読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ラケットは『前に向かって』 振るんですよという話 (テニス)

これまでにもラケットをスイングするということと回転をかけることとの関係について考えてきたのですが、自分で考える内容もだいぶまとまってきたように感じているので、改めてまとめてみたいと思いました。

ラケットをスイングする目的

ラケットをスイングする目的は「ボールを飛ばすため」です。

狙った方向や角度にラケット面を向けるためならボレーのように止めたラケットの方が確実です。でも、止めたラケットでは相手コート深くまでボールを飛ばすことは難しいですね。

ラケットの運動エネルギーをボールに伝える

ラケットの持つ運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で計算されます。運動エネルギーを増やすにはラケットを重くするか、ラケットスピードを上げるかですが、ラケット重量を上げるより2乗で増えるラケットスピードを上げる方が効果はあります。

ラケットの運動エネルギーはボールに接触する際に、「ボールスピード」「回転量」に反比例的に分配されます。速度が上がれば回転量は落ち、回転量が増えれば速度は下がります。両方増やしたければ運動エネルギーを増やすしかありません。

ラケットからボールに運動エネルギーを伝える際、必ず「ロス」が生まれます。しなるラケットはボールが離れるまでにはしなりは復元しないので純粋に「ロス」が生まれます。しなる他にもラケットがブレたり振動したりすることでもロスが生まれます。

でも、もっとも大きなロスは「ボールに正確にラケットが当たらないこと」であり、思った方向に飛ばない、回転がかからないといった目に見える影響以外に、そもそもボールにラケットの力がうまく伝わらないという事が起きています。

正確にボールを捉えられない

ちなみに正確に当たらない理由は"技術の低さ"ではなく"体の使い方が悪い"ケースが多くを占めますが、そのことを教わらないので、皆が「技術が低いからミスショットする。技術を高めなければ」と考え球数を打とうとします。でも目に見えては改善せずテニスは難しいから仕方ないと考えます。本来はもっと楽に安定して打てるはずなのですが。

トップスピンをかけて打つということ

さて、フォアハンドなどストロークを打つ際は多くの場合トップスピンをかけてボールを打ちます。

ただ、皆トップスピンをかけて打つ理由を漠然としか理解していません。

今は初心者の段階から「トップスピンをかけて打て」と教わります。トップスピンをかけて打つのは「ボールを操っている」感じがしますから、皆、強くトップスピンをかけて打ちたいと望み、そのための方法や"コツ"を知りたがります。

トップスピンをかけて打つ目的の話に戻りますが、トップスピンをかけて打つ理由は「ボールのスピードが速くなると打ったボールを相手コート内に着地させるのが難しくなるから」です。

コート中央には0.914~1.07mの高さがあるネットがあるため、打ったボールをそれよりも一旦高い位置まで上げ、その後ネットよりも低い位置まで落とし着地させる必要があります。ボールの速度が遅い段階では重力をつかって着地させる方法もありますが、速度が速くなるとそれが難しくなるため、トップスピンをかけてボールを落下させ着地させるわけです。

つまり、ボールスピードに対して着地できるぎりぎりの回転がかかっていればいいわけで、ボールスピードが遅いのに必要以上に回転をかける意味はないということになります。

回転をかけることでボールはバウンド後により高く弾むためボールスピードを落としても回転量を増やすという考え方がない訳ではないですが、ボールをバウンドさせたいのであればボールの軌道を上げる方がより効果があります。また、プロ選手のボールは強い回転によりバウンド後に前進することで打ちづらくなる(ラケットに当たった際に打ちそこねることで "重いボールだ" と感じたりする)現象もありますが、一般のユーザーが打つスピン量ではそこまで効果は期待できません。

ラケットの運動エネルギーを回転に多く振り分ける意味

前述の通り、ラケットの持つ運動エネルギーはボールスピードと回転量に分配されます。ボールスピードを落として回転量を増やしても「ボールスピード = 前に飛ぶ力」ですからボールが前に進まなくなります。つまり必要以上に回転量を増やすことは「ラケットをスイングしてボールを前に飛ばす」という目的から外れてしまうというわけです。

