読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

オープンスタンスとスクエアスタンスの違い (テニス)

テニス

これまでスタンスを考える機会がありましたが、今回は端的にスタンスの違いについて比較したいと思います。ただし、前提になるのは、スタンス自体より「体の使い方の違い」についてです。

「正面を向いたままテイバックする」か、「横向きになってテイバックする」かという点の比較を想定しています。以降、できるだけ「オープンスタンス」ではなく「体を捻るテイバック」「スクエアスタンス」ではなく「横向きのテイバック」のような書き方をします。その理由は後述する中で説明します。

 

最初に結論的な部分を書くと、2つの大きな違いは「回転軸の移動」と「テイバックからのラケットの加速」にあるのかなと思っています。それぞれ見てきます。

オープンスタンスから体を捻ってテイバックする打ち方は「現代的なフォアハンド」のように言われていて多くの男子プロ選手がこのような打ち方をしています。(以下右利きで説明) テイバックで考えると次のような動きでしょうか。

ラケットを持ちネット方向(相手方向)を向いた構えの状態から、スプリットステップをし、肩幅に並行に開いたスタンスのまま、股関節から肩までを右腕側に徐々に90度近く捻った位置がテイバック、上体を捻り終わるまでの間でラケットを支える左手は離しますが、ラケットを持つ右手は手に力がかからないようにラケットヘッドを立てた状態のまま体からあまり離すことなくセットします。左手は右手に対しバランスを取るように捻った上体の左肩前辺りに自然と伸ばします。

一方、スクエアスタンスからの横向きのテイバックを考えると次のような動きでしょうか。

ラケットを持ちネット方向(相手方向)を向いた構えの状態から、スプリットステップをし、左足の位置を変えないようにして、右足を相手方向と逆側に一歩引きます。右足を引くと同時に股関節から上体まで同時に回転させ、相手が左肩側にある横向きの姿勢を取ります。体を横に向けると同時に、構えで体の中心位置に両手で持っていたラケットを右手で引きます。左手を離すのは体が回転し始める速い段階です。横向きにテイバックが完了した際に右腕とラケットは右肩の右側(相手からすると逆側に)に一直線に並ぶ形になります。脇は適度に空け、腕を自然と伸ばし、手首の先、ラケットヘッドは振り始めに備え、予めボールを打つ高さのやや下に位置するようにセットします。

それぞれテイバックを取る際の体の使い方、テイバック完了時のラケットセットの仕方や位置などが異なります。わかりやすいよう、移動は考えずテイバックの態勢からそのままボールを打つとします。

まず、ラケットを振る前提として「人は体(肩)よりも前でないと腕を強く振れません。」ボールを投げる際は必ず肩よりも前に肘と腕がある状態で腕を振りますね。関節の制限もありますが、腕を肩よりも後ろに位置した状態では力が入れられません。ラケットをしっかり振るためにも、両肩を相手(ボールを打つ)方向に向け、正対させる必要があります。これは "体を撚るテイバックでも横向きのテイバックでも変わりません。"

体を撚るテイバックの場合、"捻りを戻せば体は相手に正対した状態に戻ります。" 横向きのテイバックでは "ボールを打つまでの間で股関節から上を相手方向に向けていく必要があります。" スタンスは横向きのままですから上体を撚る形になりますね。どちらも上体を回転させていますが、一方は「捻りを戻す」、一方は「撚っていく」違いがあります。また、体を撚るテイバックの場合は「上体を相手に向けた際両足のつま先も相手に向いて」いますが横向きテイクバックの場合は「両足は横を向いた形になって」います。

横向きにテイバックした状態のままでは「回転軸が体の中心にあり両足で上半身を支えている」ため相手方向に正対しょうと肩を回してくと上半身中心の回転となり「股関節関節から下の動きが制限」されます。



f:id:a-londenion:20161201000100j:plain


この問題の対処がよく言われる「体重移動」だと考えています。スイング時に体を相手方向に向ける際に「体の回転軸を左足側に寄せ、左足側を軸に体を相手方向に回転させる」ようにします。片方の足に中心軸を寄せると「足から頭までを回せるので回転させやすくなるから」です。(3DCGでも頭の位置が動いているのが分かりますね。)

f:id:a-londenion:20161201002612j:plain

これはフィギュアスケート選手がジャンプやスピンをする際も片方の足を軸に回転するのと同じだと思います。

どちらも股関節から上を相手方向に向けているので同じように感じますが、

・ボールを打つ際の動作のムーズさ(捻るを戻す動作の方が楽)
・インパクト後の移動しやすさ(構えのレディポジションに戻りやすい)
・スタンスの汎用性 (スタンスを問わず股関節から上は同じ動作で打てる)

