読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

中古ラケットを買うのはオススメできるのか? (テニス)

テニスを始める際の初期費用が高い

初心者の方がテニスを始める際。「どうせ続くかどうか分からないから道具を揃えるのに費用はできれば安く抑えたいなぁ。店頭に並んでる新品のラケットは2万円台後半、高すぎるよ。」と考える方は少なくないはずです。

個人的には、ラケットがモデルチェンジしても性能面はほぼ変わらないので、処分価格になっている旧モデル、あるいはメジャーモデルでないことで周りが興味を持たないようなマイナー製品であれば新品でも1万円台後半で買える機会はたくさんあります。

それでも、1万円台後半でも高いと思う人も多いでしょう。

テニスにお金がかかるのは初期費用よりも圧倒的に続けるコスト

テニスを始める際は皆、初期費用に目が行ってしまいますが、ガットの張替えはガットの価格と張り替える工賃で1回5,000円近くかかります。言われる通りに3ヶ月に1回張り替えていくと1年半程でラケット1本分の費用がかかります。

ウェアも3ヶ月も着れば洗濯する中で生地が傷んだり色がくすんできたりしますから買い替える必要があります。安いスポーツウェアやソックスでいい人も居るでしょうがスクールには大勢の人が居るのできちんとしたウェアでないと少し恥ずかしい感じもします。

テニスシューズも毎週通っていれば1年位で足裏のソール部分がすり減ってきます。

スクールに通うのも月1万円以上はかかるでしょうし、外でテニスをやろうとコートを借りるのもそれなりにお金がかかります。出かけるのにも交通費もかかりますからね。

テニスは始めるよりも続ける方がよほどお金がかかるのです。

車を買うより維持する方がお金がかかるのに似ているでしょうか。だから初期費用であるラケットの価格にあまりにもシビアになるのは意味がないとも言えます。

新品の高い最新モデルを買えとはいいませんが、妥協して選んだラケットを買うのならば「テニスが面白い、続けよう」と思えるモチベーションのために、ラケットは "自分が使いたいと思えるラケット、愛着が持てるラケット" を選ぶべきです。

人から勧められた、評判がよかったなどの理由でラケットがガットを選んでいるとその道具に愛着がないので、自分がミスしたこと、上達しないことを道具のせいにしたくなりがちです。それでは上達に繋がりません。上手い人の多くがラケットやガットにこだわりがなく長く同じ道具を使ってることでも明らかです。

中古ラケットという存在

ラケットの話に戻しますが、最初の1本を購入する際、購入手段として「中古ラケット」を思いつく人も居ると思います。


果たして中古ラケットはお得なのでしょうか?


結論を書いてしまいますが、個人的には "中古ラケットはおすすめできません"

 

中古ラケットをオススメできない理由

理由その1: 市場が小さい

中古ラケットの市場規模は新品のラケットに比べれば圧倒的に小さいです。新品のラケットが売れれば中古にもある程度の数が出回るのではと思うかもしれませんが、中古車市場があれだけでの数を揃えられるのは、新車販売の時にディーラーが「下取り」もしくは買い取り業者が「買い取り」として古いクルマをその場で引き取っているからです。また、買い取った車も車のオークション等を通じて中古車販売店で売れるという市場の流れができているからディーラーや買取業者もある程度の値段を付けて車を引き取ることができます。市場ができているわけです。

ラケットを含めて中古品を扱っている業者はいくつもありますが、1社、1社は取扱い規模が小さいです。消費者が新しいラケットを購入する際、販売店が古いラケットを下取りする制度が機能すれば中古ラケット市場に流れる数は増えるでしょうが、販売店が下取りしてもそのラケットを引き受けてくれる先がありません。せいぜい新品の販売の割引特典として引き取り外国の子供たちに譲渡するプロジェクトに乗せる程度です。

つまり、売る側も引き取る側も制度や市場が整っていないので新品のラケットの販売数に相応した数の中古ラケットが流通する形にはなっていないのです。

ビジネスですから儲からないことをワザワザ労力をかけてやろうという会社はありませんから、中古ラケット販売会社は手に入るラケットの中でビジネスをしようとするし、販売店は中古ラケットよりも新品を買ってもらうこと優先しているでしょう。

理由その2: 欲しいラケットが選べない

流通量が圧倒的に少ないですし、中古車情報誌のようにあそこの店にあのラケットのこのモデルが在庫しているという情報を見比べて探すこともできません。

欲しいラケットがあったら常に中古ラケット店の在庫をチェックし続けないといけませんし、欲しいラケットの在庫があってもグリップサイズが違う、モデルが別で重さが違う、スペックが違うというようにラケットを買うという目的のために利用するにはかなり不便です。

20年以上前の貴重なラケットなど「コレクション的にあれば欲しい」といった限定的な用途以外では新品を含めきちんと在庫のある中で選ぶ方がよほど納得して購入できるはずです。