もしネットが無かったならば

仮にコート中央にネットがなければ、皆もっと直線的で速度のあるボールで相手コートを狙うはずです。ネットがあることと、ボールにスピンをかけるという魅力に本来の目的を見失ってしまっていると言えます。

プロのような強い回転がかかりスピードのあるボールは打てない

プロ選手のように強い回転がかかり且つスピードもあるボールを打てればいいのでしょうが、アマチュアには難しいはずです。

ただし、皆が誤解しやすい点ですがそれは「筋力が増せば解消される」問題ではありません。

レスラーのような体つきの方がボールを投げれば普通の体格の人より速度は出るかもしれませんし、バットでボールを打てばより遠くまで飛ばせるかもしれません。でも、それよりも体が細身のプロ野球選手がこの人よりも速いボールを投げ、軽々ホームランを打てるのは筋力量だけではないからです。

速いボールを投げる、バットで遠くまでボールを飛ばすのは腕やバットの速度の速さです。

ただ、ボールを投げる、バットで打つ際の体の使い方を理解していなければ筋力で無理やり腕やバットを加速させているだけで効率的ではないはずです。

つまり、ラケットでボールを打つ際も、ラケットスピードを上げるために筋力を上げる前に、ラケットを効率よくスイングするための体の使い方を学ぶ方が余程効率よく効果がでると考えられます。それに比べれば筋力量を2倍に増やしても増えるボールの速度や回転量は僅かでしょう。

ボールの威力を増すために筋トレをする、体幹を鍛えるという考え方自体、取り組む順番がおかしいし、多分期待する効果も得られないと思います。(体の使い方ができている人なら効果はでるのでしょうが。殆どの人ができていないため効果が出ないという意味。)

ボールを打ち出す角度を理解する

トップスピンの話に戻りますが、本来必要な程度を超えて「トップスピンをかけることがラケットをスイングする目的」になってしまっている人達は、ボールを打ち出す軌道(角度や方向)に対してかなり上向きの角度でラケットをスイングするイメージを持っていると思います。

ただ、ラケットでボールを捉える際、ボールを打ち出す角度、方向に対し、その真後ろから90度のラケット面でボールに当てるのが最も正確にボールを捉えることができます。ズレても5~6度の間にすべきと言われています。

ボールを打ち出す角度に対し真後ろから90度の面でラケットを当てる

ラケットでボールを真上に突く "ボール突き" をする際、皆ラケット面は真上に向けるでしょう。それが最も正確にボールに当てられると知っているからです。 

「インパクトでラケット面を地面と垂直にする」「ボールに打ち負けないようにインパクトでラケット面を伏せる」といった通説や「スピンをかけようと打ち出し角度に対して極端にラケットを振り上げる」ことで、ボールとラケットが接触する際のラケット面は都度変わってしまい "正確にボールを捉えることが難しく" なります。

これは技術が低いわけではなく自ら正確なインパクトを難しくしているわけです。

スイング途中でラケットを上に引き上げる

計算上、ベースライン中央付近からネット中央の一番低い高さの2倍、約1.8mの高さをストロークで通過させるための打ち出し角度は水平から+約5度(4.9度)です。

ネットの2倍の高さを通すストロークのの打ち出し角度は約5度

ネットの2倍の高さを通すストロークのの打ち出し角度は約5度 2

スピンをかけようとそれよりはるかに上向きにラケットを振り上げることが正確なインパクトを阻害するのは容易に想像できると思います。

ナダル選手のストローク練習

ナダル選手のようなトップスピンの強さに憧れ、ナダル選手がラケットを振り上げるフォロースルーをマネする人も多いと思いますが、ナダル選手がボールを打っている様子を後方から見れば、ラケットを振り上げる、振り上げないに関係なく、ボールを打つ際にラケットを振っている方向は「打ち出し角度に向けて」であり、その角度も「水平 +α」といった程度だと分かるはずです。

youtu.be

ラケットがボールに影響を与えられるのは0.004秒の間だけ

ラケットがボールに影響を与えられるのは、ボールと接触しているインパクトの間である0.004秒の間だけです。当然ながら、ラケットとボールが接触していない、インパクト前後の時間にいくらラケットを動かしてもボールに影響を上げることはできません。

