読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サーブ、両肩の入替えで打点を高く取る? (テニス)

サーブで言われる「両肩の入替え」

サーブを教わり始めて次第に打ち方が分かってくると「両肩の入替えを行うことで打点を高く取る」と言われることがあります。


両肩の入替えとはボールをトスしたトロフィーポーズの状態とラケットをスイングしボールを打ちに行った段階で左右の肩の高さを意図的に入れ替える動作という感じでしょうか。

右利きならトロフィーポーズではボールをトスした後、左腕を頭上に伸ばし左肩を上に伸ばすようにします。左肩を上げようとすると自動的に肩のラインが傾き、右肩は下に下がります。

トロフィーポーズで左肩が上がる

トロフィーポーズで左肩が上がる

ラケットを振り上げていく際に左肩が下がり右肩が上がっていく

ラケットを振り上げていく際に左肩が下がり右肩が上がっていく

 

サーブに必要な打点の高さを確認

以前、計算しましたが、仮に空気抵抗や重力、気温等の諸条件を考えないとして、ベースライン中央付近から相手コートのサービスライン中央に向けて、ネットの最も低い部分を通すセンターtoセンターのサーブを打つ際に「無回転のフラットサーブ」を入れるために必要な打点の高さは約2.611m身長180cm程の人なら直立の姿勢でラケットを持った腕を差し伸ばした高さで到達できます。

lond.hateblo.jp

ただ、最低限の高さである2.611mの打点で打っても、直線的に飛んだボールはネット最上部の白帯に触れてしまうので、よくサーブの例として上がる身長2mの人(+20cm)で計算すると、地面に直立した状態で打つとネット上、約7cmの高さを通り、更に20cmジャンプして打った場合はネットの上、約13.6cmの高さを通ります。

lond.hateblo.jp

つまり身長180cmの人が20cmジャンプしてサーブを打ってもネットの上、約7cm (テニスボール1個強) の空間を必ず通さないと入りません。

20cmジャンプした中でこの精度でサーブを入れるのはまず無理ですし、空気抵抗や重力、気温等の諸条件を考えれば皆が回転をかけていないという意味で使う「フラットサーブ」は"より高い軌道で打出したボールが自分でコントロールしようがない空気抵抗や重力で落下してたまたま入っているだけ"ということになり、これがサーブの種類に関わらず全てのサーブは回転をかけて打つものだという理由になります。

回転をかけず山なりの軌道でゆっくりとしたサーブを入れるのはできますが、ある程度の速度以上でサーブを打ちたければフォアハンドのトップスピン以上に"思ったように回転をかけてサーブが打てる"、もっと適切に言えば "意識せずスイングして打てば自然と回転がかかったサーブが打てる" 状態になるのが「サーブを打てる」という状態だと言えます。

※ フォアハンドのトップスピンも打とうと思うだけで自然と回転がかかったボールが打てる状態だと思います。1回毎にトップスピンのかけ方を考えながら打っている状態"トップスピンが打てる"とは言わないでしょう。

つまり一般的な身長の人にとってサーブで打点を高く取ろうとする理由がない

計算でも分かるように、2m近い身長の方でもない限り、「サーブの確率を上げる目的で打点を高く取ろうと考える積極的な理由がない」と言えます。

サーブを打つ際に打点を高く取ろうとする動作は、ジャンプや体を伸ばす、腕を伸ばす等があるでしょうが、これらの動作は、"頭や視線のブレ""不安定な態勢""体の伸びきることで体の機能が使えなくなる" 等の弊害があり、うまく打てないサーブをより難しく、ボールに当たりにくくすることにも繋がります。

 

再び両肩の入替え

サーブを教わる際に「両肩の入替え」を教わり、真面目に実践している方の打ち方を見ていると、実際にトロフィーポーズとスイング時に両肩の高さが入れ替わる動きを見ることができます。

肩を動かして両肩の高さを入れ替える動作 (左肩を上げる)

肩を動かして両肩の高さを入れ替える動作 (左肩を上げる)

肩を動かして両肩の高さを入れ替える動作 (右肩を上げる)

肩を動かして両肩の高さを入れ替える動作 (右肩を上げる)

