lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ATP動画: 錦織選手のオフシーズントレーニングに密着 (テニス)

男子プロテニスツアーを運営するATPが錦織選手のIMGアカデミーでのオフシーズントレーニングに密着した動画を公開していました。

youtu.be

たまに日本のTV局が密着VTRを作ったりしますが、NHKの関係者の方や記者の方がインタビューに応えているのがATPが作っているからならではでしょうか。

少しインタビュー内容を拾うと。

日本ではテニスはメジャースポーツではない。だが、錦織選手の活躍により子供たちはテニススクールに通えなくなった。理由はどこもいっぱいだから。それほどの人気だ。IMGでは常に10社以上のメディアが密着している。(NHK)

テニスをしていない時間もどこにいってもメディアが密着している。彼は有名人だしそのことも彼は十分理解している。(ダンテコーチ)

大変なシーズンになると思うからオフコートでのトレーニング、練習をダンテコーチとたくさん行った。ダンテコーチは常に試合に移動に帯同しチャンコーチはいくつかの大きな大会に帯同する。(錦織選手)

チャンコーチとは常に連絡を取っており、彼の「OK」の一言が頼りになる。(ダンテコーチ)  

二人とも経験豊富だ。ダンテコーチは全ての選手を知っていて、よい結果を出すために何をすべきかも知っている。チャンコーチは長い間トッププレイヤーだった経験と知識があり今自分にアドバイスをくれている。(錦織選手)

オフコートのトレーニングは2時間を2回の4時間行い、日によっては1時間半から2時間多く行うこともある。(錦織選手)

よりアグレッシブなストローク、よりよいサーブ、精神面ももう少し強くならないといけない。(錦織選手)

2年前は皆がパワーが足りないと言っていたがサーブはどんどんよくなっている。(NHK)

2回のマスターズファイルナルと銅メダルなど2016年はいい年だった。(錦織選手)

試合中、試合前も緊張はあるが自分自身のプレイを考える。常にポジティブな選択肢を考え、その瞬間を楽しむようにしている。マスターズとグランドスラムを取るのが次のゴールだ。(錦織選手)


錦織選手も含め4人の出演者が立ち代わり話すので内容を表すのが難しいですが、怪我への対策と高い結果を出すためにハードなトレーニングを続けてきており、プレイの力強さはもちろん、チャンコーチの影響でメンタル面も強くなってきている。ダンテコーチは常にサポートしている。2016年はこれまでのキャリアでも高いレベルでプレイができたが、更に高いゴールを目指しているという感じでしょうか。

このVTRだけの特別な話というのはなく、ごく一般的な話でしたが、変に大衆向けに湾曲されたヒーロー像を見せようとする日本のTV番組よりも好感が持てます。ATPツアーにおいて錦織選手は上位選手の1人にすぎない訳ですからね。ただ、ATPに単独で密着されるということはそれだけ結果を出しており評価されているということだろうと思います。