lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

頭の位置が動けばうまくボールを打てないということを理解する (テニス)

ボールがうまく打てない

多くの人にとってテニスをやること、自分が思うようにボールを打つことは難しいです。でも、スクール等で提供される "テニスコートで実際にボールを打つというテニスというフォーマットそのもの" の中でテニスを理解しようとするのは難しいです。

多くの人にとってテニスの上達とは "ボールを打つ機会をたくさん設ける中で技術を上げること" でしょうが、ボールを打っている"テニスの場"では見えないことや気づかないことが沢山あるからです。

それらの事柄はテニスを教わる場では言われないから誰も気づかないし、教えている側も知らないままだから伝えようとしないということすらあります。

踏み込んで打つ、体重移動をして打つ

初心者がボールの打ち方を教わる際に「踏み込んで打つ」「体重移動をして打つ」と教わりますね。

ボールは1球毎に飛んでくる位置や球種、バウンドも違うので自分から移動し打つ準備をする必要があり、打ち方(体の使い方)によっては直立した状態のままではラケットが振りづらいので体の軸を動かして打つ必要がある場合もあります。

でも、初心者の多くがイメージするように「テイクバックした際、後ろ側の足の上に体の軸を置き (後ろ足に重心を乗せ、膝を曲げてパワーを出すとか言われる) 、ボールを打つために前側の足を踏み込み、体を前方に動かしながらラケットを前方に振ってボールを打つ」とやると、体、特に頭の位置はボールを打つ前後で1m近くも動くことになります。

テニス フォアハンド 横向き テイクバック

テニス フォアハンド 横向き フォロースルー

「足を踏み込んで、体重移動をして打たないと力が伝わらないし、それが当たり前では?」と思うかもしれませんが、男子トッププロは多くの場合、"足を踏み込んで" 打つことはしない、一般言う「体重移動」つまり"体の中心軸をボールに向けて動かして打つ" といったことはしません。

動画: フェデラー選手の練習風景

この違いに対し、「プロ選手はオープンスタンスで打っているから違いがあるのだ」と考える方がいますが、それもまたよく言われる誤解で正しい認識ではないと思います。

これらの違いが生まれるのは"体の使い方の違い"です。それを理解しないままスタンスをオープンにしても体重移動に対する誤解は解消しません。

現に、横向きでテイクバックして打っていた方がオープンスタンスを導入しても、股関節から上の動きは横向きで打っていた時のまま、足の置き方が違うだけという状態になります。打っているボールも変わらないか、力の入れ方が分からずコースによっては球威が落ちる。他は打った後の移動がしやすくなった位の違いしか生じません。

 ごく単純な理屈「目線が動けばボールを捉えるのが難しくなる」

"フェデラー選手がコートに立ち、ボールを待ち、ボールを追い、ボールを打って、次のボールに備える。" そのすべてを見ても体の軸がまっすぐで、ボールを打っている以外の時間も頭の位置がずっと動かないのが分かります。

テニスは飛んでくるボールを打たないといけませんし、打つためには打てる位置まで自分で移動しないといけません。動いているボールに対して自分も動いている中でラケットとボールを接触させています。

仮に、頭を左右に振りながら、飛んでくるボールをラケットで打つのは難しいのは分かると思います。うまく飛ばす以前に当てるのする難しいでしょう。

ボールに追いつきながら打つといった特別な場面でもなく、普通にストロークを打つだけでも頭や目線はできるだけ動かさないで打てる方がより正確にボールを捉えられるのは当然のことと言えます。

 

プロゴルファーのスイングを見てみる

ゴルフも棒状の道具を使い小さいボールを遠くまで飛ばすスポーツですが、ゴルフを教わる際に厳しく言われることに「スイング中に頭の位置を動かすな」というものがあります。