等々、体を撚るテイバックの方が有利な面が多くなります。

逆に横向きのテイバックで不利な点は前述の「軸の移動」です。

フォアハンドは「体重移動で打て」「打ち負けないよう体をぶつけるように打て」と指導をされることがありますが、前述のように私は「体重移動とは、横向きテイバックで回転しやすくするための "軸移動" である」と考えています。現に体を撚るテイバックでは前方向への体重移動はありませんが寧ろこちらの方が強いボールを打つことができます。

俗に言う「体重移動」を「回転軸の移動」とするならば、ボールを打つまでに頭の位置と視線が動く形になります。フォームが出来上がっている人は回転軸の移動が完了した後にボールを捉えますが、初心者に「左足を踏み込みながらボールを打て」と指導するケースもあり、これは向かって来るボールに自分も近づいていく中で打つことになります。いずれにしても体を捻るテイバックに比べ、ボールを打つ際に頭の位置、視線の位置が動く前提となるのが分かります。ボールを正確に捉えるためには、常に体のバランスや視線はブレない方が望ましいです。

 

もう一つの不利な点が「テイバックからのラケットの加速」です。

回転する物体の中心軸からの距離で考えれば、「中心から遠いほど円周上を移動する速度は速く」なります。これは「同じ時間でより長い距離を移動しないといけないため」ですがそのために大きなエネルギーが必要です。「半径が小さいほど小さいエネルギーで同じ角度を動ける」と言えます。

f:id:a-londenion:20161201010436p:plain


テニスに置き換えるとテイバックで停止状態にあるラケットを加速させようとする際、体を回転させるため「体の中心軸からラケットまでの距離が短い方が加速させやすい」と言えます。

ただ、横向きテイバックでは腕を伸ばし体から離した状態でテイバックを完了します。

f:id:a-londenion:20161201000100j:plain


この状態では回転半径の最も外側に位置するラケットヘッドは手よりも更に体から離れた位置にあります。また、腕を伸ばした状態でラケットを持っているので停止状態にあるラケットの加速は「腕でラケットを引きつける」ことから始まります。ご存知の通り腕の力は強くないので「ラケットの加速に際して大きな力を瞬間的に発生されること」ができません。

体を撚るテイバックが現代的だと言われるのは、昔に比べ軽量になりボールを飛ばすパワーが大きくなったラケットとガットを有効に使うには、またボールスピードの上がったテニスに対応するには、短い準備時間で瞬時にラケットを加速させて大きなパワーを得られる打ち方の方が向いているからです。テイバックではラケットヘッドは立っておりラケットも体に近い位置にあります。

色々な面を考えると、横向きのテイバックからスイングする方が向いているシチュエーションが限られてしまうというのが現状だと思います。



さて、最初に書きましたが、今回「スタンスの違い」ではなく「体の使い方」を軸にしたのは一般に聞く「スタンスへの認識に誤解が多い」と思うからです。考えてきたように「体を撚るテイバック」「横向きのテイバック」はそれぞれ明確に違う打ち方、体の使い方が異なります。

現代的なフォアハンドや「脱力」などのキーワードが広まり、「自分は体を撚るテイバックを使っている」という方は多いと思いますが、その多くは「股関節から上は横向きテイバックのまま」だったりします。

仮に初心者の段階から「体を撚るテイクバック」を前提に教わっている人が居れば、両者の区別できており打ち分けができます。しかし、初心者からテニスを教わる大部分の人は「横向きのテイバック」で教わり身についています。「体を撚るテイクバック」を教わる機会がないため見聞きした情報から自分で工夫する形になります。それらの多くが情報不足から「横向きテイバック」のままだと感じます。

フォームを見れば分かりますが、スタンスはオープンに取っていても、股関節から上を見ると「一律に横向きの状態」で、打つ際も「股関節から上を一枚の板のように一律に回転させてボールを打つ」ので、体を撚るテイバックとの違いが見て取れます。

打ち方のどこからが境目とは言えませんが、横向きテイバックで育った人は完全にゼロから理解をしないと打ち方を変えることはできないなと思います。皆が気にする「スタンスの違い」と「体を捻るか横向きか」は連動していないということです。

 

youtu.be


汎用性や有用性から皆が「体を捻ってテイクバックする」打ち方を学ぶほうがいいだろうと思いますが教わる機会も無いですし、長年身についた打ち方を急に変えるのも難しいとは思います。

ただ、両者の違いに目を向けて理解するのは大事です。単に「オープンスタンスで打てば有利だ」「プロはオープンスタンスで打っている」といった認識で捉えているのであればスタンスを変えてもテニス自体は殆ど向上しないだろうと思います。