読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

薄いグリップで打つ両手打ちバックハンド (テニス)

グリップの違いは単純には打点位置の違い

私は、グリップの違いは単純には "打点位置の違い" であり、単純にグリップが厚いからスピンがかかるという訳ではなく、ボールにスピンをかけるという物理現象を起こす要素が揃えばグリップの厚さに関わらずスピンはかけられると思っています。

当然、コンチネンタルグリップよりもセミウエスタングリップの方がスピンをかけるのが楽だという面はありますが「スピンをかけるには厚いほどいい」というのは、スイングも目的であるボールを飛ばすという面から目を反らしてしまっていると思っているからです。

薄いグリップで打つ両手打ちバックハンド

今回は薄いグリップで打つ両手打ちバックハンドについて考えてみたいと思います。

因みに私は片手打ちバックハンドで両手打ちバックハンドについて誰かに教わった事は1度もありません。体の使い方を考える中でグリップの違いについて考え、薄いグリップでボールをしっかり打つためにはどう体を使えばいいのかと考えたという流れです。従って、世間で言われることと話が乖離しているかもしれません。

説明の都合上、以下右利きを前提に書くこととします。

両手打ちバックハンドの打点位置

両手打ちバックハンドは「非利き手のフォアハンドで打つつもりで打つ」と言われるように、右利きなら左手のグリップによって打点の位置が変わってきます。

両手で持つため片手打ちバックハンドほど前方に打点を取るのは無理がありますが、左手がコンチネンタルグリップに近ければ打点位置は横向きになった状態における体の正面(横)辺り、グリップが厚くなるほど、打点の位置は前方に動いていきます。

"非利き手のフォアハンドの言葉" 通りにフォアハンドと同じような理屈で言えば左手のグリップが厚い程、両手打ちバックハンドでもスピンがかけやすいとなりますが、実際には左手がイースタングリップ位の場合、セミウエスタングリップ位の場合、ウエスタングリップ位の場合で実際に打ってた場合のスピン量は大きく変わらないと想像します。これには両手で持っていることでスピンをかける要素になるラケットヘッド側の動きがフォアハンドで打つ際ほどしっかり大きく動かせないという点もあります。

最近流行りのラケットフェースをオープンにしてテイバックする打ち方

最近は、インパクト面を伏せる形でテイバックからスイング開始に繋がる打ち方よりも、ラケット面をオープン(上向き)にしながらテイバックする打ち方が注目されていると聞きます。

前述の通り、私は片手打ちバックハンドですから、両手打ちバックハンドの打ち方には詳しくはないのですが、個人的に両手打ちバックハンドにおけるこの打ち方を実現する要素は「薄めのグリップ」にあると考えています。

片手打ちバックハンドスライスのテイバック

プロ選手等が打つバックハンドスライスの打ち方を見たことがある人は、利き腕(右手)の片手打ちバックハンドスライスを打つ際、テイバックでラケット面をオープン(上向き)にするのを見たことがあると思います。

バックハンドスライスはコンチネンタルグリップ等の薄いグリップで打つため、テイバックした段階からラケット面を打出し方向に向けた状態にしておくとスイングスピードが上がりにくく、またインパクトでラケットに力を込めることが難しくなります。

仮に地面と水平に振ると考えればテイバックからラケット面が地面と90度のままずっと動いてくことを考えればラケットスピードが出にくいのはイメージできるでしょうか?

このため「手首をコックする」と言われるラケットと前腕に角度を保ち、テイバックからの振り始めでオープンにしたラケット面を前腕のスピネーションによりラケットヘッドを持ち上げてラケット面を立てていくことでラケットの加速を得、インパクトに向けスムーズにラケットをスイングできるようになります。

 フォアハンドやサーブのプロネーションも同様ですが、前腕の回転(プロネーション、スピネーション)でラケットヘッドを大きくしっかりと動かすには「前腕とラケットの間に角度が必要」です。

前腕の回転、プロネーション、スピネーション1

前腕の回転、プロネーション、スピネーション2

ラケットと前腕を含む腕が一直線になってしまっては、肩関節を中心とした腕の動きで腕とラケットを動かすしかなく、それではラケットスピードが出せません。

腕とラケットが一直線になった状態

 

片手打ちバックハンドスライスであれば、テイバックからの振り始めで、前腕とラケットに角度を設けることによる前腕のスピネーション、曲げ肘を伸ばしていく際に上腕の外旋(エクスターナルローテーション)によってラケットを加速させることができます。

マレー選手のバックハンドスライス

片手打ちバックハンドスライスは"腕の曲げ伸ばしでラケットを加速させる"といった表現がされますがこういった事を言っているのだろうと思います。

 

ここまで書けば、両手打ちバックハンドでラケット面をオープンにするテイバックからの振り始めと片手打ちバックハンドスライスとの関連性が分かるのではないでしょうか。

 

