読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ボールを押す、軸足を蹴ってボールに力を伝えるという表現は正しいのか? (テニス)

インパクトでボールを押す、軸足を蹴ってパワーを出す

テニスのおいてよく言われる表現が「ラケットでボールを押す」というものがあります。

ラケットでボールを押す

また、ボールにトップスピンをかける"コツ"として

「フォアハンドを打つ際、テイバックで軸足(後ろ側の足)をしっかり曲げて姿勢を落とし、ボールを打つ際に軸足で地面を蹴って伸び上がるようにしてパワーを出す」

と言われることもあります。

テイバックで曲げた膝をスイング時に地面を蹴って伸ばす

テニス、フォアハンド、軸足で地面を蹴って伸び上がるようにしてパワーを出す1

テニス、フォアハンド、軸足で地面を蹴って伸び上がるようにしてパワーを出す2

個人的にですがこれらの説明は誤解を生む要素があり恐らく説明されている方自身もその事を認識しない形でこれまできているのだろうと思っています。

"ラケットがボールに当たってもスイングは止まらない" その意味は?

ラケットから伝わるボールを飛ばす運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で計算され、ラケットとボールの当たり方により、ボールに伝わる運動エネルギーはボールスピードと回転量に反比例分配されます。

その上で、テニスをやっている殆どの人が注意を向けないこととして『ラケットがボールに当たってもスイング及びラケットの動きは止まらない』ということがあります。

f:id:a-londenion:20170219033327j:plain

ラケットがボールに当たりボールが飛び始めても、ラケットのスイングスピードが急激に落ちることも、インパクトでラケットが止まっていしまうこともありまん。

腕の力で壁にボールを押し付けている訳ではないのです。

 

f:id:a-londenion:20170510010256j:plain

これが意味することは『ボールはラケットに"触れた"事で飛んでいき、回転する運動エネルギーを得ているだけ』ということです。ここがポイントだと思います。

 

ボールを打つ際、"ラケットでボールは押せません"

例えば、野球のピッチャーがボールを投げるような動作で腕を振りながら腕を振る軌道上にある物体を押すと考えて下さい。

「ボールを投げるため腕をしっかり振る」動作と「その物体を押す」動作は両立できないのは想像できると思います。

f:id:a-londenion:20170510010827j:plain

ピッチャーが腕を速く振るのはボールを飛ばすために "腕を振る速度" を上げるためです。

野球ではボールを手に持つことで両者は一体なので、腕を振る速度=ボールが飛ぶ速度と言えます。逆に、テニスの場合はスイングスピード(腕を速度)、ラケットスピード(道具の速度)、ボールスピードは異なってきます。

 

腕を使って一点を押すこととスイングすることの違い

腕を使って何かを押す際、力の作用する場所は "手で押しているその一点" です。つまり、"押している一点が力の対象" と言えます。

f:id:a-londenion:20170510010256j:plain

一方、ラケットをスイングする際、腕や体を使って力を伝えている対象はラケットです。腕や体から力を伝えた結果ラケットは速度を得ます。

f:id:a-londenion:20170501233734j:plain

ラケットとボールが接触することによりボールはラケットから運動エネルギーを得ますが、ボールと接触しようが接触しまいがラケットが速度を持って動いていくことに代わりありません。

テニス、フォアハンド、ラケットを素振りする

ラケットを素振りしても実際にボールを打っても、極端にラケットスピードが違ったりはしないでしょう。

テニス、フォアハンド、実際にボールを打つ

 

スイング途中でラケットから手を放し、手から離れたラケットがボールに当たり、結果ボールが飛んでいくのなら...

