lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スイングの安定、正確にボールを捉えるということ (テニス)

ラケットのスイング軌道を安定させるということ

ラケットのグリップの両側を2本の指で持ち、振り子のように振ってみると、ラケットが描く円形の軌道は一定になりますね。

ラケットを振り子のように動かしてみると

youtu.be


一方、ラケットを手で握り、モグラ叩きのように、ラケット面である一点を繰り返し叩こうとすれば振る毎にラケット面がぐらついたり、振り幅が大きくなれば毎回ラケットが動く軌道がブレるのは分かると思います。

モグラ叩きのようにラケット面で一点を繰り返し叩く

モグラ叩きのようにラケット面で一点を繰り返し叩くよう振る

 

ラケットには慣性の法則が影響する

物体には慣性の法則が影響します。慣性の力とは「止まった物体はその場に留まり続けようとするし、動いている物体は運動の進行方向に動き続けようとする」現象です。電車が急に発進したり、急停車したりしたりすると倒れそうになるのでおなじみですね。

テイバックの位置に移動したラケットは、体の回転から始まるスイングにより、体、腕、手と動き、慣性の法則でその場に留まろうとするラケットはグリップ側から手に引かれ動き始めます。

ラケットがその場に留まろうとする力よりも手に引かれる力の方が強いので、両者の力が釣り合った時点でラケットは倒れた状態になり、グリップ側から引かれるラケットは、スイング方向 (グリップ側が進む方向) に対しヘッド側が真後ろから追従する形となります。

ラケットヘッド側はスイング方向に対し真後ろから追従する

ラケットはスイングにより加速する

円運動する物体は中心から距離が遠い程速度が速くなります。同じ角度回転する際、中心から遠い方がより長い距離を同じ時間で移動しないといけないので当然速度も速くなるためです。

円運動する物体は中心から距離が遠い程その速度は速くなる

逆に、中心に近い物体ほど、加速に必要なエネルギーが小さくて済み効率的 (加速させやすい)なので、テイバックではラケットを体に近い位置に置きます。また、ラケット重量を手への負担、筋肉への緊張としないようラケットヘッドは立ててテイバックします。

スイング開始により加速を始めたラケットは、前述のようにヘッド側が倒れ、遠心力によりヘッド側が外側に軌道が膨らむことで、その速度が次第に速くなります。

 

加速したラケットヘッド側は体、腕、手を追い越す

速度が増したラケットヘッド側はスイングの途中で、体、腕、手を「速度的にそして位置的に」追い越すことになります。

加速したラケットは体、腕、手を速度的、位置的に追い越す

 

ラケットのヘッド側が手や腕よりも速度が速くなり、また、慣性の力により自然と前方に進んでいこうとする動きは、体や腕がリラックスしていればこそ機能します。

最初の振り子の例、モグラ叩きの例でも分かるように、人が「ラケットを振ろう」「ラケットを当てよう」とする意識や操作が "本来安定的な軌道を描くラケットの動き" を無駄にしてしまいます。

力を込めてラケットを振っても筋力に依存した速度でしかラケットは振れませんが、正しく体を使いリラックスしてラケットを加速させれば、殆どの人が同様に十分な速度を持ってラケットを振ることができます。

成人男子が120km/h位でボールを投げる能力は持っているとしても、速度が出ない、ホームベースまで届かないのは、体の使い方ができていないのと力で投げようとする意識のためです。

ボールを打つインパクトは "ゴール" ではない

とても重要なことですが、「ラケットを素振りする際と実際にボールを打つ際とでスイング自体は変わらない」はずです。インパクトでボールに当たったからと言って、ラケットが止まってしまったりスイング速度が急激に低下するようなことは起こりません。(金づちで釘を打つのとは違うということです。)

つまり、インパクトとは「テイバックから開始されたスイングがフォロースルーに至るまでの間にある "0.004秒" の時間帯というだけ」と言えます。スイングで得られた運動エネルギーはインパクトによりボールに伝わりますが、インパクト後もスイングは止まらないのでボールへの接触で運動エネルギーが0になる訳ではありません。

もちろんラケットがボールに影響を与えられるのは0.004秒のインパクトの間だけで、接触していないインパクト前、インパクト後はボールには関係ありませんが、スイング中に訪れる0.004秒間の状況を人が意図的にコントロールできるはずはないので、インパクトは意識しつつも考えるべきは「正しく体を使ってスイングを行いそれを完了させる」ということだと言えます。ボールを打つインパクトが目的やゴールになってしまってはダメだということです。

水を汲み上げる器具は同じ軌道を描き動きますが、水を汲み上げることはその一連の動きの中の出来事でしかなく、水を汲んでも、汲んだ水を注がれても、全体が同じ軌道で動きつづけることは変わりません。これに似ているでしょうか。

ラケットをボールに当てる、ボールを打つという意識を無くすのは難しいが

手や足を使ってボールに力を加えコントロールするスポーツと違い、ラケットという道具を使うテニスでは「ラケットを使ってボールを操る」という意識が前提になりやすいです。人が「ラケットの操作が結果に繋がると考える」のも止むをえません。

ただ、人がラケットを動かす、操作することがラケットの安定した軌道に繋がりにくいこと、スイングされるラケットには元々安定して動く"慣性の力" が働くことから、自分による操作の要素を減らし、ラケットを自然と加速させ、本来そうあるように自然と動くようにすることが、スイングの安定、正確なインパクト、ミスの軽減、精神的/肉体的な疲労の軽減などに繋がる要素となると言えます。

まとめ: 必要なことは「技術を高めること」ではない

レベルが高くなり安定してラリーが打ち合えている人は "練習の中で自然とこういった事が身についていたりする" わけですが、これらは練習する中で "自分自身で発見しないといけないこと" な訳ではなく、初心者の段階から教わり理解することができれば上達に無駄な遠回りをしなくてすむはずです。

上達を目指す人が安定してラリーを打つ人達を見て「スイングを安定させ、正確にボールを捉えるのは "技術を高めること" だ」と考えてしまいがちですが、それは誤った認識だと思います。

ただ、テニスを教える側、教わる側の双方が「テニスの上達 = 技術の向上」 という前提に基づいているので、皆が「自分の技術が高くないから安定してボールが打てないのだ」と考えてしまいます。

私は「本来は皆が最初に近い段階から安定したスイングで正確にボールを捉えることができるようになる」と考えています。