lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スピンサーブの打ち方って何だろう? (テニス)

テニスをやる人にとってサーブは難しいですね。6.4x4.1m四方ほどのサービスボックスに必ず入れないといけないし、ある程度速度もないと相手にリターンから攻撃されてしまいます。2回失敗すれば失点ですから試合を左右するような場面でのセカンドサーブは尚さら緊張します。


でも、言い方を変えればサーブを入れること自体は難しくありません。要はサービスボックスに入れればいいわけで、そのために必要なものは安定したボールの軌道だけです。サーブを入れるのを難しくしているのは多くは "自分の意識" です。失敗したらどうしよう、負けたくない、強く打たないと、入れないとという意識がボールの安定を阻害します。(残りは自然現象や緊張など。緊張は無くすことはできないので自分に対する自信と慣れで緊張が生じる平均レベルを下げるしかありません。)


サーブでよく聞く話としては「ファースとは速いサーブ、セカンドは回転をかけて確率を上げる」という表現ですが、ここから皆がイメージするのは「ファーストは"フラットサーブ"、セカンドは"スピンサーブ"」というものです。(スライスサーブは応用?)


何度か書いていますが、計算上、身長2mの人が無回転のサーブを打つとして、コート中央からネット中央の一番低い所を通したとしてもネットの上ボール1個(10cm)程の空間を必ず通さないと入りません。空気抵抗などの条件は完全に無視した場合の話ですし、180cmの人が20cmジャンプしながらその精度でサーブを打つのはほぼ無理です。

lond.hateblo.jp


つまり、回転をかけないという意味で皆が言う「フラットサーブ」は、これらより高い角度で打ち出して、自分がコントロールできない要素である空気抵抗や重力により「勝手に失速してたまたま入っている」に過ぎません。

このことが全てのサーブは回転をかけて打たないといけない根拠になり、「サーブの打ち方をマスターする ≒ 回転をかけて打つ技術を持つ」ということになります。


それでは、今回の本題であるスピンサーブについて考えます。ただし、スピンサーブの打ち方の話ではありません。ご了承ください

まず、考えてみてほしいのが「スピンサーブとは何か?」です。

「縦方向の回転のすごくかかったサーブで弧を描いた軌道で飛んでいきネットを越しやすく、コートにバウンドした後に高く弾むサーブ」という感じでしょうか?

では、その打ち方について、男子プロ選手の殆どは「スピンサーブ」を打つと思いますが、皆、打ち方やフォームは同じでしょうか?  多分、選手それぞれ打ち方が微妙に違うと思います。

何を言いたいかというと「スピンサーブは球種のことだ」、「その定義はすごく曖昧だ」ということです。

フォアハンドのトップスピンの打ち方が「こうやって打たないと絶対にトップスピンは打てない」とは決まっていないのは理解できると思います。回転がかかればスピンはかかるので人それぞれ打ち方に違いがあります。

ただ、ことサーブの話になると「フラットサーブの打ち方」「スライスサーブの打ち方」「スピンサーブの打ち方」と皆が決まった(ように見える)打ち方を再現しようとします。しかし、前述の通り、これらは球種の話であり、打ち方は決まっていないのです。

何故こういうことが起きるのかというと "サーブを理解するのは難しい" からです。

ここで注意すべきは「習得が難しいわけではない」ということです。「教えること、理解することが難しい」ということです。

数多く球数を打つフォアハンド等に比べ、サーブの練習時間はそれらの10分の1位だったり、教わる際も、形を教わったら、後はとにかく実際打ってみてくださいという流れだと思います。

トスするボールを打つのでボールが体から離れている分、ラケットを正確に当てるのが難しいという点はありますが、フォアハンドもサーブも「利き腕でボールを打つ」という点が共通するため体の使い方が全く違う訳ではないのです。

ただ、サーブを教えるのが難しいことから「打ち方を1つに絞り込んでそれをマネさせる」という指導方法が一般化していると思っています。

フォアハンドで言えば、真後ろからまっすぐ打つフラットを基準にすれば、インパクトでボールの上側により力がかかればトップスピンがかかり、ボールの下側により力がかかればスライス回転がかかります。スピンとスライスの打ち方と言われるものはそれらを再現しやすくするために動きを強調しだだけでインパクト前後に働く機能は変わりません。

サーブにおいても、フラットサーブもスライスサーブもスピンサーブもボールに対する当たり方によりボールに伝わる力が部分的に偏る(右側が強ければ横向き回転で左に曲がり、上側が強ければ前方向に回転する)だけです。

ボールに伝わるラケットの運動エネルギーは、"1/2 x ラケット重量 x スイングスピード^2 (2乗)" で表せますが、これにラケットの当たり方が加わり、ラケットの運動エネルギーが「ボールスピード」と「回転量」に反比例的に分配されます。

前述の通り、無回転のサーブは入りませんし、運動エネルギーの殆どを回転に割り振ってしまってはネットまでボールが届きません。このため「30~65%位の幅で回転をかけたサーブを打つ」というように考えるのが正しいと言えます。30なら回転量は抑えめで速度が速く、65%なら速度は抑えめで回転量が多いと言えます。当然、30~65%の間には回転量が違うサーブが1%刻みで存在し、また、回転をかける方向の違いで曲がり方も変わります。

全てのサーブは回転をかけて打つ、1%毎に回転量や回転方向を変えて打つと言われると、サーブを教わる際に言われることと全く話が違うので、よく分からないし、難しそうと思われるかもしれません。

ただ、シンプルに言えば、サーブの打ち方は1種類、体の使い方も1種類、セカンドだからとスイングスピードを落として入れる必要はなく、確率を上げたければ、スイングスピードはそのままでラケットの当て方により、速度より回転量に多くの運動エネルギーを割り振ってやればいいということになります。

3種類のサーブの打ち方を覚えることと、1種類で回転量を調整して打つのとどちらが分かりやすいと思うでしょうか?  緊張する中、ファーストサーブと違う球種をセカンドサーブで打つのは1回目と同じです。同じサーブで回転量が違うだけなら2回目と言えます。

一般的なサーブの指導では、というかボールを打つというショット全てにおいて、「ボールに力を伝えるという意味」と「そのための体の使い方」について説明される機会は殆どないと思います。

そのことで、本来「サーブを打っているのは自分であり、自分がどう体を使ってボールに力を伝えるか」と考えるべき所を「サーブの打ち方をマネする」「回転をかけるコツを考える」という遠回りな方法でしか、サーブの上達を目指せなくなっています。

繰り返しになりますが、今回書いたことは、普段サーブの指導で教わる内容と全然違うと思いますが、その指導の中で "多くの人が" 速度と回転を備えたサーブを打ててない訳ですから、サーブが上達しないのは自分のセンスに問題があるとというより、教わる内容に問題があると考えるのは自然だと思います。(自ら考えようとせず常に受け身で、教えるコーチの腕が悪いからだと言う人は論外ですが)

これだけ長くサーブの指導が続いている中で、回転をかけるサーブの打ち方が明確に決まっているのであれば、スクールで教わる中で、皆が同じようなフォームで同じように回転のかかったサーブが打てもおかしくないでしょう。私は「サーブは難しい」という一言でその問題点が隠されてしまっているように感じています。