読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン (ガジェット)

ガジェット

"スピネーション(回外)、ニュートラル、プロネーション(回内)

Amazonでも新しいBluetoothヘッドホンが次から次に販売開始されているので、毎週のように新しい製品をチェックしています。値段は2,000円前後から8,000円位まで様々あり、以前は無名の海外製(主に中国?)というと、安価な製品ばかりだったのですが、逆に値段が安いと売れないということか、最近は聞いたことが無いメーカーも含め5,000円を超える製品も多くなって来ました。

製品名やメーカーで検索しても満足に情報が出てこないので、写真の見た目と機能、値段を中心に検討することになります。こういった商品のAmazonレビューは製品サンプルの提供を受けたいわゆる「さくら」だったり、日本語の不自然な関係者だったりで、少ない評価数の中でも更に参考にしづらくなります。基本はあまり高くない製品を取り敢えず買ってみる感じになりますね。

今回購入してみたのは、 MPOW ThorというメーカーのBluetoothヘッドフォンです。

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン 1

購入を決めたポイントはいくつあり、1つは2,400円前後という値段ですが、大きかったのは全体的な作りです。

海外の無名系メーカーのBluetoothヘッドホンを購入していて思うのは、無線通信の機能は問題なく音声を聴くにも問題がなくても作りに耐久性がないことです。元々、音質がどうといったレベルで検討しているものではなく聴くのも録音したラジオ番組か音楽を聞き流す程度、重要になるのは日常的に使っていて壊れないことです。

ヘッドバンドがいきなり折れてしまったり、イヤーパッド周辺に稼働部品があるとそこから折れてしまったりします。このため、見た目は地味でもできるだけシンプルな作りで且つ強度に問題がないレベルに軽量な方がよいです。

実と言うと、今回購入したヘッドフォンについては、イヤーパッド側とヘッドバンドに繋がる接続部(橋というか)を除く、ヘッドバンド部分の部品を見ると全く同じ作りの製品がAmazonには5種類以上発売されています。その全てが今回買った製品よりも高い3,600~5,000円の製品なのですが、折り畳みしやすくするためにイヤーパッド部分が回転する仕組みが入っていたり、デザイン上、イヤーパッド側の接続部が細かったり凝った作りになっていたりします。過去のレビューや経験上、デザインを優先してこういう作りの製品を買うと、ふとした時に力がかかっただけで「パキッ」と折れてしまうことが多いです。

今回かったヘッドフォンは回転する機構もないし接続部もシンプルな作りです。ヘッドバンドは外周のプラスッチック部分(1毎の板)で形を保っている状態で恐らく中は空洞になっているはずで、内側に折りたためる機構を多用したり、外側に広げようとすることを頻繁に行うと折れてしまう気がしますが、比較的軽量ですし、それを気をつければある程度耐久性はあるのではないかとも思います。もちろん2,400円ですから予備を買っておいてもいいくらいです。(ほぼ同じ作りのヘッドホンが5,000円とかするわけなので。)

ヘッドバンド部が折れ曲がる機構
(曲げる際にヘッドバンドが歪むので多用すると壊れそう)

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン 折り畳み

イヤーパッドは高級感はないですがすぐに剥がれたり切れたりしそうな感じはありません。

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン イヤーパッド

びっくりすることにこのBluetoothヘッドホン、技適を取得済なようです。
Amaozonで販売されている海外製品の殆どは付いていないと思います。
MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン ジョイント部分


有線で接続するための端子、充電用の端子、マイク、電源ボタン、音量ボタンの全てが左側に搭載されています。

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン ボタン類

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン ボタン類2

電源とBluetoothのペアリングは、よくある方式で、ボタンを押す時間により電源ONと、ペアリングモードが切り替わります。電源ONはLEDが青、ペアリングモードは青と赤の点滅です。電源ONやペアリング状態を表すのはシンプルなビープ音だけですが、女性の声でモードを通知する機能は外で使う際に恥ずかしいのでこちらの方がいいです。

付属のマニュアルは英語表記のみですが、図解もありますし、Bluetooth製品に慣れている人なら全く問題ないと思います。

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン 説明書

他の付属品としては、持ち運び用の巾着袋、充電用のUSBケーブル、有線用のケーブルですね。

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン 付属品

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン 箱


実際、装着した状態は、イヤーパッド部分が少し高さがある作りなのと、ヘッドバンド自体が少し小さめなのでかなり圧迫感があります。ヘッドバンドのラインがイヤーパッド部分の外側に繋がっているので、シルエット的にも外に広がった感じに見えますね。

MPOW Thor Bluetooth ヘッドフォン 装着した図

主に自宅で使う事を想定して購入したのですが、外で使ってもあまり問題ない気がしています。(白地のロゴが消せないかなとエタノールで拭いてみたのですが消えませんでしたが。)

Amazonの商品説明にはノイズキャンセル技術搭載のような記述がありますが、マニュアルにはそれらしい表記は見受けられません。実際使ってみても、圧迫感と密着性で外の音は聞こえにくくなる (聞こえないという意味ではなく耳を手で塞いだような密着性という意味) のですが、ノイズキャンセルされている感じはしません。

圧迫感もあり、聞こえる音はかなりこもったような音になります。ただ、反響するようなこもり方ではないのですぐに慣れました。密着性の高いヘッドホンだとこんな感じかもしれません。

Bluetoothヘッドホンとしての無線通信の機能についてはこの価格帯の製品としてはごく普通だと思います。Bluetoothのバージョンは4.0となっています。

気になる点としては1つはバッテリーで充電時間がかなりかかる印象がありますし、その割に連続使用時間は8時間と少し短めだと思います。後、ペアリングする製品(音を発信する側)によって、ヘッドホン側の電源を入れ直して操作としてペアリングし直すと音量がリセットされてしまうことがありました。初期ペアリング時は大体音量が大きくなってしまうので、頻繁にペアリングをしなおさないといけない用途には少し面倒です。

海外のインプレ動画

youtu.be



ただ、前述したようにこの価格で買える製品としてはかなり満足度は高いと思います。仮に3ヶ月位で破損してしまったとしても手軽さもありあまり不満に思わないと思います。圧迫感があるので小さめの音で音漏れせずに聴けると思います。圧迫感が強いと連続装着で耳や頭が痛くなったりすると思いますが、個人的にはそこまで気にならないレベルです。もちろん、同じ製品でも人によって体感は様々でしょうが、この値段なら自宅でちょっと使うレベルでも気軽に買える製品だろうと思います。

正直、いままで何種類もBluettothヘッドホンを買ってきましたが、かなり上位に入る満足どかなと感じています。少なくとも同じような作りで倍の値段の製品(かつ壊れやすそう)を検討する気持ちにはちょっとなれませんね。