lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ラオニッチ選手がクライチェック氏とチームを組むことに (テニス)

2016年12月現在でATPシングルスランキング3位となっているミロシュ・ラオニッチ選手が新しくリカルト・クライチェクとチームを組むことになったようです。

ラオニッチ選手のInstagram

 

#TeamMilos

Milos Raonicさん(@mraonic)が投稿した写真 -


今日、初めてクライチェックと一緒に練習をした。来るべき2017年シーズンに新しい高い目標を達成するため彼がチームに加わってもらい光栄だ。既に昨シーズンも全豪前に数日間、彼と練習をしており、彼の経験とウィンブルドンチャンピオンであることが私のゴール到達の手助けになると確信している。彼と共に偉業を達成することを楽しみにしている。

といった感じでしょうか。

クライチェックさんは、サンプラスがウインブルドンで3連勝して迎えた1996年にサンプラス選手を準々決勝で破ってそのまま優勝したオランダのビックサーバーです。


当時はイワニセビッチさん、シュティッヒさん、ルゼドゥスキーさん、ロセさん、フィリポーシスさんとかビックサーバー全盛でした。

クライチェックさんは割と几帳面な正確なのか静かで丁寧なサーブアンドボレーヤーだった印象です。

ラオニッチ選手も割とお行儀のよいタイプだと思うので話は合うのかもしれません。クライチェックさんは45歳とまだ若い(イワニセビッチさんと同じ年)し、ある程度ベテランになると会話の重要性が増すのかもしれませんが、一緒にプレイできるコーチは若い選手にはやりやすいかもしれませんね。