ただ、私は「腕を振る際の体の傾きや腕の振りやすさ等から肩のラインが左右で傾くのは問題ないが、体の軸の傾きと異なる動きとして左右の肩の位置、高さを操作するのは自然な体の動きではないだろう」と考えています。

野球のピッチャーの投球を見てみる

野球の投球動作や、やり投げの投てき動作はサーブを打つ際の体の使い方に近いと言われます。

ピッチャーがボールを投げる際の動作を見ると、振りかぶって利き腕の方をコック(担ぐ。テニスにおけるトロフィーポーズに当たる)し、体を回転させ、腕を振り、ボールを投げるまで、この"両肩の入替え" に相当する動きは行ってないことが分かります。

ダルビッシュ投手の投球

基本となるのは「体の中心軸と直角に交差する肩の回転」と「腕の外旋から内旋を中心とした腕の振り」です。

腕を振るための動作の中で体の中心軸が傾き、肩のラインも傾く

腕を振るための動作の中で体の中心軸が傾き、肩のラインも傾く 
サーブはネット方向に対し横向きの状態でトスを上げ、体を回転させてネット方向を向きながらラケットをスイングしていきますが、上半身と下半身の捻りを作り体を正面に向けていく際、捻れと回転に伴い、或いは利き腕側の手や腕を持ち上げてラケットを振っていく動作の中で体の軸が自然と傾くのは問題ないと思います。ただ、それはラケットをボールの打出し方向、体の背中側から胸側に" 前向きに" 振るためです。

体の回転、腕の外旋と内旋を中心としたラケットを"前方向 (打出し方向/角度)"へ振る動き

体の回転、腕の外旋と内旋を中心としたラケットを

フォアハンドを回転で打つ際はスイング軌道は水平方向に近くなりますが、サーブでは縦に振る要素が強くなります。(肘や手首の角度が変わるために生じる差です。体や腕の使い方は共通してきます。ストロークから腕を上げ肘を曲げていくとサーブになるという感じです。)

ただ、「両肩の入替え」で左肩を下げて代わりに右肩を上げるという単純な上下動はこれら腕をしっかり前に向かって振るという動作には含まれないと考えています。

 

ピッチャーは座ったキャッチャーに向けて投げる、サーブは上に向かってラケットを振る

 ピッチャーは高さのあるマウンドから座った状態のキャッチャーに向けてボールを投げる(水平に近い角度でボールを投げる)のに対し、サーブは 頭上にあるボールを打つし、"ボールに回転をかけるラケットの働きも含めて" ラケットを上に向かって振るという違いがある。ボールを打ち出す(投げる)角度や方向の違いがあるので、肩のラインの傾きや動く方向を同列に考えられないのではないかという意見もあると思います。

これに関しては、ベースライン上からネットの2倍の高さを通過するストロークを打つ際の打出し角度の計算が参考になると思います。(サーブでは速度と回転量、落下割り当地等の関係で示しづらいです。)

計算上、ベースライン中央付近の高さ80cmの打点位置からネット中央の一番低い位置の2倍の高さ(182.8cm)を通過するための打出し角度は4.943度でした。

つまり、約5度の打出し角度があればネットの倍の高さが通過でき、ごく単純に言えば、その5度の打出し角度を超えてスイング軌道の角度を持たせる場合は "全て回転をかけるためにラケットの運動エネルギーが費やされている" ということになります。

打出し角度に対してスイング角度を大きくしていけば、ラケットからボールに運動エネルギーが伝わる際にロスが大きくなる懸念がありますし、当然ながら 正確なインパクトも難しくなります。回転をかけたいという意図が逆効果になるということです。

この事から推測できるのは「ストロークよりも高い位置から打つサーブであれば、ボールの打出し角度は "水平+α" 位が基準になるであろう」ということで「スピンをかけようと "水平+ α" (横回転ならその横方向の角度) をはるかに超えた角度でラケットを振る事は運動エネルギーの伝達ロスを発生させ、正確なインパクトを難しくする」と言えると考えています。

一般にイメージするサーブにおけるラケットのスイング角度は実際に必要なサーブにおけるボールの打出し角度とは乖離しており、それはピッチャーがボールをリリースする角度と大きく違う訳ではないだろうということです。

