lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

海外のテニス動画を見てトロフィーポーズはPoseではなくPause(一時停止)だなと思った話 (テニス)

海外のテニスレッスン動画

Online Tennis Instruction with Florian Meier というYouTubeチャンネルに昨日載った動画です。 

Tennis Serve Tip: A Continuous Motion

 「トスを高く上げて落ちてくるのを待っているとスムーズなスイングができませんよ」という内容ですが、落ちてくるのを待っている時間を「Pause (一時停止)」と表現していました。

日本では形でテニスを教える

海外にも「トロフィーポーズ」という言葉はテニスの説明で使われていますが、日本でテニスを教わる際にはとかく「形」を作らせることを重視します。

構え、スタンス、テイクバック、インパクト、フォロースルー、トロフィーポーズ、ラケットダウン等々。すべて「形」を作るようにと教わります。

運動におけて人の体の動きは関節や筋肉の一連の連動によるものなのでその動きの途中のある一瞬を切り取って「この形を作れ」と教えることに意味があるのかと感じます。

走る際に大事なのは体の使い方であり、走っている途中の片方の足を上げた際の「形」がどうなっているかではないのと同じですね。仮にその「形」が不自然なのであれば、形を修正するのではなく間違っているであろう「体の使い方」の方を修正すべきですから。

テニスも同じです。何も知識のない初心者の方にボールを打つ、サーブを打つという動作を説明する際に動きの途中の形を見せて理解しやすくするのは意味があるでしょうが、その後に実際ボールを打つ、サーブを打つ段階になっても「形」を作らせる意味はありません。

テニス トロフィーポーズ

確率のためにサーブの打点を高く取る意味はない

フラットサーブに必要な高さをざっと計算してみる (テニス) 等でたびたび書いていますが、ベースライン中央からネットの一番低い所を狙うセンター to センターでサーブを打つ場合、重力や空気抵抗その他の条件を無視した無回転のサーブ(打点から地面まで直線で飛ぶ)を打つとすれば、180cmの身長があればネット最上部の白帯に直撃します。(ポロリと入るかも) 

同条件で身長2mの人が打つとしてもネットの上ボール1個分(7cm)の空間を必ず通さないとサーブは入りません。

テニス 身長2mのフラットサーブ

180cmの人が20cmジャンプしてその精度でサーブを入れるのは不可能なので、皆が回転をかけていないという意味で言っている "フラットサーブ" は打つ意味がないし、スライスサーブ、スピンサーブではなくすべてのサーブは回転をかけて打つもので、回転をかけて打てる状態が "サーブを打てる" 状態だと言えます。

ボールが飛ぶ理屈を理解し体を正しく使って打てるなら"ナチュラルに回転がかかったサーブが打てる"ので"サーブの応用技術として回転をかける方法を学ぶ"という教わり方の方が不自然に感じます。

ストロークであれば、毎回打つたびに"トップスピンをかけて打つ"と考えなくても多少なりともスピンがかかったボールは打てるようになるでしょう。無回転のストロークが基本です。トップスピンで打つ際は、〇〇や××に注意してトップスピンをかけて打ってくださいという教え方は違和感がありますよね。

トスを高く上げる必要がないならトロフィーポーズの"停止"も不要

高い打点でサーブを打っても確率が上がるどころか、態勢が不安定になったり、頭の位置や視線がブレたりすることでボールを正確に打てず逆に確率は悪くなりかねません。高く打点を取るためにジャンプしたり伸び上がったりする必要もなくなります。

高く打点を取る必要がないなら高くトスを上げる必要もないと言え、高くトスを上げる必要がないならトロフィーポーズでボールが落ちてくるのを待つ時間も必要ないことになります。

「トロフィーポーズで膝をしっかり曲げてパワーを出す」と言われたりしますが、飛ぶ直前に瞬間的に膝を曲げてからジャンプするのと、予め膝を曲げた状態からジャンプするのではどちらが飛びやすいかと言われれば明らかに前者です。

体にも慣性の法則が当てはまるので停止状態にある体はその場に留まり続けようとする力が加わります。そこから再び動き出そうとすると余計にエネルギーが必要となり、効率も悪くスムーズさも損なわれます。

トロフィーポーズの"pose"はむしろ"pause"なのでは?

トロフィーポーズは英語で書けば "trophy pose" で poseは "ポーズを取るのポーズ"なのですが、高く上げたトスが落ちてくるのを待っているのは、文字通り、一時停止・ポーズボタンの "pause" になっているなとこの動画を見て改めて感じました。

この動画中にtrophy poseという言葉は出てきませんが、サーブ動作の停止を "pause" という言葉で表しています。

日本におけるテニスの指導や教える情報は昔からあまり変わっていません。トップスピンをかけて打つことや、最近ならプロネーションや脱力などのキーワードは加わりますが、テニス自体が進化しているなか教わる情報が昔から変わらないのは不自然だと感じます。

テニスは難しい、簡単には上達しないと皆が思うでしょうがその原因の一端を占めるのは"教わるための情報の精査・更新がされないこと"だと私は思っています。誰もが「今現在が普通だ。これが当たり前だ」と思っている限りこれらは変わりません。

テニス丸ごと一冊サービス新装改訂版 基本がわかるテニスなるほどレッスン [ 堀内昌一 ]

価格:1,620円
(2017/6/16 01:44時点)
感想(12件)

follow us in feedly