lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ボレーは踏み込んで打つ? 踏み込みでボールを飛ばす? (テニス)

ボレーの打点が分からない

初心者の方などがボレーを教わる際に “どの辺りの位置や打点でボールを打てばいいのかよく分からない” ことも多いと思います。理由としてはボレーでは “ラケットを動かさず止めた状態でボールに当てるよう言われること” があります。

ストロークなどではラケットをスイングしますから、体の使い方とラケットの動きはある程度連動しラケット軌道はなんとなくでも出来上がってきます。

ラケットを動かさずに打つには何かしらスイング以外の方法でラケットとボールを接触させないといけないわけで、スタンスやボールに対する体の向き、セットするラケットの位置、足の動かし方などによってボールを捉えられる位置が変わり、自由度が高い分、“何が正解なのか分からない” ということに繋がります。

薄いグリップでボレーを打つ際の打点

ボールに対して両足を横向きに置いたスクエアスタンスを基本に考えれば、コンチネンタルグリップでストロークを打つ際と同様、横向きを保ったままボレーを打つとすれば打点の位置は “体の横くらい” になります。

横向きで打つボレーの打点位置は体の横くらい

ただ、横向きのままボールを打とうとすれば、体の正面がボール方向を向いていないのでラケットがボールに当たった際、ラケットが支えることが難しくなります。

なお、ゆっくりとしたボールを時間的に余裕がある中で打つ場合はこの打点の位置までボールが飛んで来るのを待って打つ、いわゆる“ボールを引きつけて打つ” のは選択肢としては有りです。距離を飛ばす必要がなないならこの打ち方は体に近い位置で打点位置を確認しながら打てます。

サンプラス選手の丁寧なボレー

 

踏み込んでボレーを打つ

ボレーを教わる際に「ボレーは踏み込んで打つ」と言われます。

また、「踏み込みの強さや長さでボールを運ぶ (飛ばす距離を稼ぐ)」と言われたりもします。

こんな感じで大きく踏み込んでボールを飛ばすとか..

ボレー、大きく踏み込んでボールを飛ばす

 

ただ、初心者の方はボールに対し横向きの状態になった後、飛んできたボールに対して、踏み込み、そしてインパクトするタイミングの関係がよく分からないと思います。

仮に右利きのフォアボレーだとすると、

◯踏み込んだ左足が地面に着き体の軸や重心が移動する前、つまり、踏み込んで足や体が動いている途中でボールをインパクトする

だったり、

◯ 踏み込むタイミングが分からず、飛んで来るボールを見て、左足を上げすぐに降ろすバタバタという感じになり、左足が地面についた後、暫く置いて腰高な状態でボールをインパクトする

といった事が起こります。

踏み込みながらボレーを打つ

ボールを打つ打点まで移動距離がある場合など、大きく踏み込んで移動しないと打てないボレーでは、正確なインパクトの位置までボールを打つ前に体の軸や重心を移動(調整)しておくことが難しいので、大凡の位置まで前側の足を踏み込みつつボレーを打つということはあります。これはバタバタと足を細かく動かすより踏み込みながら打つ方が位置が調整しやすいからです。ただ、あくまで応用です。

ボールを正確にインパクトするためには頭の位置は動かず視線はブレない状態が望ましいですから体の軸を移動させながら打つのは望ましくはありません。ボールが捉えるのが得意ではない方なら尚さら "体の軸が止まった状態でボールを打つべき" です。

 

前側の足の移動と体の軸や重心の移動の連動が取れてない (踏み込みが速すぎる)

一方、「踏み込むタイミングが速すぎる」と言われたりしますが、インパクトのタイミングに対して前側の足(左足)を速く着地させてしまうのは、"体の軸や重心を移動させようとする動きと足の動きが連動していないため" だと思います。

ボレーで踏み込む理由は「ボールを打つ打点位置まで移動する調整のため」と「横向きになっている体の中心軸を体の中心から前側の脚(左脚)の上に移動させて体の軸と重心位置を動かし、ラケットをしっかり支えられる態勢を取るため」の2つでしょうか。

よく「体重移動でボールを打つ」「ボールに打ち負けないように」と言った表現がされますが、"ボールに向かってダッシュしつつ打つ" のでもなければ、ボールを打つ際の僅かな距離の"体重移動がボールの飛びに影響する(ボールの運動エネルギーを増す)ことはない"と思います。

スイングでボールを飛ばす要素はラケットの重さ、ラケット速度、適切な当たり方の3つですがボレーではラケット速度はありませんから "適切な当たり方" "飛んできたボールがラケットに当って反発するようにラケットを支える" のみです。

"適切に当たりラケットに当たったボールがきちんと反発するような体勢を取ること" と "体重移動" が異なるのは想像がつくと思います。

また、ボレーでは「長い距離を踏み込むことで遠くまでボールを飛ばす」「足の踏み込みボールを運ぶ」という説明もされますが、ボールの飛びに影響する程の速度でボールに向かって移動すると正確なインパクトができなくなるでしょうし、ラケットスイング(≒ラケットスピード)と同等の速度で踏み込むのはかなり難しいです。(ボールを飛ばすラケットの持つ運動エネルギーは1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)、ラケットスピードがボールを飛ばし回転をかける )

あくまでイメージであると考えるべきで、より前方の位置でボールを打った方が前に動いた分、同じ反発力でも相手コート奥まで届くという感じでしょうか。

ボレーはスイングをせずにボールを思った所まで運ぶ必要がある分、自然と働く物理的要素(慣性の力と安定性)ではなく技術的な要素が増えます。技術的な要素が増えるということは各自が考える "うまく打つためのイメージ表現" が説明に用いられるということです。イメージと物理的な理屈は区別しないと混乱のもとです。

 