両手打ちバックハンドのテイバックから振り始めにおけるラケット面の向き

右手、左手を薄いグリップで握り両手打ちバックハンドを打つ場合、ラケット面を地面と垂直より伏せる方向でテイバックから振り始めを行うよりも、片手打ちバックハンドスライス同様にラケット面をオープンにしてテイバックする方がはるかに楽です。

グリップの厚さと脱力(リラックス)によりスイングによりラケット面は自然とボールを打ち出す方向に向かうためテイバックでラケット面が上を向こうが下を向こうがあまり影響はありません。いずれにせよ同じ方向を向くのでよく言われる "面を伏せた方がスピンがかかる" というのも少し疑問です。(インパクトで面が上向きになるのは人が行う操作の影響が大きいため)

逆に厚いグリップで面を伏せてテイバックした場合(厚いグリップでは面を伏せた方が逆に楽)、ラケット面をボールに向けよう、スピンをかけようとする人の操作がラケットスピードを遅くしてしまう懸念があります。

片手打ちバックハンドスライス同様、テイバックする際、オープンにしたラケット面は、振り始めで前腕の回転(右手はスピネーション方向、左手はプロネーション方向)と上腕の回転(右手は外旋、左手は内旋)によりラケット面は引き起こされます。

ラケット面をオープンにしたテイバックによる両手打ちバックハンドは薄いグリップが向いていると考える他の理由として、実際にこの打ち方をしているマレー選手の動画を見て感じるものです。}

マレー選手の両手打ちバックハンド

マレー選手の両手打ちバックハンドは他選手の打ち方とだいぶ違うように見えます。

他選手がある程度両腕を前方に伸ばした状態で打点の位置が体から離れた位置に置くのに対し、マレー選手は両手が比較的体に近い位置にあり、腰の位置付近にあるグリップが体の回転とシンクロしながらボールを捉えるような打ち方になっています。

マレー選手の両手打ちバックハンド

これは両手とも比較的グリップが薄いことでボールを打つ打点を体に近い位置においていることと、腕を伸ばしてラケットを前方に振っていく打ち方というよりも腕と体の回転を一体化させて体に近い位置でボールを捉えようとしているためだろうと思っています。(打点が体(腰)に近い分、フォロースルーでは左手を積極的に使いラケットを押さえ込むようにしています。)

実際、薄いグリップで腰付近にラケットをセットし、腕を伸ばす動作を制限して体の回転を中心にラケットを振ってみるとマレー選手のような打ち方になるかと思います。

 

グリップの違いは特性の違い、薄いからダメ、厚いから良いではない

簡単な内容ですが、両手打ちバックハンドもグリップが薄いから強く打てないという訳ではないことが分かるかと思います。むしろプロ選手を見てみると左手を厚く握り打点を前に置き、腕を伸ばすようなフォロースルーを取る選手は多くありません。(コントロール重視でストレートに打つ場合は使うかもしれませんが。)

また、グリップを厚く取らないメリットとしては、打点位置が体に近くなることでより体に近い位置でボールを捉えることができます。(いわゆる"打点が喰い込まれる"ことに対しては体の回転を活かし短い時間でインパクトまで至れることを当てる感じかと思います。)

例えば、左方向にボールを追いかけ十分ではない態勢でボールを返球しないといけないような場面で有効になるということです。

逆にフォロースルーまでのスイング幅が大きく取れないことでボールをコントロールするのが難しくなる、また、体に近い位置でスイングできることで加速度は稼げるものラケットが体から離れていく形でのスイングでないことから相対的にラケットスピードが上がりにくいという懸念があります。だからマレー選手も普段のストロークはともかく少し窮屈な打ち方になった際は「パン」とインパクト重視な打ち方になっているように思います。

なお、こういう打ち方もできるという例ですが、右手をフォアハンドのグリップで握れば更に打点を後方に置くこともできます。(フォアハンドのグリップでリターンを待っていてバック側にサーブが来た場合に使ったりできます。)

フォアハンドのグリップのまま両手打ちバックハンドを打つ

 

普段使うグリップだけではなく色んなグリップで色んな打ち方を考えてみる

いずれにせよイチかゼロかではないので、体の使い方を考える機会として薄めのグリップでラケットをオープンにしてテイバックからスイング開始する打ち方を確認してみる意味はあると思います。

 

テイバックからスイング開始時にラケット面を伏せる打ち方よりもグリップが薄い分、ラケット面を向ける腕の使い方がシンプルになるので、むしろ両手打ちバックハンドを練習し始めた位の人の方が参考になるかもしれません。グリップが薄いなりの打ち方があるわけでグリップの厚さでボールの強さが決まる訳ではありませんから。

 

DVD付 テニス スキルアップマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,620円
(2017/4/13 13:12時点)
感想(0件)

follow us in feedly