lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

薄いグリップで打つのだからサーブの打点はもっと体に近いはず (テニス)

サーブは薄いグリップで打ちなさいと言われます

初心者がサーブを教わる際は「サーブを打つ際のグリップはコンチネンタルグリップ等の"薄い"グリップで握りなさい」と言われます。

サーブは薄いグリップで打つ

また、薄いとされるグリップ以外の例えばイースタングリップでサーブを打っているという話になると薄いグリップにしろと声高に主張する人は多いです。因みにその根拠は薄いグリップで打たないと回転がかからないから(※) だとか。

私はこの主張には少々うんざりしています。

 

 

 

ボールが飛び回転がかかるのは物理現象でポイントはラケットスピード

ボールが飛び回転がかかるのは、スイングによってラケットが運動エネルギーが得て、ラケットとボールが接触することでその一部がボールに伝わるからです。

ラケットの運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で表すことができ、手に持つラケットは1つだけなので単純に言えばラケットスピードが速くなるほどボールスピードや回転量が増します

ラケットとボールは固定されておらずラケットの運動エネルギーがボールに伝わるには必ず「接触」が必要なので、ボールとラケットとの当たり方によって伝わるエネルギー量にロスが生まれます。

この点を踏まえて言えば、コンチネンタルグリップは伝達ロスが小さく、少しだけ握りが違うイースタングリップでサーブを打つと途端に伝達ロスが大きくなる (ボールに伝わる運動エネルギーが減る = 回転がかからない)、もしくは当たりが悪くなってしまうといつたことが起きるはずもありません。これらは分かりやすい理屈だと思います。

『薄いグリップで打たないと回転がかからない』と言われる方の多くがこの辺の認識を曖昧なままに "周りが皆言っているからと見聞きした話をそのまま言っている感じ"です。現にその人たちの中で "なぜ薄いグリップで打たないと回転がかからないのか"を明確に説明できる人は居ないと思います。

例えば、グリップが薄くないとラケットの振りぬきが良くないから、つまりラケットスピードが上がらないからと言われるなら、グリップの厚さ関係なく無理やりにでもスイングスピードが上がれば解決するということになります。僅かなグリップの違いでそこまでスイングスピードに違いが出るというのも不自然です。

グリップの厚さと運動エネルギーの伝達に直接的な関係性がないことを踏まえて述べていないとこういった矛盾がいくらでも出てきます。

ストロークを打つ際の打点位置を考える

フォアハンドで"打点"だと自分が思う位置にラケットをセットした際、ボールを打ち出す角度に自然とラケット面が向く打点の位置はグリップの厚さによって自然と変わってきます。ボールを打つたびに毎回手首の角度を変えるなどしてラケット面を調整することが妥当なはずもないのでこの自然と決まる位置を敢えて変える必要性は薄いです。

打点位置はグリップが厚くなるほど体の前方に離れていき、グリップが薄くなるほど体に近くなります。

フォアハンド 薄いグリップの打点は体に近い

フォアハンド 厚いグリップの打点は体から遠い

コンチネンタルグリップでフォア、バックのストロークを打つ際、ボレーを打つ際は、打点の位置は体の真横位になります。

テニス バックハンドスライスの打点は体の横

フォアハンドボレーの打点は体の横 

このことに疑問のある方は少ないと思います。

薄いグリップで打つサーブの打点位置を考える

一方、サーブに目を向けると、上のいくつかの例と全く同じコンチネンタルグリップで打っているにも関わらず殆どの人がイメージするサーブの打点位置は体よりもだいぶ前方になります。

多くがイメージするサーブの打点

よくサーブのアドバイスで「打点を前にするとネットするから気をつけろ」と言われますね。

でも、(それは皆が同様に持つ体の機能や仕組み、それらの使い方が正しく理解されていないためで、本来は皆、自然と同じような打ち方になるはずなのですが) サーブの打ち方やスイングが各自バラバラな中、前とか後ろとか言っているその打点位置は妥当なのでしょうか?

