読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

勉強の技術 すべての努力を結果に変える科学的学習の極意 児玉光雄 (書籍)

書籍

しばらく放送を見ていないので分かりませんが、フジテレビのホンマでっか!?TVにも出演されていたスポーツ心理学者の児玉光雄さんの著書です。脳を活性化させて学習効率を上げるための様々な取り組みについて説明されています。

f:id:a-londenion:20161206061004j:plain

児玉さんはテニスに関する心理面について書かれた本もあるので、番組出演とは別に何冊か見たことがあって、この本はテニスとは関係ないのですが、書店で、タイトル、児玉さんのお名前、イラスト(にしかわたくさんがご担当)が一度に目に入ってきて買ってみることにしました。


各章はこんな感じになっています。

第1章 脳を活性化する技術
第2章 計画する技術
第3章 理解力を高める技術
第4章 論理的思考力を高める技術
第5章 学習速度を劇的に上げる技術
第6章 集中力を手に入れる技術
第7章 モチベーションを高める技術
第8章 記憶力を強くする技術
第9章 ノートを使いこなす技術


190ページ程の新書サイズの本ですが、すごく丁寧に説明されているのでかなり読み応えがあります。全部一度に頭に入れるのは難しく、何度も読みながらできそうなことを実践していく感じかなと思います。

心理面やカラダの面からの取り組みだったり、考え方だったり、努力を継続させるための工夫だったり、かなり色んな事柄が書いてあります。私が読んでみた感じでは、高校生や大学生も参考になるのでしょうがが、社会人が資格試験(TOEIC)を受けたり、就職や転職の試験を受ける際の取り組みにも手助けになるのかもと感じました。

かんたんに読める本ではないので読むのが大変ですが、にしかわたくさんのイラストが適宜挿絵のように使ってあり、全体の説明を、説明担当の女性と説明を聴いている生徒(つまり読者)というやりとりという感じに誘導してあるので「読んだけど難しすぎて頭に入ってこない」という感じでもありません。

f:id:a-londenion:20161206062118j:plain


その分野の参考書等とは違いますが、知識を得る前に、効率のよい学習の仕方を知っておく意味はあると思うので興味があれば一度読んでみるのも面白いと思います。

ちなみに読んだことのある児玉さんのテニス関連の書籍よりはこちらの方が断然面白く読めました。テニス関連だと内容が絞られるので読みやすい反面退屈な面もある気がしますね。