lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ラドバンスカ選手のラケットがスリクソンに!! (テニス)

新しいシーズンに入り、選手の使用ギアの契約も色々変わっているようです。

海外のテニスニュースを見ていたら、 現在、女子世界3位である超軟投派(海外ニュースでは"忍者"とも)、アグネツカ・ラドバンスカ選手のラケットカラーがこれまでの青ではかったので、調べてみたら契約が変わったようでスリクソンになってました。
(ニュースではno more babolat の文字も...)

スロート付け根部分の形状を見るにバボラのペイントジョブではなく、実際にスリクソンのラケットを使用しているようです。

カラーが現行ラインナップにない色ですがですが、バボラではビュアドライブライト相当を使っていましたし、スロート部に僅かに白色がある所を見るとスリクソンで言えば、REVO CV5.0相当だろうと思います。 

www.srixon-tennis.com


CV5.0を使用するプロ選手はザリーナ・ディアス選手が居ますが、昨年、手術をしての復帰待ちですし、ラドバンスカ選手の方がランキングでもはるか上です。というか、現契約選手では男子のアンダーソン選手より上な最上位選手ですね。

youtu.be


ラドバンスカ選手は長くバボラを使っていましたが、ボールの強さよりタッチを重視する選手ですし、こだわるとしてもガットやテンションで性格的にもラケットは余りこだわる選手ではないような気もします。だからペイントジョブではなくいきなり変更できたのかもしれません。

これでまたバボラは主力アイコン(広告塔)を失いましたね。ただ、現在世界4位のドミニカ・チブルコバ選手がダンロップからバボラ(ピュアドライブ)に変わっているのでスリクソンとダンロップの違いはあれど互いに選手交代の図式にはなっています。ただ、ランキング以上にラドバンスカ選手の方が変わったインパクトの方が圧倒的に大きいですね。(ラケットが変わることはあまりニュースには取り上げられませんから。)

ナダル選手が他メーカーのラケットをテストしていますし、バボラの契約戦略もかなり見直す状況にあるのだろうと思います。

 

lond.hateblo.jp


というか、むしろ戦略的にピュアドライブよりもピュアストライクやピュアアエロVSを使うような若手にフォーカスしているのかもしれません。その方が今ではなくバボラの今後を考えられますし契約金も抑えられるでしょうからね。

 

関連記事: ウィンブルドンでスリクソンラケットのステンシルがダンロップに。ラドバンスカ選手の黒塗りラケット。 

lond.hateblo.jp