ストロークもサーブも体をネット方向に回転させて打つのも同じ

ストロークもサーブも構えやテイクバックで横向きになっている体を腕のある上半身を中心にネット方向に回転させながら腕を振りラケットをスイングしていきます。そこに違いはありません。

ストロークもサーブも体を回転させて打つ

でも、コンチネンタルグリップでフォアハンドを打つとすれば打点の位置を体よりもだいぶ前に取る人はまずいません。ボールを打ち出す角度・方向に向けてラケット面を作るのが難しくなるし、そもそも打点を前に取るとその位置で力が入れにくいからです。

フォアハンド 薄いグリップの打点は体に近い

※打点で力が入りにくい

ここで言う「力が入れにくい」はボールを飛ばし回転をかけるためのラケットスピードを上げられないという意味です。ラケットとボールは固定されていないので運動エネルギーを伝えるには接触が必要です。スイング中に接触することで「たまたま」運動エネルギーが伝わる状態において固定されてもいないボールを「押す」といのは無理があります。プレイヤーが考えるのは「スイングスピードをいかに安定的に上げるか」だけです。

同じ薄いグリップでもサーブになると打点が前だと考えてしまう

でも、これがサーブの話になると途端に"打点の位置は体よりもだいぶ前"になってしまいます。

その理由としては、サーブを打つ際の打点の高さから目標になる相手コートのサービスボックス内の地面を直線で結ぶと当然上から下への直線になり体よりも前に打点がある方がその角度に沿ってボールを打っている(打ち下ろす)イメージが持てるからでしょう。

サーブは打点から打ち下ろすイメージ

また、サーブではラケット面と打ち出し角度の関係が直観的に分かりづらい (打点で自分のラケット面がどちらを向いていて、結果、ボールがどう飛んでいくのかが理解しづらい)ため、薄いグリップで打つフォアハンドのように打点位置とラケット面の向きの関係を理解できないためです。

逆に、グリップが薄いからと言ってフォアハンドで言う体の真横に相当する位置、つまり「体(利き腕の肩)の真上に打点を取れ」と言われてもピンとこないと思います。力が入れにくい気がするし、そもそも周りにそんなことを言う人もいないでしょう。

サーブでラケットが加速していくということ

打点は「点」ではないですよ

スイングによりボールを打つ際はラケットをまっすぐ差し伸ばしてボールに触れる訳ではありません。スイングを行う軌道の中でラケットとボールが接触するゾーン(※)があるだけです。

計算上、120km/hでスイングされるラケットはインパクト時間と言われる0.004秒の間にも "約13cm"も前方に進んでいます。

インパクトの0.004秒にラケットは13cm前に進む

テニスを教わる際は空中のある一点である"打点"でボールを打つような説明がされ、打点の位置にラケットをセットすることで「これが打点の位置、そしてインパクトの形です」と教わりますが実際にはボールとラケットは接触しながら13cmも動いている訳です。このことから「打点」とは自分のスイングを最後まで完成させる中でボールとラケットが接触する大体の目安でしかないと言えます。13cmの幅を持ってボールとラケットが接触していると考えれば「打点」や「インパクト」に対するイメージもだいぶ変わるのではないでしょうか。

ラケットに働く慣性の力

物体であるラケットには慣性の法則が働きます。止まった状態にある物体はその場に留まり続けようとし、動いている物体はその直進運動をし続けようとします。

テイクバック(サーブで言えばトロフィーポーズ)で停止状態にあるラケットはグリップ側から手に引かれて動き始め、ラケットヘッド側は慣性の法則でその場に留まり続けようとするので、手に引かれグリップ側が動いていくのに伴い最終的にはスイング方向の真後ろからグリップ側に追従していく形になります。

サーブ トロフィーポーズ

手に引かれラケットは上に上がっていく

サーブ ラケットヘッドは後ろから追従する

ただ、腕よりも体から遠いラケット、特にラケットヘッド側は、スイングに伴い加速する中で体の回転や腕の動きよりも速度が速くなります。これは同じ角度を回転する際、中心よりも遠い位置にある物体の方が同じ時間で長い距離を動かないといけないのでその速度はより速くないといけなくなるからです。

