lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

Huawei Honor8 Android 7.0 に更新 (ガジェット)

手元のHuawei Honor8ですが、1月にOSの更新を提供予定でβユーザーを募集していたりとか、1/16に更新をリリースしますとか、更新に関する情報は見ていたのですが急がなくてもいいのかなと思っていました。HiCare経由の早期更新提供も発表後に枠が直ぐにいっぱいになってしまったという話でしたからね。(見てみたら実際にそうでした。)

ただ、1/16の夕方に別件でHiCareを立ち上げた際、試しに更新申し込みを見てみたら即時適用される感じになっていた (更新が進んで枠があいたのかも)ので、時間もあったので更新してみました。

Honor8 Android7.0 更新 通知


ダウンロード + 更新で 30分位かかった気がします。
設定系UIのベースカラーが黒に変わり更新時の表示もかなり印象が変わりました。

更新完了。

Honor8 Android7.0 更新 完了 トップ


Honor8 Android7.0 更新 バージョン表示


取り敢えずインストールしているアプリは問題なく動くようでした。

ただ、そのまま使うのは気持ちが悪いし、要らないアプリを整理するつもりで、必要なバックアップや移行のための準備を行い、一旦初期化して再セットアップすることにしました。

何度か経験したのでAndroidでの移行の方法もだいぶ手慣れてきました。

設定画面のメニューが色々と項目が増えててますね。

Honor8 Android7.0 更新 設定画面


タスク切り替えが縦スクロールになったのは見やすい半面、選びにくくなった印象ですね。
Honor8 Android7.0 更新 タスク切り替え


通知とショートカットが縦に並ぶ形になったので開くのに気を使う必要はなくなりましたが(開きやすいし、全てのショートカットが一度に開けるので個人的にはこちらの方が好き)、通知毎の区切りが見づらく、アプリ名を表す字も小さいので区別はしづらくなった感じはします。

Honor8 Android7.0 更新 ショートカット


話題になってるバッテリーの持ちですが同じように使っていても6.0の時よりもだいぶ消費が激しい印象です。(1.5倍速位の感じで減っていく...) ただ、OS更新だけしたのであればアプリに対する各種設定が引き継がれあまり変わらないと感じるかもしれません。今回は端末を初期化したのでその辺りの条件が違います。6.0で色々設定したメニュー(バックグラウンド起動許可とかバッテリーの最適化を無視とか)と入り口が変わっているようなので調べながら設定していきたいと思います。(Facebookアプリが面倒くさい。。)

Honor8 Android7.0 更新 バッテリー


5GHz帯で80MHz幅に設定していても200MbpsでリンクしていたWi-Fiですが、取り敢えず433Mhzではリンクするようになりました。確かにWi-Fi通信時のレスポンスも速くなった気がします。

Honor8 Android7.0 更新 Wi-Fi


Honor8で弱いと言われていたBluetoothですが、7.0に更新してから以前よりも音が途切れる距離が長くなった気がしますし、外出中ずっと聴いていても音が途切れたり不安定になったりすることがなくなった気がします。Wi-Fi同様改善が入っているのかもしれません。

前提的な印象では、アプリを色々使っている訳ではないので気がつく不具合的なものはないですが、NOVAランチャーがメニュー切り替えの時の多少バタついたり、描写が一瞬追いついてないのが気になる位ですかね。全体的な画面の描写がよりスムーズに速くなったように感じます。アプリによっては最近機能変更しているものもあるので7.0を見越して修正を入れたのかなとも感じます。(6.0と7.0で動作が違って見える)

後、ツインアプリ (同じアプリを2つ入れてアカウント毎に使い分ける?)があるので、何かのアプリで試してみようかなと思っています。