理由その3: 買取価格が安い

これは買う際の要素ではありませんが、1の中古ラケット市場の仕組みが出来上がっていないことに関連します。

使っているラケットを業者に買い取ってもらおうと思ってもどんなに状態がよいラケットでも買取額が上限1,000円程度だったりします。型落ちなら人気モデル以外は "100円" とか、値段が付かないが引き取って欲しいなら引き取りますよといった感じです。

中古ラケット販売を専業にしている所や、最近増えているブックオフ等のスポーツ用品買い取り等ではまた条件が違うのでしょうが、2万円以上したラケットの買い取り価格が1,000円と言われれば進んで買い取りに出す人も少ないでしょう。

ちなみに使っていないラケットを買い取りに出すのであれば、オークションに出品した方がよほど高い値段が付きます。2-3年使ったある程度傷のあるラケットでも6,000~7,000円位の落札価格は普通ですし、現行モデルなら1万円以上の落札も普通に見かけます。それだけ中古ラケットの選択肢がないということです。

理由その4: 販売価格が高い

たまに中古ラケットの新入荷情報がSNS等で流れてくるので見たりはするのですが、販売されているラケットの価格は総じて高いです。数モデル前の型落ちラケットが17,000円位で販売されていることは珍しくありません。この価格なら販売店で1モデル前の型落ちラケットを新品で購入できるはずです。

10年近く前のラケットも販売されており、それでも7,000~8,000円位だったりします。前述の通り、ラケットはモデルチェンジしても機能面が変わる心配はほぼありません。(新モデルの方が強いボールが打てたり、テニスが上手くなったりすることはありません。)

従って10年前のラケットでも特に傷だらけだったり塗装が大きく剥がれているような跡がなければ全く問題なく使えます。でも、10年前のラケットを8,000円位で買うのであれば、1モデル前の型落ちラケットを探して1万円台後半で買う方がよいと思います。メンテナンスの問題が出てくるからです。

理由その5: 交換部品が手に入らなくなる

ラケットフェイス部分には周囲から内側に向けてガットを通す穴がたくさん空いていて、ラケットがガットが擦れて切れるのを防止するため、プラスチック製の "グロメット" という部品がラケット面を取り囲むように付けてあります。

グロメットはガットによってずっと押さえつけらた状態にあるので、ボールを打ったりガットを張り替える度に劣化し、削れたり、割れたりします。

グロメットは頻繁に交換する部分ではありませんが、発売から時間が経つと交換用の部品として手に入らなくなります。

このため、ラケットは問題なくてもグロメットがダメになり、交換しようにも部品が手に入らないということが起きます。グロメットは安い経路でも3,000円以上はしますから、8,000円で買ったラケットも短期間で使えなくなってしまう、或いは数千円払ってグロメットを交換しないといけなくなる可能性があるわけです。

 

実際に中古ラケットを探そうとすることは少ないでしょうが。

このように中古ラケットは市場が整備されていないことでラケットを購入する手段としてなかなか検討できるような状況にはありません。

どうしても安価にラケットを購入したいのであれば、オークションで落札する方がよほど希望のラケットが探しやすく価格も安価に入手できるかもしれません。新品のラケットは偽物含め心配ですが、オークションに出ている中古ラケットは表記や写真等で状態を確認できれば製品については逆に安心感があります。(後で問題になるので、傷の状態はしっかり書くし、よく見せようと嘘をかいたりしないため。)

でも、取引の難しさはあるので、周りにオークションに慣れた人がいれば相談してみる位がいいかと思います。

 

まとめ: (新品で) 欲しいラケット使いたいラケットを選ぶ方がいい

中古ラケット市場が整っていないことと、使うラケットに愛着を持つのは上達のための条件の一つとなるということから、ラケット購入に慣れてない間は、普通に販売店を訪れて、店員さんに色々相談して教えてもらいながら、自分が使いたいと思えるラケットを購入する方が断然よいと思います。

値段が高いと思うかもしれませんが、前述の通り、ラケットを買う費用よりもテニスを続ける費用の方がよほどお金がかかりますから、そちらをどう工夫して続けていくかを考える方がよほど意味があります。 

ラケットを選ぶ第一条件は「使いたい」と思えることです。

初心者用、上級者用、女性用、年配者用、これらの定義付けはメーカーではなく、販売店やマスコミ等が勝手に付けているだけです。

重い、面が小さい、難しいと言われるラケットもごく一部の特別な人達以外は使えないようなラケットをメーカーが販売する訳もなく、多くの人が使える最大公約数の範疇でスペックは決められているはずです。

ラケットの重さは300g程度、文庫本2冊、りんご1個程の大きさです。ラケット重量が20g違っても1円硬貨10枚、100円硬貨なら2枚程の重さです。手にそれらの硬貨を貼り付けてラケットが急に振れなくなってしまうことはないでしょう。

世間で当たり前のように言われているラケット選びの基準より「自分が使いたいと思えるラケットを使うこと」が一番優先されるべきことだと思います。