回転する物体は中心から遠い方が速度が速い

スイングによって腕やグリップ側よりも速度が増したラケットヘッド側は遠心力も伴い、加速しつつ体から離れていきます。

サーブ ラケットヘッドは後ろから追従する2

ただ、慣性の法則によって前方に進んでいこうとする力、および遠心力で外に膨らんでいいこうとする力共にラケットを持つ腕の長さ以上には進んでいけないので腕に引っ張られる形でそれぞれ進もうとする方向を曲げられます。

それと同時に体を追い越したラケットは体から距離が離れるほど加速度は落ち速度も低下しながら非利き手側に腕と共に巻き付く形でフォロースルーを迎えます。

スイング中の腕とラケットヘッドの位置関係とラケットスピードの最大値はどこか考える

何となくでも分かると思いますが「ラケットスピードはテイクバックの停止状態から動き始めた暫くの時間・範囲が最も "加速度(速度が増す割合)" が高い。加速し、体からより遠いことで体の回転速度や腕の動く速度よりも速くなったラケットヘッド側は体の位置を追い越して更に前及び外側に進んでいこうとする。ただし、体を追い越して以降、体から離れるほどラケットヘッド側の加速度は落ち、ラケットスピードも落ちていく。」ということが言えます。

ピッチャーの投球で考えると

テニスのスイングで考える前にサーブと同じように腕を振ることでボールを投げるピッチャーの投球を見てみましょう。

私はボールを持った状態で加速した腕を考えれば『最も腕のスピードが速くなっているのはボールを投げる瞬間ではない』と思っています。ボールを投げる瞬間はテニスでいえばインパクト前後です。

腕の加速度及び速度を考えれば それらが最も高い状態にあるのは腕の関節が伸び切る前、つまりこの辺りです。

 サーブでいえば(グリップを強く握りしめたりせずリラックスさえしていれば)、ラケットヘッドは慣性の法則により先行するグリップ側を真後ろから追従し、速度が増すことでインパクト直前にグリップ側を追い越して前に出てきます。

この際、"サーブにおけるインパクトはこのグリップ側をヘッド側が位置的に追い越す(一直線に並ぶ)直前にインパクトを行う" 必要があります。なぜなら『全てのサーブは回転をかけて打つ必要があるから』です。

サーブのインパクトはラケットヘッドが頂点に到達する前

ラケットヘッド側がグリップ側を追い越して以降はラケット面は上ではなく前、および下に向けて進むだけになります。ネット際で角度をつけてスマッシュを打ち下ろすのでもなければ回転もかけられず上向きに打ち上げることもできないこの位置でインパクトを迎えるのは意味がありません。

ラケットヘッドが頂点を過ぎると前と下にしか動かせない

でも、"皆が思うサーブにおけるインパクトはこういう形" でしょう。

前述のようにインパクトにおいてボールとラケットは接触した状態で約13cm (プロ選手の速いスイングならもっと長い距離)動いています。このフェデラー選手の写真を見ればラケットからボールは離れています。つまり、皆が思うインパクトの形は "0.004秒の最後の方、13cm以上前進してボールが離れる瞬間" ということです。

この0.004秒前には13cm以上後方にラケットとボールが接触した場面があると考えれば、スイング軌道の真後ろから追従してきたラケットヘッド側がグリップを追い越す(腕とラケットが一直線になる)前にボールとラケットは初めて接触すると言ってもそれを疑問には思わないと思います。

逆に、上の写真のように腕とラケットが一直線に伸びた状態から0.004秒間、13cm以上も前にラケットが動いていくと考えればボールに回転がかからないのは当然だと感じるのではないでしょうか?

 

 

 

では、サーブにおける打点の位置とは?

再びピッチャーの例を挙げますが、ピッチャーがボールを投げる際、腕をコック(担ぐ)して上体を回転させ、腕を振ってボールを投げるまで、体と上腕(脇)、上腕と前腕(肘)は90度、上腕と胸は180度以上の状態が保たれており腕の伸ばした状態で振るようなことはありません。

腕の伸ばした状態で肩の動きだけで腕を動かす 

腕の伸ばした状態で肩の動きだけで腕を動かす

上腕の位置は胸(体)と180度の位置にあり、ボールをリリースするために上体を回転させていっても上腕は僅かに前に動いていくだけです。

上半身を回転させても上腕は大きく動かない

ボールを投げる際に肘を体の中心に寄せるようなことはしないでしょう。

ボールを投げる際に肘を体の中心に寄せるようなことはしない

 

