読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ボレーは踏み込んで打つのか? (テニス)

以前、ボレーについて考えた機会がありました。

lond.hateblo.jp


ボレーは予めセットしたラケットでボールを捉えるのが基本と言いつつ、ラケットのセットの仕方もボールへの当て方も自由度が高く、打ち方もフォームも人それぞれ、従って、"ボレーの基本と言われる点を守り全てを丁寧に打つこと" が大事になるだろうと感じました。


では、初心者の方など、ボレーの練習を始めたばかりの人が気をつけた方がいい点は何かについて少し考えてみたいと思います。

まず、ラケットをスイングすることでパワーを生み、ボールを飛ばす、回転をかける必要があるストロークに比べて、ネットに近い位置で打つ事が多く、遠くまで飛ばしたり回転をかける必要がないボレーではスイングは必要でもありません。また、時間の無い中で打つ事が多ため、飛んで来るボールに向けてラケットを動かしていく(動に動)より、予めセットした(止めた) ラケット面でボールを待ち構え当てる(動に静)方が正確に捉えやすくなります。これが「ボレーは止めたラケットで打つのが基本」というように言われる点です。

ただ、ボレーの導入段階の練習では、ボールに合わせて移動する必要はなく自分に向かってボールが飛んで来るので、その場でラケット面を作りボールを待っているとリズムが取れませんし、最初はラケットを動かさないで思った距離を飛ばすのも難しいです。このため、スクール等でボレーを教わる際は(右利きなら)右足体重から左足に『踏み込んでボレーをするよう』言われるのだろうと思います。

実際、技術がある人は、僅かなラケットの動きで瞬間的にラケットからボールに力を伝え飛ばせるので、飛んで来るボールに対しては自分の位置までボールを引き付ければよく必ずしも踏み込む必要がなくなります。

これはラケットを振って(スイングして)飛ばすのとは違い、よく「インパクトでラケットをギュッと握る」と言われる点で、握る強さで飛びが変わる訳ではないですが、ボールを捉えるラケット面の中央に力を収集させる (ブレさせず、小さな瞬間的な加速をボールに伝える) ということです。難しい技術ではないですが慣れが必要です。

ボレーで踏み込んで打つ話に戻りますが、テニスの習い始めた方に多くが「体を動かす順序、動かし方を守らないといけない」と考えてしまいます。

「ボレーでは右足に体重を乗せ、左足を踏み込んで体重移動しながらボールを打つ」等のように打ち方を考えると、どのタイミングでどう動かせばいいのかと悩む事になります。


人が運動などをする際、集中できる事柄は一つだけ (シングルタスクとか言いますね) なので、体の各部の動かし方を考えながらボールを打つことはできません。こういった点は、ボールを打つ前の動作を確認する要素でしかありません。ボールを打つ際には "無意識に" できないといけません。

内野手がボールを追いかけ、キャッチし、ファーストにスローイングする間、足の動かし方、体重のかけ方、腕の動かし方等どれも意識しませんね。体が勝手にバランスを取り、必要な位置に足を踏み出し、体重をかけてくれます。咄嗟にはできませんからそれができるようになるための反復練習ですね。

このため、仮に、ボレー練習で「左足を踏み込んで打て」と言われるのであれば、体が動いている踏み込んでいる途中でボールを捉えようとするよりも、踏み込んだ足に体重が乗り体がギュッと止まった後にボールを捉える (止まって打つ) ようにすべきかなと思います。止まった状態ですからボールを捉えやすくなりますしインパクトでのラケット面も作りやすいです。

「踏み込んで止まってから打つ」のと「その場で打つ」違いが分かりづらいかもしれませんが、誰が目の前に放ったボールをキャッチするために1歩踏み込まないと届かない場合、体の軸を起こしたまま1歩大きく踏み込んだ所でピタッと止まった直後にボールをキャッチしますね。似たような練習をテニスのレッスンでもやることがあります。これは「動きながら取る」のではなく「捉える位置まで体の軸を動かし止まった状態で取る」事に意味があります。(動くのが大変だからと動きながら取る人が多いかもしれません。)

これが出来ると、インパクトでラケット面をバチッと止めやすいので、動きながらラケットを当てるよりもボールを捉えやすく、また、飛ばしやすくなる要素もあると思います。

ボレーに限らず、ストロークもサーブも、体の軸がブレながら、頭が動きながらボールを打とうとすると両目からの情報もブレるのでボールを捉えにくくなります。ラケットを動かしながらボールに当てようとすれば尚更です。


このため、できるだけ止まった(軸が動かない)状態でボールを捉える事が  "正確にボールを捉える" ために重要で、正確に捉える事でボールをコントロールでき、自分の技術を無駄なく発揮することができます。動きながら 止まった状態 ならどちらが正確に当て易いかわかりますね。

ボレーの練習では「踏み込みながら打て」のような言い方をされるので、踏み込むどの時点でボールを捉えるべきなのか分からず多くの人が悩んでしまいますが、「できるだけ止まった状態でボールを捉えられる方が望ましい」という前提を加えると、思考のブレを抑えることに繋がるのではないかと思います。

follow us in feedly