lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

FIre TVで使ってるKodiをv17.1 Kryptonに更新する (ガジェット) (テレビ)

最近はテレビ放送をほぼ見なくなってます

リビングのテレビにはAmazonのFire TVを接続してあるのですが、最近は "テレビ本体のチューナーはおろか、HDDレコーダーのチューナーでもテレビ放送を見ることがほぼなくなり" ました。

2年程前からテレビ放送をリアルタイムで見るのは "CMまたぎ""放送終了時間ぎりぎりにならないと結論が分からない番組の作り方"『ただただ見る側の時間の浪費している』ように感じてしまい、見たい番組のみHDDレコーダーに録画してCMをスキップしながら見ていたのですが、見ていたようなドラマ、深夜番組含めつまらない放送が続くとそれすら見るのが億劫で、内容によっては見ずに消してしまうようになりました。

若い人なら費やせる時間はたくさんあるのでしょうが年齢が上がるにつれて時間は無駄にしたくない気持ちが強くなっています。(AV家電やコンテンツ作ってる人はそういう視点が製品やサービスに出ないのですかね。。)

代わりにFire TVでAmazonプライムや各社のストローミングサービスを使って映画や過去のドラマ、アニメ等を見たり、YouTube等を見たり、ネットワーク上の動画を見たりという時間がテレビの電源を入れ表示させている95%位になってます。

おかげで、"某なんとか学園" のニュースは1度も見たことがないですし、話題の新人女優さん達も全く知りませんがまぁそんな感じです。(正直、日本のテレビコンテンツに興味が無くなってます。。)

Fire TVのKodiを17.1に更新する

自宅のネットワーク上のディスクに保存してあるコンテンツをTVで再生するにKodiをずっと使っています。

kodi.tv

Fire TV用のKodiはリリースされていないので、Android用のパッケージをインストールする形です。Fire TVはリモコンで操作するのでAndroid用アプリケーションをインストールしても操作性で困ることも多いのですが幸いなことにKodiはリモコンでも操作もほぼ不都合がないです。3月にリリースされていたようですがKodiの新バージョンであるv17.1 “Krypton” のことを先日知ったので早速更新してみました。

更新方法はこれまで同様ですが、PCでKodiのWebサイトを開き、Android用のパッケージをネットワーク上のディスク領域かクラウド上の領域に保存します。Fire TVでもダウンロードできますがWebからのダウンロードがリモコンでは面倒です。他スマホでダウンロードしてもKodiで開くためにファイルを移動させないといけないしダウンロード自体も不安定になるのでPCでやるのが手っ取り早いと思います。

ARM用のパッケージは32bit、64bitの2種類がありますが、どちらをインストールしても動くようでした。(今回は32bit版で更新しました。)

ネットワーク上の共有領域に保存したパッケージをFire TVのES File Explorer等で開けばFire TVのローカルディスクのコピーされメニューにインストールの選択肢が出ます。

ネットワーク上かクラウドに共有領域が用意できない場合はPCにUSBメモリを繋いでそちらにパッケージを保存し、それをFire TVに接続すれば同じように読めると思います。

なお、Fire TVはデフォルトではAndroidアプリはインストールできないので一時的に"開発者オプション"の"不明ソースからのアプリインストール"をONにしておきます。(終わったら戻します。)

元のKodiに上書きインストールされるので、設定等はそのまま引き継がれました。画面を見るとUIがキレイになって、設定画面等も項目毎に分かれて全体的に見通しはよくなったようです。

私は一部表示の問題から以前から英語メニューのまま使っていますが、17.1では日本語表示にするのも簡単になったようです。(事前にフォント変更が必要だったのが変わっているかは分かりません。) 日本語表記の文字バランスもかなりキレイになってますね。

Kodi v17.1 TOP画面 (表示をVideoだけにしてます)

Kodi v17.1 TOP画面

Kodi v17.1設定画面 (全体)

Kodi v17.1設定画面1

設定TOPは各項目上に分かれているように見えますが、メニューを選んで下の階層に移動すると複数のメニュー同士は一覧で繋がっていてTOPに戻らなくても設定変更できます。ある意味メニューというよりショートカットで合理的だけど少しすっきりしない気がしてしまいます。

Kodi v17.1設定画面 (個別)

Kodi v17.1設定画面2

私はネットワーク上にある動画や音楽ファイルをただシンプルに再生できればいいのでKodiの豊富やアドインやスキンの類は全く使っていません。勿体無いかもしれませんが取り敢えず今は不要ですかね。

唯一の問題点もクリア

今回更新して唯一の問題だったのが、動画を再生した際、再生位置のスキップをしていると再生が追いつかず音だけ流れ表示が停止してしまうことでしたが、ディスプレイ設定のリフレッシュレートを60から30に変えることで問題なくなりました。

Kodi v17.1 フォルダ表示

Kodi v17.1 フォルダ表示

ちょっと文字間が間延びしたような表示になっているのが気になるでしょうか。 

全体的な感想

UIはよりキレイになり、細かい表示など気が効いている印象はすごくするのですが、慣れの面も含めて前バージョンのシンプルに機能を並べた感じの方が使いやすい気はします。より家電的に、利用者に丁寧、親切にしようとするUIを目指す代わりに "進化の途中感" を感じてしまういうか。

ただ、機能面では引き続き便利と言わざるを得ないので、慣れるまで使ってみようと思います。ファイル管理アプリやら色々使ってみましたがシンプルに使えて使いやすいのは他にありませんでした。

 

 

follow us in feedly