lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

アンディ・ロディックさんの黒塗りラケットは?? (テニス)

アンディ・ロディックさんと言えば、2016年12月にジョン・マッケンローさんが「アンディは34歳でロジャーよりも若いくらい。今すぐ復活してもTOP20に入れる肉体を維持している」とコメントしたように、年数回、テニスイベントに参加している中で周りとは桁違いの強さを発揮しています。

en.yibada.com


今回は、今更ながらですが、アンディ・ロディックさんの使っている黒塗りラケットについてです。

2016年1月のPowerShares QQQ Cupでの写真

ロディックさんは2012年の引退以降もバボラで名前を冠したラケットが発売されていた関係か、2014年までは同社のラケットを使用していましたが、2015年からは黒塗りのラケットを使用しているようです。

このタイミングは現行のPUREDRIVEがリリースされ、製品からロディックさんの冠が取れTOURの名前になったタイミングと一致しますね。契約終了になった(した?)と考えていいと思います。

さて、使用中のラケットですが、形状から見てヘッドのラケットではないかと思っています。

スロート内側の3箇所の接合部の形状、ラケットフェイス内側とスロート内側が微妙に三角形に盛り上がっている辺りを見ると、グラフィン以降のラジカル、スピード、インスティンクト相当あたりかなとも思います。

スロート部にあるグロメットの膨らみが3つで、ヘッドの主要ラケットで3つなのは、インスティンクトとスピードのMP等で、ラジカルとスピードPROは4つなのです。スピードにしては面サイズが小さい気もしますがラケット面上側より下側の方が気持ちすぼまって見える(上下が同じオーバルではない)のがスピードっぽくも見えます。

もちろん、現ヘッド契約の各選手が使っているラケットはデザインと中身が合っていないし、ラケット自体も市販品とは全く別物だろうとは思います。

見た目の印象を総合すると、フレームの接合や形状はラジカルっぽいけど、全体のフォルムはインスティンクトかスピードMPっぽい、でも面サイズは小さめ(95インチ位?)に見えるという感じでしょうか。 

ピート・サンプラスさんも未だに黒塗りのラケットを使っています(恐らく中身はバボラのピュアストーム or ピュアコントロール辺り)

 長期契約を結んでいたようなレジェンドは引退後も他メーカーのラケットを正式契約して使うのは難しいのかもしれませんね。

New INSTINCT 2017 インプレ動画

youtu.be