例えば、スイングによって十分加速したラケットを途中で放してしまい、放したラケットが空中でボールに接触しその結果ボールが飛んで行くとします。この場合スイングした人は "ボールを押してはいません"。でも、本来のインパクト位置付近でボールを放した直後なら手に握っているのと変わらない位ボールは飛んでいく可能性があります。スイングしラケットを加速させることとボールを押すということは腕や体を使って力を伝える対象が違うということが分かると思います。

ボールに当たる当たらない関係なくプレイヤーがまず考えるべきことは、シンプルに「ラケットはできるだけ速く振って運動エネルギーを大きくすること」です。その上でボールに正確に当てる、ボールとラケットとの当たり方を工夫してボールスピードと回転量を調整する、ボールの打出し角度と方向を調整するなどの要素が加わってきます。

地面を蹴ってボールにパワーを伝える

 テニス、フォアハンド、軸足で地面を蹴って伸び上がるようにしてパワーを出す1

 地面を蹴ってボールにパワーを伝えるというのもボールに直接的に影響を与えるということではなくラケットをより安定的に加速させるためにと考えるべきだと思います。

人は高くジャンプする際、膝を曲げ一旦姿勢を落とします。これは「作用・反作用の法則」で地面を強く踏むことで逆向きに体を押し上げる力が得られるものです。

でも、ボールを打つ際にジャンプは必須ではないので、反作用で得られる力はラケットの速度を上げるために使うべきです。

スタンスをしっかり取って両足で地面を踏みしめて力を出そうとした際、「ボールを押す」のと「ラケットをスムーズに加速させ速度を上げる」のでは動作に対する認識が違うはずです。

加えて、まさにボールを打とうとするインパクトの前後に大きな膝の曲げ伸ばしで体を上下させてしまっては "頭が動き目線がブレて" しまいます。頭や視線のブレはボールを正確に捉えるのを大きく阻害します。ボールに回転をかけよう、強く打とうと体が上下することで安定してボールに当たらずボールにうまくエネルギーが伝わらないのでは本末転倒です。

これはサーブで膝を大きく曲げたり高くジャンプしようとする際も同様です。身長2mの人が無回転のサーブを入れるにはネットの最も低い部分を通してもネットの白帯の上ボール1個分(10cm弱)の空間を "必ず" 通さないといけません。一般的な身長の方が "打点を高く取る" 努力をしてもサーブの確率は上がらず、むしろ体や視線の上下動により正確にボールが捉えられない、自分でどうやって打っているのか分からないということに繋がります。 

 

人はラケットをボールに当てよう、ボールにぶつけようとする

テニスはラケットという道具を使ってボールを飛ばしコントロールしないといけないので、殆どの人が "ラケットを操作しボールを操ろう" とします。「ラケットは手の延長」と言ったりしますが、手の延長であるラケットでボールを握れる訳でもありません。

また、ボールを操る技術はボレー等、僅かな違いを狙ってボールを運ぶためのもので、安定的にしっかりとしたボールを打つためのストロークやサーブ等では優先度はかなり低くなると思います。(1球毎にラケットを操作してストロークを打とうとしても、自分の神経の方が参ってしまいます。)

人が力を加える対象はラケットでありボールではない

物理現象としてボールを飛ばし、回転をかけるのはラケットの持つ運動エネルギーと当たり方であり、ラケットの運動エネルギーを大きくする要素はラケット重量とラケットスピード、特に端的に効果があるのがラケットスピードの速さです。

ボールを直接的に掴み、力を加えることができない以上、ラケットでボールをどうこうしようと考えるのではなく、運動エネルギーを大きくすることが最大の目標となるストロークやサーブにおいては、ボールの存在以前に「安定的に速いスピードでラケットをスイングできること」をまず考えるべきだと思っています。

ボールの打ち方を説明する際にイメージ的な要素として「ボールを押す」「体でボールに力を伝える」と言うのは分かるとしても、前提として「ラケットを加速させ安定的に速度を持たせることが最も重要である」ことを理解してもらうべきでしょう。(これらの表現を止めなさいということではありません。)

初心者の方が「ボールを押す」「体重をぶつける」「ボールに力を伝える」と習っている方から説明されたら、ラケットを安定的にスイングすることなど考えることもなく、ただラケットをボールにぶつけること、ボールを操作することを考えてしまうと思います。

また、そう説明している方々も過去そう教わってきていて、それをそのまま説明してしまっているのだと思います。男子テニスを見れば分かる通り、テニスは日々進化していますが、テニスを説明するための情報は昔からずっと変わらず続いていたりします。とてももったいないことだと思っています。

 

DVD付 テニス スキルアップマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,620円
(2017/4/23 02:26時点)
感想(0件)

follow us in feedly