lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サーブは難しい? 高い打点で打つほどサーブは入る? 安定的なスイングスピードで打つ意味 (テニス)

サーブは難しい?

「サーブは出来るだけ高い打点で打つべきだ」という通説・固定概念がテニスにはあります。

『身長が高ければサーブに有利? ジャンプでサーブの確率を上げる? (テニス)』で確認したように身長が2mあっても無回転のサーブはほぼ入りません。180cmの方が20cmジャンプするなら尚さらです。

図: 身長2mの人が無回転のサーブをベースライン中央からネット中央の一番低い部分を狙って打つとしてネット最上部の白帯の上、ボール1個分の空間を”必ず” 通さないと入らない。(空気抵抗や重力、気温等は考えない条件で) つまり、”回転をかけてサーブを打つことは誰もができるべき基本的な事柄” で一般的な身長の人がジャンプする等して打点を高くしても確率は上がらないということです。

身長2mの人が無回転のサーブを打つ際の打点とネット上を通過する高さの関係

高い打点で打とうとトスを高く上げ、体から離れた位置にあるボールを強く打つという意識によって力みや不自然な体勢や体の使い方になります。

多くの人がフォアハンドなどよりサーブを打つ方が難しいと感じるのは、1.高い打点で打とうとすることでボールと目との距離が遠くなってしまい当てにくくなる2.高い位置にあるボールを強く打とうと体勢や体の使い方に無理が生じる の2点が大きいと思います。でも、“サーブはそうやって打つものだ”と説明する側も説明を聞く側も考えているため"自分自身でサーブを難しくしてしまっている"と感じません。

※教える側は「サーブは難しいものだから簡単に上達するはずがない」と思いながら説明しています。教わる側も「サーブは難しいものだから簡単には上達しない。上達すれば教えている人のように打てるようになるはず」と思っています。

打点を高く取る必要がないのなら?

上記のように一般的な身長の方がサーブの確率を上げるためにできるだけ高い打点で打とうとする積極的な意味はありません。ラケットを速く振りにくく、目から遠いボールは当てにくく、ジャンプする事で視線もブレ、高く飛ぼう強く打とうとする無理な体勢はバランスを狂わせます。

仮に サーブの打点を "肩から顔の位置辺りの高さで打つ" と考えれば、どうやって打てばいいかは分からなくても "高く頭上に上げたトスを打つよりもボールの位置は把握しやすく、ラケットをボールに当てるのも楽そうだ" と分かるのではないでしょうか。

ボールを飛ばし回転をかけるのはラケットの持つ運動エネルギー

ラケットはスイングにより運動エネルギーを持ち、その大きさは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード^2 (2乗)」で計算されます。手に持つラケットは固定なのでスイングスピードが上がるほどラケットの持つ運動エネルギーは大きくなります。

ラケットとボールは接触しラケットからボールに運動エネルギーが伝わります。その際の当たり方によって伝わった運動エネルギーは「ボールスピード」と「回転量」に反比例的に分配されます。

ラケットとボールは固定されていない

ラケットとボールは”動かないよう固定されている訳ではない”ということが重要です。

ボールを持って投げるピッチャーであれば腕を振る速さ(運動エネルギー)がほぼそのままボールの速さ&回転量に反映されると言えますが、テニスではボールはラケットと接触することで始めて飛び、回転がかかるための運動エネルギーを得ます。

ピッチャーの投球、ボールを手に持つ テニスのストローク、ラケットとボールが接触することで始めてボールに力が伝わる

テニスでは「ボールを打つ」と考えますが、ボールと接触する、接触しないを問わずテイバックの位置から始まったスイングはフォロースルーまで続きますし、ボールに接触してもスイングスピードが極端に落ちたり、そこでスイングが止まったりはしません。

つまり、「ボールを打っている」という見方以外に、「スイングしスピードを持って動いてるラケットに接触することでボールが勝手に飛んでいっている」という見方もできるということです。

このことから、スイングによりラケットが持つ運動エネルギーを接触を介してボールに伝えるテニスで、“スイングを伴うショット”であるストロークやサーブで大事なのは“ボールに接触させること(当てること)” 以前に “ラケットスピードを如何に安定的に上げるか”ということだと言えます。

テニスを習う際にはまず100%“ボールを打つ”という観点から説明がされるので、「ワザとアウトする位にボール打って飛ばしてみろ」とラケットを振るための体の使い方やスイングスピードを上げることを間接的に体感させようします。でも、理屈が分かっていないなら、“力を込めてボールを打つ体感”という以上の意味は得られないと思います。

