lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

自分より上手な人と練習すべき? 上のクラスに上がりたい (テニス)

スクール等でテニスを始めた場合、レベル毎のクラスに所属することになるので、自分と同レベルのメンバー達とレッスンを受けることとなります。ただ、同レベルといってもその中でも幅があり、初心者から将来上達していく過程で見れば僅かな差であっても、その中での上手い下手はあります。

ただ、テニスをやっていてよく言われるのは「練習をするなら自分よりも(かなり)上のレベルの人と練習した方がいい。」ということです。実際に自分よりもそれなりに上のレベルの人と練習をしていく方が自分自身の上達を実感できるのも事実です。

これは、自分よりも上手い人と練習し、自分よりもレベルの高い中で練習をすることで、集中力も高まるし、周りを参考にしたりマネしてみたりする中で自分の技術が自然とひっぱり上げられるという効果が1つ。


もうひとつは、ボールを打ち合う際にも自分が打つボールよりも必ずよいボール (返球しやすい球)、より技術的に難しいボール (物理的に届かない打てないボールをいうものではなく、技術的に高度な対応を求められるのもの) を打つ方が練習の効果が大きいということがあると思います。レッスンの時間中、満足に返球できない人とコーチとそれぞれ練習する事を比較すれば推測できますね。


さてここからが本題ですが、スクールのよくあるケースで「スクールのクラスに所属しておりそのクラスの中では上手い方になった。上のクラスに上がりたいと思っているがが理由は不明ながらコーチがなかなか上のクラスに上げてくれない」ということがあります。自分としては上げて欲しいのに思い通りにならないという多少不満のある状態です。

コーチが上げてくれない理由は、自分が思うほどレベルは高くなく上のクラスに上がる程ではない、或いは上がっても逆に苦労しそうだから、現クラスと上のクラスの構成や人数を考えると多少の無理でも上げるのは難しい、純粋にコーチ毎の判断の違い等々様々です。

ただ、こういう状態では「所属クラスでは自分はレベルは上の方だ。周りは自分よりも下手で参加しても練習にならない」と思ってしまう方 (特に男性) がとても多く、個人的に「自分でそう思った時点で、そのクラスでの練習を "自ら" 意味のないものにしてしまっている」と思っています。実際に練習して得られる効果はあるはずなのに自分自身でその効果すらないものにしてしまっているという意味です。

自分よりも上のレベルの人はいくらでも居るし、自分のよりも下のレベルの人もいくらでも居ます。自分が今どのレベルに居るか周りを物差しにするのは意味がなくて、練習においては、今の自分は何ができるのかを見極めていかしないと、往々にして『上のクラスに上がったは良いが、逆に「あの人下手だから邪魔...」と思われるという、自分が周りに思っていた立場になってしまう』と思います。


上のクラスに上がる上がらないはひとまずコーチの判断に任せて、今の状況の中で、上のクラスに上がっても余裕があるレベルを目指すべきです。

クラスの周囲が自分より上手い上手くない関係なく、自分と同等のクラスに所属している訳ですから、打ち合う際も "相手ががより打ちやすい場所を徹底してコントロールして打つ""相手が打ち損なっても相手が打てる位置に返球する""逆に相手がミスするところばかりを狙って打つ""球種を変える、リズムを変える、タイミングを変える"といったことを考えれながら練習は行なえます。

自分より上手い人と練習したいと自分で考えるように、自分が相手にとってそういう存在になるということです。自分はコーチではないですがそういう練習の仕方はできるはずです。そして正式にクラスを上がれたらそのクラスのレベルで練習すればいいのだろうと思います。

よく、クラスが上がれないでコーチに不満を漏らしたり、周囲に「あのコーチは見る目がない」と吹聴する方もいますが、前述の通り、自身が現クラスの中では上手い方だと思ってるレベルの差は、初心者から、"あの人上手い"と言われるまでを見れば ごくごく僅かな違い でしかありません。

あまり「自分は上に上がる実力があるはずだ」と声高に主張していると、コーチは内心「そんなに言う程、変わらないけどなぁ」と思っているかもしれませんよ。

自分は何をできるのか見ることをせず、周りと較べて良い、悪いと考えること自体に意味がないです。(学校の中で自分は上から何番目だ、あいつよりは上だ、と考えるのと似ているでしょうか。)

テニススピードマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,404円
(2017/2/5 23:12時点)
感想(1件)