このピッチャーの投球における「ボールを投げる際に肘の位置は肩のライン上にある」

ということと、これまで述べた要素「薄いグリップでボールを打つ際、ボールの打ち出し角度に自然とラケット面の角度が向く打点位置は体に近い位置である」、「ラケットの加速度及びラケットスピードは体の位置を追い越した後、体から離れるほど低下する」、「インパクトの0.004秒の間にラケットはボールと接触しながら13cmも前に進む」ということを踏まえて考えれば、ボールをインパクトする「打点」、より厳密に言えなら「13cm動く0.004秒の始まるの位置」は、「体を回転させながら上体をネット方向に向ける中で、ボールを投げる際のように腕を振り、肘の位置が肩のラインを大きく越さず、外旋して後ろから回ってきた上腕が体の位置を追い越して前方に回っていく、及び遅れて追従してきたラケットヘッド側が体の位置を追い越して前方に出ていく範囲」という感じだろうと思います。

また、その範囲は「ラケットが加速度を持ち、ラケットスピードが最大になる」範囲だということがとても大事です。

何度か書いていますが "ラケットをスイングする目的はボールを前に飛ばすため"であり、ボールを飛ばし回転をかける要素は単純には"ラケットスピードの速さ"ですから、スイングする中でラケットスピードが最も速い範囲でボールを捉える、つまりその範囲に打点を置くのは自然なことです。

テニスでは兎角「ラケットを操作してボールに当てる」ことがスイングの目的になってしまいますが、考えるべきは "ボールを飛ばすための安定的でラケットスピードのあるスイングの完成" であり、そのスイング中の0.004秒、13cmの範囲でラケットとボールが接触していると考える方が理屈に合うと思っています。

テニス サーブ インパクト位置1

テニス サーブ インパクト位置2

ラケットヘッド側は腕よりも遅れて出てくるので、腕が前に動き速度が落ちてしまっていては追従するラケットヘッドも腕があった位置に到達した時点で同じように速度が落ちてしまっています。

加速したラケットは、体の位置を追い越し体から離れるほどその加速度及びラケットスピードは落ちてしまうので、打点位置を体から離してしまう、腕が体から離れてしまう(これは物理的に打点を前にするということでもあり、理屈的にはラケットスピードが落ちてしまう位置ということ) のは望ましいことではないということです。

テニス サーブ インパクト位置3

テニス サーブ インパクト位置41

 

サーブのトスについては体に対してどの位置に上げるべきかといった打つ対象としてのボールを主体に考えることが常ですが、私たちが行うのはテイクバックからフォロースルーまでのスイングの完成でありラケットを十分加速させて安定的にスイングを行う必要があります。

ボールが飛び・回転がかかるのはラケットとボールが接触し、ラケットの持つ運動エネルギーの一部がボールに伝わるからでその運動エネルギーの大きさは端的に言えば"ラケットスピードの速さ"です。

ラケットをボールに"当てようとする"動作はラケットスピードが上がるのを妨げるし、スイング軌道にからズレた位置にトスが上がる、もしくはスイング軌道の終盤に当たる体から離れた位置にトスが上がることによってもボールを飛ばすのに必要なラケットスピードは遅くなってしまいます。ボールに当てるためのわざわざラケットスピードを落として調整しているわけです。

トスして空中にあるボールにラケットを当てにいっているインパクト

トスして空中にあるボールにラケットを当てにいっているインパクト

YouTubeや身の回りを含め、多くのサーブの見本がこういうスイングになっているのではないでしょうか?

私は「自分はラケットスピードが安定的に上がるようにスイングの完成を考えている。薄いグリップも含めて "ラケットスピードが最も速い範囲" でインパクト(0.004秒&13cm進む始まりの位置)を向かえると考えればその位置は自然と体から遠くない位置になる。トスしたボールを打ちにいく、ラケットを当てにいくのではなく、自分のスイングの中で最もラケットスピードが速い範囲にトスが上がるのが正しい。」のだろうと思っています。