lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

素振りと実際打つのではフォームや感覚が違ってしまう (テニス)

テニスにおける「素振り」

テニスでスイングのイメージを確認する方法としてよく用いられるのが「素振り」です。

素振りには意味がないという人も居ますが、個人的には頭の中でイメージする事と実際にボールを打つ事の中間にあると言える素振りは、イメージを実行する過程の段階として用いる意味はあると思っています。

 

素振りと実際に打つのでは違ってきてしまう

さて、本題ですが「素振りではイメージ通りにスイングができているんだけど、実際ボールを打つ際には素振りのイメージ通りにスイングできない。どう振っているのか分からなくなってしまう。」ということはよくあります。

素振りは色々なショットで行いますが、この感覚的なズレが顕著なのはやはり「サーブ」だろうなと思います。

今回はこのことについて考えてみようと思いますが、そのためには "素振りと実際にボールを打つ際の違い" について考えることがポイントになります。

フォアハンドやバックハンドであれば実際にボールを打つ際に「移動する」という動作が入ることもありますが、サーブは自分でトスを上げて打つので、まだ素振りのイメージに近いスイングがやりやすいはずです。言われれば当たり前のようですが、違いとして当てはまるのあ「ボールを打つ」ということそのものです。

 

サーブを打つということ

サーブは頭上にトスを上げ、顔を上げ空中を見つめた状態で落ちてくるボールを空中の一点でラケットを使い正確に捉えないといけません。フォアハンドでは利き手と逆の手で打点を差し"モノサシ"のように使う事で飛んで来るボールに対する打点の位置をイメージすると言われますが、サーブではトスを上げた後の非利き手をまっすぐ伸ばしたりするものの、その手の位置よりもボールの方がだいぶ上にあるので非利き手を"モノサシ"にはしづらいです。

つまり、サーブはフォアハンド等以上に「人がボールにラケットを当てようとする意識が強くなる」と言えるはずです。これまでにも書きましたが「ラケットをボールに当てようとする意識」「体を使ってスムーズにラケットを"振る"という動作」は相容れにくい2つの要素です。

手に持ったラケットをボールにぶつけるのは簡単ですが、体を使ってスイングを行いながらこの"当てる"という動作を加えると、スイングをする度にその軌道は違ってしまい、人は本来、体を使って安定的に腕を振る(ラケットを振る)ことができるのにそれを邪魔してしまいます。不自然な状態である頭上を見ながら落ちてくるボールに合わせてラケット軌道を作るという状況が更にこの相容れない要素をより難しくします。

 

「ボールに当てるということ」「ラケットを振るということ」を矛盾させないためには?

解決方法としては以下のようなものが考えられます。なお、解決方法と言ってもこれは「素振りと実際にボールを打つ際の差を小さくするためのもの」ではなく、サーブ自体の正しい考え方といったものです。

1)トスを高く上げない。

2)伸び上がらない。ジャンプしない。

3)肘を伸ばさない。腕を伸ばさない。

サーブの動作と共通点があると言われるピッチャーの投球を考えれば、腕をしっかりと振るためには、体の重心が位置する腰付近が地面から遠くなってしまっては地面をしっかりと踏むことができません。

ピッチャーの投球を考える

サーブはジャンプして打つものというイメージを持つ方が多いですが、「空気抵抗や基本等の諸条件を考えないとして、コート中央付近からネット中央の一番低い所を通し、相手コートのサービスボックスの中央付近を狙うとすると、計算上、身長2mの人が回転の全くかかってないサーブ (本来の意味でのフラットサーブ) を打つ場合、センターベルト付近のネットの最上部 (白帯) の上、ボール1個分(約10cm) の空間を "必ず" 通過させないとサーブは入りません。」

lond.hateblo.jp


身長180cmの人が20cmジャンプした状態でその空間を必ず通すのはまず不可能です。(2mの人でも1%も入らないでしょう)

また、これは空気抵抗等を考えない "机上の計算" です。

だから、サーブは100%回転をかけて打たないといけないし、回転をかけないという意味で皆が言う "フラットサーブ" は、上記のラインよりも上向きに打ち出して、空気抵抗等、自分では操作できない要素によって "たまたま失速して" 入っただけに過ぎません。

そんな不確定要素に依存する意味がないので「サーブを打つ」ことは「思うように回転をかけてサーブを打てること」であり、意図的に回転をかけて思った球種、軌道でサーブが打てないのであれば「サーブをマスターできている」とは言えません。

ただ、サーブを練習する殆どの人がそれをできない状況だろうとも思います。

「100%回転をかけて打つ」「思うように回転をかけて打てること = サーブを打つこと」と言ってもそのために必要な知識は教えてもらいませんからね。なお、その知識とは "回転のかけ方" ではありません。全てのサーブで回転をかける訳ですから「サーブの打ち方は1種類」で、そのための体の使い方を学ぶということです。

長くなりましたが言いたいことは打点の高さを出そうと "ジャンプすること" は意味がないということです。

 

ピッチャーが高い位置を狙って投げると考えれば

再び、ピッチャーを例にすれば、ピッチャーは高いマウンドから座っているキャッチャー目掛けてボールを投げますが、キャッチャーのミットが地上2~3mの位置にあると考えた際、その投球フォームは何か変わるでしょうか?

