読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ボールの後ろに入る、ボールの後ろから入るという表現 (テニス)

テニス

ボールの後ろに入る、ボールの後ろから打点に入る

飛んで来るボールに対して、ボールを打てる位置に予め移動しておく際の位置関係を示すために使われる言葉に「ボールの後ろに入る」「ボールの後ろから入る」という言葉があります。

前者は飛んでくるボール軌道の延長線上に位置を取るという意味、後者はボールが空中に停止していると仮定してそれに対する位置関係と近づき方を言っている感じかなと思いますが、「コツ」と同じで、既にできている人には納得感があってもこれから学ぼうという人にはイメージ的で分かりづらいですね。ボールをどういう風に見て言っているのかわかりません。

今回はこの表現についてですが、これらを分かりやすく説明するものではありません。そもそものボールに対する自分の位置について考えてみようと思っています。

1. ボールは体の正面で捉えるという前提

過去にも書きましたが、フォアでもバックでも、ボールを打つ際に人は「自分の体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩のよりも前に腕がある状態でボールを打つ必要があります。

体の正面且つ肩よりも前に腕がある

押し相撲をする際に両手を左右に大きく広げた状態ではうまく押せませんよね。ボールを投げる際もリリースするのは体の真横ではなく肩よりも前に腕が来た後です。
 

インパクト体の正面且つ肩よりも前に腕がある

よく言われる「体が開いた状態」や、逆に体をまわさなかったり、腕中心の操作でラケットを振ったりすると、この空間の外側でボールを打つことになり、ボールにうまく力が伝わらないし、体の構造に無理が生じるので安定してボールに当てられません。

ただし、気をつけるのは、この状態に体を向け、腕を位置させないといけないと考える必要はないということです。ピッチャーがボールを投げる際、「体をいつ、どのように回転させ、腕がこの位置に来たらボールを離す」と考えないように、この体の向き、腕の位置を作るのは人の意識ではありません。正しく体を使えれば人の体は自然と力が出しやすく楽に打てる打ち方をするということです。

補足: 厚いグリップで体を大きく回転させながら打つタイプの打ち方があり、その場合、インパクトで肩の横付近に腕が来たりします。これは、ラケットを加速させることより、自身の回転を重視した打ち方になります。どちらが正しいとかありませんが、現代的なフォアハンドは前者を重視しているだろうと個人的には考えています。

2. 無理なくスイングできるだけの空間、自然とボールに当たる距離感が必要

ボールは自分に向かって飛んで来る訳でもないので、毎回、ボールを打てるだいたいの位置を予測し、予め自分からそこに移動しなくてはいけません。

その際の位置の目安、その位置への近づき方として「ボールの後ろ」と言われる訳ですが、考え方としては、「その位置で実際に自分がラケットをスイングする。ボールに当てようとするのではなく、素振りのように無理なくスイングができ、ラケットを振った結果、ラケットが通過する位置にボールが来る位置」が、予め自分が移動しておく位置の目安となります。

鈴木貴男選手の解説

youtu.be

youtu.be

ラケットを加速させスイングできるだけのボールとの距離感が必要とおっしゃっていますね。自分が位置する場所を見ると、インパクトの形で体の正面にボールが来る位置に居るのが分かると思います。ラケットを振り体は回転しますが、インパクトの状態でこの位置関係にできる場所という意味です。

踏み込みながら打つということ

なお、正確にボールを捉えるためには「止まった状態でボールを打つ」必要があります。予測が遅れてボールを追いかけながら打つのはもちろん、テニスでよく言われる「踏み込みながら打つ」という表現もラケットがボールに当たりにくくする要素です。

野球の右ピッチャーがボールを投げるのは、踏み込んだ左脚の上に体の軸が乗った後で、右脚から左脚に軸が移動している間ではありません。バッターがボールを打つ際も体の軸を移動させながらより、右脚上、左脚上、中央、いずれか軸が止まった状態で体を回転させて打ちます。体の軸が動くということは頭の位置が動くということですから、視線がブレ、飛んで来るボールの位置を正確に認識するのが難しくなります。

スクエアスタンスにおける体重移動は「軸移動」では?

オープンスタンスであれば前後方向への軸移動は発生しませんが、初心者が最初に習うスクエアスタンスでボールを打つ際は、右利きなら、踏み込んだ左脚上に体の軸が乗った状態、後は体を回すだけという状態でインパクトを迎える必要があります。

スクエアスタンスでは体の構造上この軸の移動が必須になると考えています。「踏み込みながら打つ」「体重をぶつけるように」「体重移動して打つ」と言われるのは、体を回転させる都合上、体の軸を前側の脚の上に寄せる必要があるということです。重い扉を全身で押す場合、最初から、体の軸は扉の近くで一方の脚の上、片方の脚は後ろにしますね。それと似ています。前側の脚に体の軸が移った後にインパクトを迎えるようにと言われると、カクカクとロボットのように体を動かしてしまいそうですが、「体が止まってから当たる」と考える位でいいと思います。

3. 体の回転とボールを正面で捉えるということ

2のボールに対する位置関係の考え方と待ち構える位置への近づき方は「ボールの後ろから入る」という説明の際に言われることがあるので、なんとなく分かる人も居るかもしれません。ただ、実際には移動をした後にラケットをスイングするという動作が入ります。ボールとの位置関係を説明される際に移動とスイングとの関係性について触れられることは少ないと思います。