ゴルフボールはテニスボールよりも小さく、また、ゴルフクラブのフェイスはテニスラケットよりも圧倒的に小さいです。テニスのラケットは当たりそこなっても相手コートのライン内に収まればいいのですが、ゴルフは僅かなインパクトのズレで上下左右にボールが曲がってしまいます。ゴルフでは「ボールを飛ばすこと」どころか「正確にボールを捉えること」ができないだけでプレイになりません。

だから、クラブをしっかりスイングする中でも頭の位置を動かさないようにしてクラブのフェイスがボールに正確に当てられることがよく考えられています。

松山英樹プロの3番ウッドスイング

松山英樹プロのスイングを見ると、クラブをテイクバックし、スイングを開始し、インパクト、ボールがクラブから離れ飛んでいくまで頭の位置がほぼ動きません。

これを見て「プロ選手だからこんなことができるのだ。筋力や体格、体の柔軟性が必要だ。」と考えるかもしれませんがきちんと指導を受けていればよくTVで見かけるキッズゴルファーでもできることです。

松山プロのスイング、テイクバックし、スイングし、ボールが離れるまでボールの位置を見続け頭が動かないといった点が上のフェデラー選手がボールを打つ動画に共通すると思いませんか?

ゴルフは"小さいクラブフェイスで打つ"という特徴、テニスは"動くボールを自分も動きながら打つ"という特徴がありますが、どちらも『頭や視線がブレない状態で体の機能や仕組をうまく使ってしっかりとスイングできる』ことが大事だということです。 

因みに、野球のバッターを見ても、日本人は足を上げて打つ選手ばかりですがMLBのバッターは不規則に変化する速いボールに対応するため "足を大きく上げない、体の軸を動かない、頭の位置を動かなさい" といった打ち方をするバッターが主流です。

カブレラ選手のバッティング

 

コート内を移動する時も、スイングしボールを打つ時も、姿勢を崩さず頭の位置や視線を動かなくても済むようにするには?と考える

ラケットを一生懸命振ってボールを飛ばそうと体の軸、頭の位置、視線が大きく動きながら打っている方は多いです。また、"体重移動して打て"と教わることや強いボールや強いスピンを打ちたいという気持ちなどもあります。

誰も気にしないし、教わる機会がないので"体や頭の位置、視線が動きながらボールを打っていること"を問題だと誰も指摘しません。見た目である「フォームが悪い」という指摘はそもそも意味が違います。

ラケットがものすごく重たくて体全体を動かしながらでないとスイングできないならともかく、フェデラー選手のようなプロ選手が行っているように、コート内を移動してボールを追う間もラケットをスイングしてボールを打つ際も、頭の位置を動かさずに済み、スムーズに安定してスイングする方法があり、それは誰でもできることであるなら、やらない理由がないですよね。

特別なことではなく誰でもできること。ただ誰も目を向けないだけ。

これらのことは、姿勢、体の軸、重心、体幹、バランス、色々な言葉で個別に言われますが、特別なことではなく我々は普段の生活で体のバランスを自然と取っています。能力や筋力、運動センスは関係ありません。

殆どの人がふらつかずに走って止まれるし、ラジオ体操で両腕を体の周りで回す運動も出来るでしょう。ラケットと重さは300g、文庫本2冊分です。(バットは1kg近いです) ボールを投げる動作も教われば多くの人が出来ますね。そういった皆が出来る動作を使います。

テニスという特別な環境のフィルターを通してテニスを習うことでテニスは特別で難しい、上達に時間がかかると感じてしまいますが、ラケットを使ってボールを打つということは誰もが持つ人の持つ機能や仕組みをうまく利用するという大前提の上に成り立ちます。

上達しようと毎日たくさんのボールを打ち続けるといった "上達に根拠もなく、いつ上達するかわからない遠回りを続けている" よりも、ボールを打つ前に体の仕組みや機能、使い方を考え、理解し、テニスでそれらを使えるように取り組むことの方がだいぶ前向きだと思います。誰でもできることですから尚さらです。

 

DVD付 テニス スキルアップマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,620円
(2017/4/23 02:26時点)
感想(0件)

follow us in feedly