読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ネットで質問する際に気に留めるべきこと (テニス)

テニス

身近にテニスに関して相談や質問できる人が居ない場合、居ても質問できる状況にない場合、インターネットの掲示板等で質問することを思いつきますが、チャット等と違ってリアルタイムにやり取りができませんから、ある程度、文章を練って書く必要があります。ただ、殆どの人は突然思いついて質問するだろうし、文章にはその人の普段の思考パターンや話し方がそのまま出るので、作ることに慣れていない人の文章は細かい点が分かりづらいことが多いです。

某大手質問サイト等でよく見かける質問のやりとりについて考えてみました。


1)多くは文章で説明しあうのが無理
そもそもですが、質問する側は文章でのやりとりに慣れておらず、回答する側の文章力も考えれば互いに伝えたい事の半分も伝わらないです。文字数制限もある中で、細かいたくさんの理解が必要な内容、例えば「サーブを上達させる」「スピンを強くする」等をやり取りしてもほんの雑談程度の理解しか得られないです。


2)言葉足らず
質問者がどんな人でどんな取り組みをしているのか一切知らない見ず知らずの相手に質問しているのに、自己完結した文章で必要な情報を何も書かない人が多いです。

例: 最近フォアハンドの調子が悪いです。何を気をつけたらいいですか?



3)コツを知りたがる
自分は基本ができてるからコツが分かればすぐに上達するはずという前提で「コツ」を聞きたがります。基本ができてる人ならコツなど聞かなくても自分で出来るようになるので、出来ていない事に関する「コツ」を聞く時点で出来るようになるとは思えないです。

例: スピンサーブを打つコツを教えてください。


4)知識不足で会話が咬み合わない
コメントがあった場合、明らかに書かれた内容を理解できていないのに、分かっている体で質問を返すので、やりとりが続いても話が噛み合わず、互いにやりとりが面倒になす。知らないから質問している訳ですから、回答者と同じレベルで張り合う必要はありません。知らないから教わるスタンスでいる方が多くの情報を聞けます。

例: 回答ありがとうございます。言われたことは出来ていると思います。でも...


5)過去の質問や回答を検索しない
質問する人の8割位は自分で検索して調べるのが面倒で掲示板を利用します。このため同じような質問が毎日繰り返され、過去の質問を検索するどころか直前にそのままの回答がある場合でも新しく質問を起こします。2cnなら「ggks」でしょうが、回答する人達は親切なのか都度コメントしてくれますね。


例: 初心者ですがオススメのラケットはどれですか?


6)伝聞や噂を確認しようとする
周りの話やネットで知った伝聞や噂を確認しようとします。複数の回答者が正しいと思われる同じような回答をしても、「噂の確認」ですからすんなり分かりましたと解決するとは限りません。

例: 今度出た◯◯ラケットの新製品ですが前モデルと比べると飛ばないと聞きましたが実際はどうなんでしょうか? 



7)キーワード信仰
コツの話と共通しますが「脱力」「体を捻る」「プロネーション」「ラケットダウン」「体重移動」「ワイパースイング」等々、世間に溢れる「キーワード (言葉)」が上達の鍵で取り入れればものすごく効果があると信じています。全て体を使ってスイングする際に生じる「事象」に過ぎず、自分で起こすものではないため意図的に起こそうとしてもバランスが悪くなるだけです。ただ、回答者にもキーワード信仰を持っている人がいたりして難しい問題です。

例: サーブを強化したいのでプロネーションのやり方を教えてください。



8)答える側の労力は考えない
回答した経験がない人も多いので "自分が質問した数倍~数十倍の時間をかけ回答が作られていること" を考えません。回答は無償で得する事もないので、質問者と回答者は対応、ギブアンドテイクでないと良質な回答者は居なくなります。(質問は増えても回答するリソースは常に不足、レベル低下の図式) 思いつきで書いた文章が原因でも平気で不満を述べ、そんな反応を見たら敬遠してまともな回答はしてくれません。

例: ◯◯って書いてるじゃないですか。質問を良く読んでください。


9)自分の問題解決が最優先
ネット掲示板で質問する人は自分の課題を端的に解決する方法が知りたいので、その人の事を考えて参考になりそうな助言がされてもピンと来なければスルーしてしまい、その回答について質問を返すこともしない事が多いです。



10)無視して消える
コメントがあっても期待した内容でなかったり、コメントを返すのが難しい、面倒と感じたら、質問をクローズしたり削除したりすることなく消えてしまいます。