例えば「ラケットをスイングし、自然と腕が伸びた状態でインパクトを迎えられる位置に予め移動しておくというのは分かった。でも、ボールに対してテイクバックでは横向きになりスイングに伴って体を回転させていく。その際、"体の正面" はボールに対して90度からボール方向にどんどん変わっていく。その中で「ここがインパクトの位置だ」と決めるのが難しいのではないか」といったことです。

ここで1の最後に書いた「体の正面でボールを捉えるというルールは意識して作る必要がない」という話に戻ります。

人の体はよくできているもので、全ての動作は関節の連動で実現されます。一言で「体を回す」と言っても足首から頭の先までにある関節の連動のさせ方で「回転の内容」が変わってきます。

ラジオ体操第二に「体を捻る運動」というのがあるのが分かるでしょうか。

youtu.be

頭まで回転させる大きな動作と、顔は正面を向けたまま腕だけを振っている動作がありますね。後者は腕だけの動きに見えますが、実際には腰から肩までの動きは前者と変わらず肩も回転しているのが分かります。

この「顔を正面に向けたまま体を捻る」という事が「スイング中に頭の位置をブラさない」「体の正面でボールを捉える」という事に繋がります。

ボールとの距離や位置関係を把握するのは両目からの情報

テニスで、飛んで来るボールの位置関係を把握するほぼ唯一の手段は両目から情報です。ボールを追う際、ボールを打つ際、頭の位置が動く程、正確にボールの位置を把握することが難しくなりますし、視線が動いたり、体が傾いたりした状態では、相手の位置や狙う場所なども把握できなくなります。

現代的なフォアハンドでは「体を捻ってテイバックし、それを戻すに伴ってスイングする」と言われますが、体を捻り戻す際に、ラジオ対応の大きな捻る動きのように頭のまで回転させてしまっては視線がブレてボールの位置を把握できなくなります。従って、顔は常にボールに向けて顔の正面でボールの位置を捉えながら、股関節から肩までを捻ってテイバックし、そこからスイングする ということが必要となります。

フェデラー選手のフォアハンド練習

youtu.be


「フェデラー選手のフォアハンドは、ボールを打った後も打点を見続けている、いわゆる顔を残す」ことでインパクトを正確にする効果がある」とよく言われますが、私の認識は少し違います。

フェデラー選手は "常に" に顔を向け両目で見ている 

フェデラー選手は "常に顔の正面でボールを見続けています。" 相手が打つボールを見る際、ボールを追う際、ボールを打つ際も。それが「顔が残る」と言われることに繋がるのですが、フェデラー選手としては「顔を残そう」と考えているというより、「常にボールをしっかりと両目で見続ける」という意識から生まれたものだと思っています。

因みに、スロー動画を見ていると、フェデラー選手はフォアハンドのミスショットが少なくありません。フェデラー選手に限ってそんな事あるはずないと思われるかもしれませんが、練習中にボールに当たった後にラケットがグラグラと波打ったりするケースを良く見ます。試合中はものすごい集中力でミスショットを防いでいるように感じますし、ミスを防ぐためによりボールを見るようになったのではないかと思ったりしています。フェデラー選手が速い展開が多く余り長いラリーを続けないのもこれが関係するのかもしれません。


「ボールをしっかり見ろ」
は集中力散漫な方への注意のように言われますが、コート上にあるボールを常に、顔の正面で、両目でしっかり見続けているかと言えば、多くの方はできてないと思います。ボールを正確に捉えるための最低限の事柄であるにも関わらずです。

スイングにおける体の回転とボールとの位置関係

話を戻しますが、飛んで来るボールに対し、顔の正面、両目で捉え続け、体の中心軸(体の正面)を動かさないように体を捻りながらテイバックをする。体の捻りを戻しながら、リラックスした状態でラケットは加速しながら、腕の操作と関係なく前に進んでくる。当てようとする操作ではなくラケットが通過した位置がインパクトの位置になる。という流れです。

体をひねるテイバック

テニス フォアハンド スイング

テニス フォアハンド スイング ラケットヘッド 前方へ

テニス フォアハンド フォロースルー


一見難しそうですが、前述の「ラジオ対応の腕を振る動作を意識的に行うことはない」ですね。体がこれだけまわったから腕をこれだけ動かそうといった操作のことです。同様に、ポイントさえ気にして体を動かす確認を続ければ、特別な動作ではないので、意識せずにできるようになります。

全身ではなく、部分的に体を捻るので大きなテイバックは取れないようになりますが、逆に、小さなテイバックで瞬間的にラケットを加速させる方がボールに近い所から振り始める事ができるのでボールに当たりやすくなる効果もあります。

まとめ: 「ボールの後ろ」とはイメージしやすいように表現した例え。その言葉の意味ではなく、それを表している内容を理解する。

少し、情報量が多くなってしまったので分かりづらい説明になったかもしれませんが、「ボールの後ろ」と言われる説明の裏には色々な要素があります。ボールの後ろとは聞いた側が画像としてイメージしやすいよう表現したにすぎません。考え方によってボールの後ろは変わります。その言葉の意味を表面的に考えるのではなく、その表現がイメージとして理解できる条件をきちんと考えてみると理解できるようになるのかかと思います。

人は自分の持つ知識の中でしか理解ができないので、知識を増やすことが見聞きすることが正しいのか、どう意味があるのかを考えることを助けます。