lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

片手打ちバックハンド ラケットを縦に振る? 横に振る? (テニス)

片手打ちバックハンドのコツ

片手打ちバックハンドは "腕一本の逆手でラケットを振りボールを飛ばす" という人間生活の中で経験値が少ない動きを求められます。感覚的に分かりづらく習得が難しいことからから「上手く打つための色々なコツ」と言われるものがたくさんありますね。

フォアハンドや両手打ちバックハンドに比べてサーブや片手打ちバックハンドにこういった「コツ」と言われる話が多いのは習得の難しさ故、皆が求めるからでしょう。

 

  •  
  •  

 

ラケットを縦に振る? 横に振る?

片手打ちバックハンドのスイングを説明する際、フォロースルーの形から「ラケットを縦に振る」「ラケットを横に振る」といった表現がされることがあります。

縦に振るというとこんな感じ

片手打ちバックハンド、ラケットを縦に振る1

片手打ちバックハンド、ラケットを縦に振る2

片手打ちバックハンド、ラケットを縦に振る3

フォロースルーでラケットヘッドが上に持ち上げってくる感じですね。

横に振るというとこんな感じ

片手打ちバックハンド、ラケットを横に振る1

片手打ちバックハンド、ラケットを横に振る2

片手打ちバックハンド、ラケットを横に振る3

ラケットヘッドが体の外側を遠回りして回ってくる感じでしょうか。

この2つの例は何を意味するのか?

この2つの例が上がる際に言われることは「ラケットを縦に振ると安定してボールを捉えられるが、横に振った方が遠心力を使えるのでボールに威力が出る」といったことです。

ただ、これらの表現が聞いている人に "2種類のスイングがある、2種類の打ち方がある" といった誤解を与えると思っています。

これはサーブも同様ですね。スライスサーブとスピンサーブは単純に言えば "回転軸が違うだけ" ですが、違う打ち方をしないとそれぞれが打てないような誤解を生んでいます。

 

 

 

ラケットのスイングを構成する要素を考える

体の回転を含む体全体の動きもありますが、片手打ちバックハンドにおいて可動する腕の機能を考えてみれば、関節は「肩」「肘」「手首」の3箇所です。(指の関節はラケットを握る)

つまり、"ラケットを縦に振る"のも、"ラケットを横に振る"のも、これら関節と腕の骨の可動の違いによって生じているに過ぎません。

当たり前の事を言っていますし、そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、縦に振る、横に振るというのは次のような違いなどから生じているということです。

ラケットヘッドを引き起こす動作

片手打ちバックハンドを打つ動作において、フォロースルー前後でラケット及びラケットヘッドを持ち上げる動作としては以下のようなものがあります。

1.肩の関節を使って上腕を持ち上げる

2.肘の関節を使って前腕を持ち上げる

3.手首の関節を曲げる

4.前腕を回転させる(プロネーション)」

1~3はこういうことです

片手打ちバックハンド、腕、肘、手首を曲げてラケットを持ち上げる1

片手打ちバックハンド、腕、肘、手首を曲げてラケットを持ち上げる2

4はこういうことですね。

片手打ちバックハンド、腕、肘、手首を曲げてラケットを持ち上げる3

片手打ちバックハンド、前腕を回転(プロネーション)させてラケットを持ち上げる1

この状態で肩の関節を使って上腕を持ち上げるだけでこうなります。

片手打ちバックハンド、前腕を回転(プロネーション)させてラケットを持ち上げる2

何となく言いたい事は分かるでしょうか。

縦に振る、横に振るという表現は何を示しているのか?

スイングする目的はボールを飛ばす運動エネルギーを得るためです。テイバックしたラケットを体の回転から始まるスイングで加速させてラケットに運動エネルギーを持たせ、ボールに接触することでこの運動エネルギーをボールに伝え、ボールスピードとボールの回転量に分配します。

このラケットの運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード^2 (2乗)」で計算されます。運動エネルギーを増やすには2乗で増えるラケットスピードを上げるのが最も効率的です。