これら質問をクローズにしないまま放置するケースは非常に多いですね。全体の2-3割はあるんじゃないかと思います。質問する側にもコメントする側にも不幸です。


11)ID非公開
某掲示板のID非公開での質問機能。身元の推測や不都合が想定される質問ならともなく単なる質問でも6割位ID非公開だったりします。その人の過去の質問を見て関連性を持たせて回答する事もできないです。ID非公開だと印象も悪く、メリットよりデメリットの方が多いと思います。


12)回答者は指導者ではない
先生やコーチ、人に教えるには "教えるノウハウ" が必要でそれが職業になる位ですが、殆どの回答者は仲間内で教える事はあっても "一般の人" です。あちこちで見る "キーワード" の羅列に「私の場合は」と自身だけの感覚を加えて説明しても、"キーワード" が上手くできず質問している人には伝わりません。(
"キーワード" をそのまま使っちゃう回答者が本当に理解できてるのか疑問だし..)  見えない相手に説明する以上、誰にでも分かるような表現ができる知識、"教えるノウハウ"、文章力が求められます。結果どうなったかも分からず掲示板で答えているだけでは "教えるノウハウ" は磨かれないです。

13)知識不足、知識の偏り
日本のテニス人口は350万人ですが、そこに参加している回答者はせいぜい10人位です。彼らの知識や経験は分かりませんし、20年やっていても知識が昔のままだったり特定の理論に縛られている人も居ます。指導する立場なら本来、広い知識を網羅し常に学習を続け、質問者の手助けになるなら自分の考えと違う視点からでもアドバイスできるべきですが、多くの回答者は一般の人なので「自分の考え」をそのままぶつけます。質問者はそれが分からず質問しているので、相互に多少の誤解を含めた合意しかできません。


14)理論闘争
質問者に限りませんが、掲示板を巡回して質問を探すついでに他の人の回答をチェックする人がします。回答を選ぶのは質問者ですがその掲示板の主要メンバーで情報をコントロールすべきという思い込みから「あいつの言ってる事は間違ってる。みんなそう思うよね」と声高に主張し人のコメントを頭から否定したりします。何を持って自分が正しく相手が間違ってると言えるのかというコメントは無視し、自分を肯定する意見のみ取り上げます。単に人の事をバカにして喜ぶだけの人もいますね。


もっとありそうですが取り敢えずこのくらいにします。

なお、百獣の王でおなじみの武井壮さんがTwitterで "トレーニングに関する質問に答えられません。見たこともない人の体について何か言える神様みたいな能力はないので。ごめんなさい"  というような内容をツイートされていました。全く同感で、見たことも会ったこともその人が普段どんな取り組みをしているかも知らない人に、十分な情報が提示されない中で、あれこれ想像も含め例を上げながら文章を書いても半分も伝わらないと思います。文章を介した伝達で自分の意図通りに相手が受け取ってくれる事なんて文筆の専門家にも難しいです。

もし、掲示板等で質問するなら、このラケットの名前はなんですか? のような正解が1つと決まっている内容か、サーブがいいと思う選手は誰ですか? のような皆の意見を聞くだけで答えはいくつあっても構わない内容が適当だろうと思います。

文章によるやり取りは非常に効率の悪い手法です。それで上達しようと考えるのはほぼ無理だと思います。"直接対面しながら質問でき、且つ信頼に足りる人が見つけられない人はほぼ居ない" と思うので、そういう人に実際のテニスを見てもらいながら継続的にアドバイスをもらえるようにすべきです。

個人的にはネット掲示板の過去のログをすべてまとめてテニスの入門書が作れるか?と言えば、まず参考になるものは作れないと思っています。回答レベルがどうこうではなく、相手の状態や今後のことを考慮してアドバイスするというのはものすごく難しく、多大な労力を要することで、無償で回答している状態にそれほどの価値を求めることは酷だろうと思うからです。仲間内の雑談と考えるのが妥当だと思います。

本当に上達したかったら『きちんと対価を払って時間とノウハウと知識を買うようにするのが前提』だと思います。また『効果を出すのは自分の労力次第です。たくさんボールを打てという訳ではなく、『自分自身も苦労して教わり、そして考える』ことが上達には必要だということです。かんたんに上達する方法はない訳ではないですがそれなりの条件 (簡単なのは "お金" ) が揃う必要がありますが普通は無理です。