恐らく殆ど変わることはなく、上体の軸がやや上向きになりそれに伴い顔も自然と上がる程度だと思います。

顔(首)だけを上に向けたり、体を反らしたりすることはないです。

狙う的がもっと上、例えば地上5mの位置になったとしても、可能なかぎり上体を反らしたり首だけを上に向けたりすることはしないでしょう。

何故なら、それらはボールを投げるという本来の目的の邪魔になるからです。

的に向かって腕を振りボールを投げるという動作は特別な動作ではなく人が本来持つ基本的な動作だと言えます。

 

同じようなことはサーブにもあてはまる

サーブのスイングが投球動作に近いと考えるのであれば、腰の位置を上げて "腰高" になるのは避けたいし、体や腕、肘などが伸び切ってしまっては腕を速く振ることはできません。

仮に、全くジャンプをせず、ピッチャーのように両足を地面に付けた状態でサーブのようにラケットを振ると考えれば、体や腕が伸び切らない状態で腕を振るためには、スイングした際、ラケットヘッドが通過する位置、つまり打点に当たる位置は、一般にイメージされるサーブの打点の位置よりもかなり低くなることは想像可能だと思います。

前述の通り、トスを高く上げて打点を高くする意味はほぼないので、不必要に低くしない限り、打点の位置はインパクトの形で腕や体が伸び切らず、腰高にもならない高さとすべきです。

そうなるとトスを高く上げる必要にないので、この場合の打点よりも少しだけ高い位置、つまり一般的に考えるトスの高さよりもかなり低い位置に上げることとなります。

 

高く上げるサーブのトスとトロフィーポーズ

なお、サーブでトスを上げる際、高く上げて落ちてくるのを待って打つイメージを持つ方が圧倒的だと思いますが、トスを高く上げるのはマイナス面の方が圧倒的に多いと考えられます。

サーブでは「トロフィーポーズを作る」「トロフィーポーズで停止する」「トロフィーポーズで力を溜める」などと言われますが、ピッチャーがボールを投げる際、一時停止する瞬間はなく一連の流れの中で投球するのを見れば分かる通り、「体を使ってラケットを振りサーブを打つ」という動作に「トロフィーポーズで停止する」意味はないと考えています。

典型的なトロフィーポーズの例

典型的なトロフィーポーズ 後方

典型的なトロフィーポーズ 正面


そう言われてもピンとこないと思いますが、上記で書いたようにジャンプせず腕や体が伸び切らないよう、ピッチャーのように腕を振ってラケットでサーブのスイングをするとして、ラケット面が通過する空間(打点の位置)にボールが停止した状態で止まっている、動かないと仮定すれば、サーブの一連の動作を途中で止める、つまりトロフィーポーズを作る必要が無いのは理解可能だと思います。

腕や体が伸び切らない状態でラケットを振る

腕の各関節が伸び切らないインパクト

構えからラケットを担いたらその流れのままラケットを振ることができるはずです。

つまり、トロフィーポーズはボールが落ちてくるのを待っている時間であり、待つ時間が不要であれば長くトロフィーポーズを取る必要はないと言えます。

物体には「慣性の法則」が働くので、停止した状態の物体はその場に留まり続けようとするので再び動き出す際に大きな力を必要とします。また、停止状態にある体は筋肉が緊張するので再び動き出す際に動作に影響を与えます。トロフィーポーズの停止状態はできるだけない方がよく、そのためにもトスは高く上げるべきではないはずです。

昔風のサーブの打ち方では高くトスを上げてトロフィーポーズを取って落ちてくるのを長く待つ形でしたがトスの高さはプレイヤーの精神状態によっても変わります。緊張した場面ではつい普段以上に高く上げてしまったりしますし、トスというのは目標の無い中で上げますから毎回同じ高さに上げられる保証もありません。プロ選手でもトスを高く上げるタイプのプレイヤーはサーブに課題を持つ選手が多いです。(シャラポワ選手やリシツキ選手など)

つまり、体や腕が伸び切らない、肘にやや余裕がある位の状態でインパクトを迎えられる打点の高さが望ましく、トロフィーポーズで長い停止状態を取らずに済むためにも、トスは高く上げなくてよいと考えています。

 

あなたの考えるサーブのイメージは体の機能面において自然な動きと言えるのか?

ここまで書いてきたことを見返せば、サーブにおけるインパクト付近の体制、姿勢のイメージはだいぶ違ってくると思います。打点の高さのためにジャンプする必要はないし、結果、体や腕が伸び切ったり、腰高になってしまったりしては腕をしっかり振ることはできません。

なお、ボールに回転をかけるためにはボールの下側から上側に向かってラケットを接触させる必要があるので、この点で、(シンプルに言えば) ラケットは上に向かって振られるべきだし、その補助動作といてジャンプするのは意味があります。目的が違うことを理解すべきであり、このジャンプも必須という訳でもありません。

※サーブ後に次のポジションに移動するためにジャンプするという要素もありますが、それは地面から足が離れなくても膝の曲げ伸ばしでも可能ですね。

 

まとめ

さて、本題のまとめとしたいのですが、『素振りと実際にボールを打つ際のイメージが異なる、サーブにおいてその差が大きくなる理由は、ラケットをボールに当てるという意思が働くためで、サーブは他のショットと異なる要素があるためにその差が大きくなる。ただ、それはサーブに対する誤解から生まれるものが多く、ピッチャーの投球の様子などを参考にすれば、本来、サーブで行うべき動作内容は一般にイメージされるそれとはかなり異なっていることが分かる。それを認識した上で、フォアハンドなどと同様、体を正しく使うという点を理解することができれば、サーブは特別なものではなく、初心者に近い方でも回転のかかったサーブを安定的に打てるようになる』といった感じでしょうか。

 

個人的には、一般的に「サーブは難しい」と思われているのは、サーブを打つ技術の難しさではなく、「一般に認識されているサーブに対する理解が実際に必要であろう内容と乖離していることが大きい」と考えています。

 

 

follow us in feedly