lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

初心者がネットでメンバー募集しているようなテニスサークルに参加する (テニス)

これまで何度も書いているように初心者の方がテニスを始めるほぼ唯一の選択が「テニススクール」だと思っています。

テニスを教えるにはノウハウが必要でそれがコーチという商売になる位だからです。

テニスがすごく上手な人でも、テニスを人に教える方法について学んだ事がない人は、人に教えることは無理だと思います。よくテニス経験のあるお父さんがお子さんにテニスを教えようとするというケースがありますが、まず100%うまくいかず、お子さんはお父さんに教わることに疑念を持つし、お父さんはお子さんがうまくできないことで焦り、お互いに気まずくなってしまいます。 でもそれは仕方がないことです。

 

最初にスクールが唯一の選択肢だと書きましたが、よく話に聞くのが「インターネットにテニスのメンバーを募集する掲示板があると聞いた。そこでメンバーを募集しているグループに参加するのはどうか?」という質問です。

これについて、まず、ご自身がテニスを上達したいと思っている初心者で、かつ "男性" ならそのアイデアはかなり現実味がない と言えます。

ネットに限らずメンバー募集をしているテニスサークルの多くは、ある程度テニスが上手い男性グループが主催しており、募集しているのは "女性メンバーのみ"か、男性を募集していても "男性は中級レベル以上" とかだったりします。初心者の男性が入れるグループは殆どありません。

仮にそういったグループに入れたとしても、初心者の男性は自分ひとり、前述の通り、指導経験のある人でなければ初心者を上達させることは極めて難しいので、上手いメンバーも上達に関心の薄い女性メンバーの練習相手をするのがせいぜいです。(※偏見ではなく、そういったグループに入る女性初心者は友達からの誘いからだったりで自ら申し込んでいないため上達したいと強く思っていない事も多いです。だから毎回誘われるのがシンドくて来なくなってしまうので常に女性メンバーを募集している流れですね。)

従って、まず考えるべきは「自分のテニスを上達させること」です。

上達したいからテニスサークルに入りたいのに、テニスが上手くないと入れないのかと思うかもしれませんが、自分がある程度テニスが上手いとして、わざわざコートを取ってテニスをやる機会を設けているのに、ボールを満足に打ち返せない人の相手をし続けるのはシンドイですよね。少なくとも、自分よりも上手い人とテニスを楽しみたいと思うはずです。それでお金をもらうのがコーチという職業ですからね。

なお、稀に、自分でコートを取り都度メンバーを集めて自分がコーチ役として教えている方が居ますが、単にボールを打ちたい人ならともかく、そこに参加しても上達することはないと思います。失礼ながらコーチを職業にされる方なら自分の技術を非公開で安売りするようなことはしないと思うので一般の方が個人でやっているものでしょう。繰り返しますがテニスを教えるにはノウハウと平準化された知識も必要で個人の経験を教え込むのはマイナス面も大きいです。

仮に、テニスサークルへの参加を考えるのであれば、若い方から年配の方まで男女問わず幅広い層が参加しているグループかなと思います。極端に上手い人がいない半面、初心者に近い方も参加できる懐の深さがあると想像します。年齢、性別がバラけているということは特定のメンバーの都合で急に活動中止になったりする可能性が低く、地域性もあり長く運営も安定している可能性が高いはずです。(テニスサークルの一番の懸念点はとにかく活動が続かないことです。コートを取り人を集め続けるのは本当に大変。)

ただ、いずれにしても、テニスサークルに参加して上達を目指すのはほぼ無理だと思うので、まずは普通にスクールに通うことを考えるべきだろうと思います。

ただ、テニススクールは「テニスを教えてくれる所」ではなく、「ボールを打つ機会を提供する場所」という側面が強いのは通う前に十分認識しておくべき事です。最低限、ボールを打ち合える所までにはなれても、それ以上の試合で楽しくプレイができたり上手い人達とボールが打ち合えたりできるレベルになるには自分で工夫しないと行き着けません。通い始める初心者の多くは「お金を払っているのだし、教えてもらえるだろう」「コーチに色々教わろう」と思っていますが3ヶ月も経たない内に「何か思ってたイメージと違う」と気付き上達しない事に悩み始めます。


これは英会話等と同じで、英会話スクールに通い週1~2回の授業を受け英語で簡単に話すだけでは日常会話ができるレベルにはまずたどり着けないのと同じです。

努力という言い方が適当かわかりませんが、自分なりに上達するための方法を調べ考えて計画的にやっていく事が絶対に必要となります。

話が反れましたが、メンバー募集をしているテニスサークルの多くは「教えるノウハウという面ではテニススクールと比較にならないし、同じボールを打つ機会を得られるという面でも、設備、ボールの数含め圧倒的に劣る」環境でしかありません。

参加を考えるのであれば、"上達を目指す" のではなく、ボールを打つ機会を増やすため、そして、同レベルの人と打ち合う機会を得るためと考えるべきだろうと思います。そしてまずは自分のテニスを最低限ボールを打ち合えるレベルまで上げる方法を考えましょう。そのためにはベストではないですが唯一の選択肢と言えるテニススクールに通うことを考えることかなと思います。

テニススピードマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,404円
(2017/1/17 07:36時点)
感想(1件)