つまり、0.004秒の間に「ボールを前に飛ばす力」と「回転を発生される力」をボールに最低限のロスで伝える必要があり、「ボールを前に飛ばす」のがラケットをスイングする目的の多くだと考えるなら、ラケットを打ち出し角度、方向に対し "前に向かって" 振る中でインパクトの0.004秒の間にボールに前向きの回転がかかる力を加えることになります。

また、インパクトの0.004秒の間にスイングしているラケットは約17cm前方に進みます。

インパクトの0.004秒の間にラケットは約17cm前方に進んでいる

ラケットとボールは接触した状態でこの距離前方に進むというわけです。ラケットを前方に向かって振る中でラケットとボールが接触した状態で進む17cmの幅の中でボールに回転をかけることになります。

ボールに回転がかかるのは物理現象

ボールに回転がかかる物理現象が起きる理由は、ボールの一方の端に他の部分に加わるよりも強い力が偏ってかかることです。地面と垂直にしたラケット面を真上に擦り上げて回転をかけるのは(靴のスパイクのように)ボールとラケットが強く接合しないことから効率よく運動エネルギーが伝えられずロスが大きいことは想像にたやすいです。

つまり、前述のようにボールを打ち出す角度、方向に対しその真後ろから90度のラケット面で当てる中で、ラケットを打ち出し方向に "前方に" 向けて振り、インパクトでラケットと接触したボールが17cm進む中で、ボールの上側に偏って力が伝われば、「打ち出し角度が大きく乖離するようなことのないスイング角度による厚い当たりで少ないロスでラケットからボールに前向きに飛ぶ力を伝えながら、回転に必要な力も伝えられる」ということになります。

ラケットを前に振るといこと、ラケットを上に振るということ

ラケットを前に振ることと、回転をかけようとラケットを持ち上げることは、力のかかる方向が違うので両立させることが難しいです。

繰り返しになりますが、ラケットをスイングする目的の多くは「ボールを前に飛ばすため」であり、回転をかけるためにラケットを上に持ち上げるよりも、前に向かって振ることを優先させるべきです。

ラケットを前に振る中でラケットヘッドを持ち上げる

この前に向かって振ることととラケット面も持ち上げて回転をかけることを両立させる方法の一つがインパクト前後で起きる「プロネーション」であり、これはテイバックからスイングが開始される際に自然とおきる「スピネーション」の反動として起きる要素と、速くラケットを振ろうとするとそのラケットの持つ運動エネルギーの大きさを受け止めるためにプロネーションを起こしてフォロースルーを取った方が体に負担がかからないからという面もあります。

フォアハンドのプロネーション

フォアハンド プロネーション

 

フォアハンド 振り始め スピネーション

 

いずれにしても皆が考えがちな「意図的にプロネーションを起こす」というものではありません。

フォアハンドのスイング、プロネーションとトップスピン

youtu.be

 

前方向にラケットをスイングする中で、プロネーションによりラケット面を自然と上方向に持ち上がりますが、ラケットを引き上げている訳でもなく、ボールを飛ばすためのスイングを邪魔する、正確なインパクトを阻害するような大きな移動でもありません。

フォアハンド プロネーションでラケットヘッドが持ち上がる

0.004秒間に17cm動く中で必要最低限の回転を得るには十分ですし、ラケットを引き上げることによるラケットスピード低下も防止できます。ラケットスピードが速いということは回転もかかりやすいということです。

フェデラー選手のフォアハンド

youtu.be