ボレーを打つ際は体の軸を前側に寄せてラケットを支えボールは反発させる

まとめると

1.ボレーではスイングしない分、足の移動で打点位置を調整する必要がある。

2.スイングによる運動エネルギーをボールに与えられないボレーでボールを飛ばすのは飛んできたボールがラケットに当って(勝手に)反発する力である。最大限の反発を100とするなら他の手段を取らない限り100以上になることはなく、逆にドロップボレーなど反発を弱めたボレーも打てる。(プラスではなくマイナスの作業)

3.インパクトでラケットを支え正確にボールを捉えるにはインパクト時点で体の軸や頭の位置、視線がブレてないことも重要。正確に当たらなければ自身で反発の大きさを調整することすらできない。

といった感じですね。

 

今回考えた「ボレーは踏み込んで打つと言われるが、踏み込むタイミング、動きとボールを捉えるタイミング、打点の位置がよく分からない」という疑問に対する考え方としては、

ボールに対して横向きのスクエアスタンスから横向きを保ったままボレーを打つとするなら、スイングをしないことから打点に対する位置調整のため踏み込み(前側の足の移動と体の軸の移動)は行いますが、ボールを打つ際は前側の足に体の軸を移動させて、しっかりと止まった状態でラケットを支えてボールを反発させるようにする

という感じかと思います。

ボレー、前側の足に体の軸を移動させて止まった状態でラケットを支えてボールを反発させる

 

横向きのまま踏み込み、体の軸と重心が前側の脚上に移動してから打つボレー

 

横向きの状態からスイングをせずに打つボレーにおいて前側の足を踏み込むのは打点位置調整のためであると考えれば、ボレーを打つ際のステップとしては、以下のような流れになるでしょうか。

1.ボールを見ながらおおよその打点位置やその位置に到達するタイミングを計る。

2.横向きの状態でラケットをセットする。打点位置調整のため前側の足を踏み込む。

3.踏み込みに合わせて体の中心軸と重心を前側の脚に寄せていき前側の脚の上に置く。

4.体の移動が止まり頭の位置が視線がブレないようになる。

5.ラケットをセットした位置から体の中心軸が前側の脚上に寄った分、打点とするボールを反発させるためにラケットを支える位置も体の中心からやや前側脚上の方に寄る。

6.ボールが飛んで来るのを打点の位置で待つ。

7.反発したボールは飛んでいく。

 

飛んで来るボールを認識して実際にボールを打つまでの時間の長さや余裕は様々ですから、時間の余裕が無い中でこれらの手順を踏んでボレーを打つのは難しいと感じるかもしれませんが、"咄嗟の反射神経だけでボレーを打つ" というのはかなり限られた状況でしかなく、逆にそのような対応をせざるを得なかった状況は反省の対象かもしれません。

ちなみに: テニスと予測

テニスにおいては "予測が絶対" です。相手の位置や姿勢、目線、ラケットの向きや動き等を見て次にどんなボールがどこに飛んで来るのかを予測します。時間の無いボレーはもちろん全てのショットで事前に予測をしているからこそスムーズに動き出せボールにも間に合います。咄嗟の反射神経でボールを打つのは予測をしていないか、予測が外れた状況のみです。予測ができれば動き出しが1秒以上違いますから足の速さやフットワークが云々言っているより余程効果的です。ダブルスにおいても予測が出来ているからこそ打ち合いの中でボールが行き来する中で自分が今居るべきポジションが決まってきます。ダブルスを教わる際、ボールの動きに合わせて攻撃と守備の位置を行き来すると言われますが実戦ではそのような理解で移動することは不可能で意味がないため、移動とポジション取りの根拠は "予測" となります。

 

ゆっくり飛んでくるボールをボレーする際はどうするのか?

スイングを伴わないボレーは『飛んで来るボールの勢い(速度・運動エネルギー)をラケットで"反発させる" ことでボールを飛ばす』と考えれば、飛んで来るボールの速度が速ければ反発させて最大限飛ばせる距離も長く、飛んで来るボールの速度が遅ければ反発させて最大限飛ばせる距離は短くなります。

ゆっくり飛んで来るボールを遠くまで飛ばすために「大きく踏み込んで打つ」と言われたりするわけですが、踏み込むことでラケットは "動き、速度を得る" のでボールを飛ばすための運動エネルギーを持つことになりますが、それはラケットを "スイングすることで得られる" 運動エネルギーよりも小さいです。

それを理解すれば、ボレーでボールを飛ばすために大きく踏み込む事だけでなく、正確に当てられるなら "スイングしてもいい" ということになります。スイングする方が強く飛ばせるのはわかりますよね。ボレーのスイングに限らず、最近ではネット際の浮いたボールにはドライブボレーを使うよう指導されることも多いです。

前述の通り大きく踏み込みながらボレーを打つのは体の軸や頭の位置、視線が動きながら打つことになるのでボールが遅くても正確に当てる難しさはあります。ゆっくり飛んで来るボールをボレーする場合もその速度に応じた反発 (ボールに速度がないのだからボレーも遠くまで飛ばせない) という理解の中で対応するのが基本になってくると思います。

 

打点位置に移動しボールを反発させるための体勢を取るのは自然なこと

スイングをしないボレーでは、"ラケットの反発でボールが飛ぶ距離を調整するので、ボールを捉える前に、打てる位置まで移動し、軸と重心を寄せ、ラケットを支え、正確にインパクトできる体勢を取る" というのは自然なことでしょう。

これらの補足も何もなく、「踏み込んで打つ」というキーワードにとらわれてしまってはどうやって打てばいいのか分かりづらいのは当然だと思います。

 

DVD付 テニス スキルアップマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,620円
(2017/4/23 02:26時点)
感想(0件)

follow us in feedly