サーブのスイング角度に関する補足

サーブは頭上にトスしたボールを打つため肩よりも下にあるラケットを上に向かって振っていき、スイング開始時にグリップよりも下にあったラケットヘッド側はスイング途中で加速得て、腕やグリップの位置を追い越して最頂点に上がっていきます。

ただ、下から上に上がっていったラケットヘッドがボールに振れるのは、最高到達点の少し手前から最高到達点に達する間です。(最高到達点で当たってもラケットヘッドはそこから下がるだけで加速度は落ちていますし、ボールに回転をかけるにはラケットヘッドが上向きに上がっていっている途中で当たらないとダメですから。)

0.004秒のインパクトを経てボールがラケットから離れた後、ラケットヘッドは下がってきます。つまり、サーブにおけるラケットが動く軌道の大きさに対し、ボールに接触しボールを打ち出す際のラケットの動きは大きな上下動をしていない最高到達点付近だということです。

その幅の中でボールの打出し角度が"水平 + α" であると考えれば、上に向かって振っていくことと打出し角度が"水平+α"であることに噛み合わない感じはないのではないでしょうか?

下から上にラケットを振る中でもボールの打出し角度は"水平+α"になる

下から上にラケットを振る中でボールの打出し角度は

フェデラー選手のサーブ

フェデラー選手はトスした左肩を高く上げ肩のラインを傾けるので「両肩の入替え」を行っているように見えるかもしれませんが、体の中心軸と肩のラインの関係性を見れば、トスした際に体を捻り、ピッチャーがボールを投げる際のように中心軸に沿って両肩が回転、ラケットは腕の振りに合わせて体の後ろから前に向かって振られているのが分かります。頭上ではなく体(胸)の向いている方向(角度)に向かって振っているということだと思います。

フェリシアーノ・ロペス選手のサーブ

フェリシアーノ・ロペス選手は、ラケットを上に振っていくというより、体の中心軸に沿った体の回転を積極的に使って打つフォームです。ボールのトスに高さがあっても、傾いた体の軸から考えれば、"頭上" や "肩の真上" ではなく、ピッチャーがボールを投げる際のように体を回転させて、無理なく自然と腕が通過する高さにトスを上げていると言えると思います。動画を見ても体が回転し両肩がよく回っているのが分かると思います。

 

ラケットはボールを打ち出す方向に向けて "前に" 振っていく

ボールに回転がかかるのは物理現象で、ラケットの運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で表せ、ラケットの運動エネルギーが当たり方によってボールスピードと回転量に分配されているというだけです。

ラケットをスイングする目的は "ボールを飛ばすため" です。スイングにより得られた運動エネルギーをボールに少ないロスで伝え、飛ぶためのボールスピードを発生させます。 運動エネルギーはボールスピードの他、回転量にも分配されますが、マージンを持たせるべきと言いつつ、速度を落としてまで無駄に回転量を多くする必要はないでしょうし、回転をかけるために必要な打出し角度以上にラケット軌道に角度を付ければ、運動エネルギーの伝達ロスや正確なインパクトが難しくなります。

スピンサーブで言われるように「ラケットを真上に振り上げる」と回転はかかるでしょうが毎回正確にボールを捉えるは難しいし、回転はかかってもボールが飛んでいないことが多いのも事実だと思います。

逆にピッチャーがボールを投げる際同様、体を回転させ、腕を振る中で自然と腕が上がり楽に投げれる高さでボールを捉えればいいし、それが最も楽に速度も出せる腕の振り方だと思います。(因みにボールをうまく投げれない人は体の使い方から学ぶ必要があります。)

前述の通り、確率のため打点の高さを上げようとする積極的な意味はありませんし、無理な姿勢はボールを飛ばすためのラケットスピードを上げるにも、安定的なインパクトにも邪魔になります。


サーブを打つのは難しいので、教わる際は「◯◯サーブの打ち方はこう」「◯◯サーブを打つコツはこう」といった打ち方の説明が中心になってしまいますが、まずは考えて理解しておくべきことは打ち方ではないと思ってます。

 

テニス丸ごと一冊サービス新装改訂版 [ 堀内昌一 ]

価格:1,620円
(2017/4/27 03:58時点)
感想(11件)

follow us in feedly