皆が持つサーブのイメージ

高い位置にあるものを触れたり叩いたりする動き

サーブでは「確率を高くするために打点を高く取る」と頻繁に言われます。

サーブは高い打点で打つべきという印象から、多くの人がジャンプし腕を最大限伸ばしたような打点の高さで打つイメージを持っています。

f:id:a-londenion:20160729050539j:plain

 

できるだけ高い打点でサーブを打とうとする意識は体の使い方に現れます。

動画: 高い位置にある物を手で触る、叩くような体の使い方

こういうイメージでサーブを打っている方には不自然に見えないかもしれませんが、目線や本人の意識は明らかに頭上に集中してしまっています。

実映像でない3DCGでもそう見えてしまうのは面白いところです。人は知識が無い中では事象の原因を指摘できず "見た目の印象をそのまま言葉にして"しまう。原因が分かっていないので "見た目の形" を直そうとしてしまい、結局、誰も直すことができないという良い例かもしれません。

また、腕を振る動作も"肩から上の動きだけ"になり"胸から下はほぼ機能していない" 印象です。よく言われる"腰が高い"、"重心が高い" といった感じですね。

動画: ジャンプしながら高い位置にあるものを触れたり、叩いたりする動き

上の動作にジャンプを加えるとサーブで皆が行うような動きに近くなります。

注目してほしい点は、"体を押し上げるジャンプと腕を振る(ラケットを振る)という動きが別々の動きだ"ということです。ジャンプは"上方向"、腕を振るのは"前方向"ですね。

これを見て『ジャンプと腕を振る動作が連動すればいいということ?』と考えてたり、『自分はジャンプと腕を振る動作を連動させているから違う』と思う方は、あくまで想像ですが"自分がイメージするほどうまくサーブを打てていない (よくなる余地が大きい) "のではないかと思います。

ボールを飛ばし回転をかけるために安定的にスイングスピードを上げる必要がある

前述したようにボールを飛ばし回転をかけるのはラケットからボールに伝わる運動エネルギーの大きさです。(当たり方によってボールスピードと回転量に分配され、ラケットとボールが固定されていないことで必ず"伝達ロス"も生まれる)

スイングにおいて重要な事はラケットスピードの速さであると考えるなら、上のようなジャンプした状態で高い所にあるものを触る、叩くような体の使い方をするよりも腕を強く、強く速く振る方法があります。

それは身体機能の高さや特別なコツの類でもなんでもありません。人が持つ体の機能を使って誰でもできる動作である「ボールを投げるような動作」のことです。

ラケットスピードが自然と上がる体の使い方

野球をやった経験の無い方はボールを投げる際の体の使い方に慣れていない事もありますが、経験がなければ出来ない動作ではありません。人が持つ機能的な体の機能を用いた動作であり皆ができる動作です。

※140km/hは難しくても100km/hなら多くの人が投げられます。筋力や体格ではなく体の使い方の問題だからです。サーブで言えば190km/hは無理でも130km/h位なら筋力や体格、運動能力関係なく多くの人が打てるだろうということです。当然ポイントとなるのは安定的なラケットスピードの速さです。

動画: ラケットスピードが自然と上がる体の使い方を考える



ラケットスピードが自然と上がる体の使い方を考える (体軸の傾き)



打点を高く取る意味がないなら、皆ができる安定してボールを捉えられラケットスピードが上げられる体の使い方をすべきでは?

確率のためなど、サーブで打点を高く取る積極的な意味がないのなら、"皆ができる安定した状態で腕をしっかり振れる動作" である "ボールを投げるような動作" を参考にすることは妥当な選択です。

しっかりと両足が着いた状態で、(胸より下など不必要に低い打点で打つなどしない) ボールを投げる際に自然と腕を上げた位の位置でラケットが通過できる高さを打点としてラケットをスイングすれば、"安定的にボールを捉える" ということ、"安定的にラケットスピードが速いということの意味" を体感しやすいのではないでしょうか。

ボールも体に近く、体勢も安定しており、体の使い方も無理が生じない。ボールを安定して捉えることができればサーブの安定にも意味があるはずです。

まとめ動画:テニス、サーブ、打点の高さと確率、ボールを飛ばし回転をかける要素としてのラケットスピード

 

 

テニス丸ごと一冊サービス新装改訂版 基本がわかるテニスなるほどレッスン [ 堀内昌一 ]

価格:1,620円
(2017/5/29 11:40時点)
感想(12件)

 

follow us in feedly