また、ラケットには慣性の法則が働きます。テイバックから手に引かれて動き出したラケットは慣性の法則でその場に留まろうとするので、手に引かれるグリップに対しラケットヘッド側は留まる力よりも引かれる力が上回って初めてグリップ側に真後ろから追従し始めます。

aaa

加速を初めたラケットは、グリップ側よりヘッド側の方が体から遠いのでスイングにより遠心力がかかる事でヘッド側は外側に引っ張られ体から離れていきます。

中心を軸とした回転運動において、同じ時間で同じ角度を動く場合、中心よりも遠い方が速度は速くなります。「距離 = 速さ x 時間」ですから、より長い距離を動く外側の方が速度が速くないと同じ時間で同じ角度進めないからです。

中心より遠い物体の方が速度が速くなる

従って、スイングに伴い体から離れていくラケットヘッド側は手に引かれる以上に速度を増し、グリップ側を速度的に、また位置的に追い越して前に進んでいきます。

これが「物理的な力を伴うラケット、特にラケットヘッド側の加速」です。

 

 

 

遠心力で飛ばす?

ラケットはボールに向かって振っているのであり、スイングで得られる運動エネルギーもスイング方向の先にあるボールに向かってのものです。

遠心力(※)は中心軸から外側に引っ張る力だとするならスイングとは方向の違う外向きの力が短い距離で急激に加速しないといけないラケットスイングにおいてボールを飛ばす力に貢献するはずもありません。

ヘリコプターのローターを回し速度を増しているのはエンジンであり、ローターの遠心力で加速しているのではありません。ハンマー投げのようにラケットを外側に放り投げるのでもなければテニスのスイングにおいて遠心力がボールを飛ばすという表現はイメージ的な表現としか言えません。

※実際は遠心力という力は存在しないそうですが便宜的に使います。また、遠心力(実際には慣性の力)が安定したスイング軌道を保つ要素にはなります。

ラケットを横に振る際手首を返すなという注意事項

「ラケットを横に振る際、手首を返してしまうとラケット面が安定しなくなる」という注意事項も聞きます。

ラケットを横に振って手首を返すというのはこういう感じです

ラケットを横に振って手首を返す1

これは前述の前腕の回転(プロネーション)が関係しているもので、要は使い方の問題です。

前腕の回転

前腕のプロネーションでラケットヘッドを大きく動かすためには "前腕とラケットの間に一定の角度が必要" です。

 

プロネーションでラケットヘッドを動かすには前腕とラケットに角度が必要1

プロネーションでラケットヘッドを動かすには前腕とラケットに角度が必要2

前腕とラケットの間に角度がない状態で前腕を回転させても "ラケットはグリップを軸に回転するだけでラケットヘッドはほぼ動かない"のが分かります。

プロネーションでラケットヘッドを動かすには前腕とラケットに角度が必要3

ラケットの中心軸を中心にラケット面がくるくる回るだけ

プロネーションでラケットヘッドを動かすには前腕とラケットに角度が必要4

ラケットをスイングする際、特にラケットが十分な速度を持ちボールに接触する前後では「前腕とラケットの角度を保った状態」にしておかないと前腕の回転(プロネーション)の効果がなくなります。

また、プロネーションによりラケットのヘッド側が力強く動くにはこの角度が必要であり、前腕とラケットに角度がない一直線になった状態では(手首も伸びてしまい) 手や腕に力が入りにくいのも分かると思います。

この「手首を返すな」というアドバイスは「ラケットを横に振る際は..」という但し書きが付くものではなく、フォアハンドでも、バックハンドでも、サーブでも、ラケットをスイングする際は「前腕とラケットの角度を保つ」という基本的な事柄を表しているに過ぎません。

 

まとめ

片手打ちバックハンドの打ち方の説明をすると長くなってしまうので、分かりづらかったかもしれませんが、今回の片手打ちバックハンドにおける「縦に振る」「横に振る」といった表現は2種類の打ち方があるということではなく、基本的な打ち方は1種類、打点の高さによってスイング軌道の違いは生まれる(※)、その1種類の打ち方に対して、スイングが縦方向に見える打ち方、横方向に見える打ち方で体の使い方の特性を表したものだと思います。

※体から打点が遠くなる場合は腕を伸ばす等の調整はするでしょうが基本的には自分が近づいて普段の打点の距離で打つべきでしょう。


つまり、個人的にはどちらも正解ではなく、考えるべきはボールを飛ばす物理現象とそれを起こすための体の機能や使い方であり、見た目の形を良い悪いと言うことではないということだろうと思います。