を与える部分で言えば大事なのはインパクトまででフォロースルーは惰性です。ただし、フォロースルーまで含めてのスイング、そのスイングを完成させるための体の使い方なので "打点が大事だとばかりにインパクトでラケットを止めるような認識"は意味がないです。フォロースルーまで続く一連のスイングを完成させる中で0.004秒間のインパクト時間(ボールとの接触)があるのであってボールの接触とスイングの完成は別の事柄です。("ラケットをボールに当てる"という意識や操作がこれらとマッチしないのは分かるでしょうか?)

片手打ちバックハンドの打点は前に取れという説明

「片手打ちバックハンドの打点は前に取れ。前に取らないと差し込まれて打点で力が入らなくなる。」と言われますが、そもそも"ラケットとボールは固定されていない"のでスイング中にたまたま接触するボールにラケットで力を加える、ラケットで押すと言うのには違和感があります。

"打点を前に取らないと差し込まれる"というのは、前に向けて差し伸ばしたラケット面でボールを押す感覚に他ならないでしょう。ラケット面でボールを押すのならその位置が体に近くなれば肘が曲がり腕が体に近くなることで"前に押せない"と感じます。

ボールを飛ばすためにスイングをしているのですから、テイクバック位置から加速させてきたラケットを回転の軸である利き腕の肩の前で「ボールを飛ばし回転をかけるためラケットスピードが速い位置でボールと接触する」と考える方が妥当です。

「利き腕の肩の前辺り、体のバランスも崩れにくい利き腕側の腰の前辺りでラケットとボールが接触すると考えるなら目からも近く当たりやすい。そこから13cmラケットとボールは前進していく。」と考える方が理屈に合っていると思うのです。

 

トッププロ選手が打つ片手打ちバックハンドを見れば、利き腕の肩を回転軸に振り始めからしっかりと加速させてきたラケットを、その加速度とラケットスピードを活かして、体に近い位置(利き腕の肩の前辺り)からボールに接触させていっていると感じます。(ボールが離れてしまっているフォロースルーではボールは飛びません。フォロースルーはスイングの後半であり、ラケットを加速させた結果ですね。)

フェデラー選手の片手打ちバックハンド

ガスケ選手の片手打ちバックハンド

理屈は現代的なフォアハンドと同様であり、こういったスイングこそが昔から言われる片手打ちバックハンドの打ち方とは違う、現代的な片手打ちバックハンドなのだろうと思っています。

片手打ちバックハンドに限らず、両手打ちバックハンドもフォアハンドやサーブも理屈は同じです。全て、ラケットの加速度とスピードを利用してボールを飛ばし回転をかけていきます。人の操作で飛ばす・回転をかけるのより、よほど安定感がありラケットスピードも上げやすく、技術やコツではなく"理屈"に基づくものなので誰にでもできることです。


実際に考えたり試してみることもなく、世間一般のイメージだけで「片手打ちバックハンドは難しいからワザワザ練習する意味がない」と言ってしまう現状も私たちが教わる片手打ちバックハンドの練習方法同様に大昔の情報から更新されていっていない現れだと思うのです。