読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サーブにおけるジャンプの意味は? (テニス)

テニス

今回はサーブにおける「ジャンプ」についてです。

何度か書いていますが、サーブは基本的に全て回転をかけて打つ必要があります。理由は、計算上、身長2mの人が無回転のサーブを打つとして、ネット中央の一番低い所を通したとしてもネットの上ボール1個程の空間を必ず通さないと入らないからです。180cmの人が20cmジャンプしながらその精度でサーブを打つのはほぼ無理です。

lond.hateblo.jp


サーブに回転をかけないという意味で皆が言う「フラットサーブ」は、これらより高い角度で打ち出して、自分がコントロールできない要素である空気抵抗や重力により「勝手に失速して」たまたま入っているに過ぎません。同じベースラインから相手コートに打つフォアハンドで初心者の段階から「スピンをかけて打て」と練習させられるのと同様に、サーブでもどの位スピンをかけてサービスボックスに着地させるかを考えて練習をすべきです。

さて、サーブにおいて当たり前のように行われる動作の一つが「ジャンプ」です。

ジャンプする理由としては「打点を高くした方がサーブの確率が高くなる」のように言われますが、上記の通り、普通の身長の人が20-30cm打点を高くした所で確率は変わりません。(20cm低い打点でも回転をしっかりかけて打つなら球威も確率も変わらないということです。)

これも、常識的に語られることを「そもそもこれは正しいの?」と振り返ることをしないテニスに関する良くない風習の一つです。

では、ジャンプは何のために行うのかというと「ラケットを上に振り上げてボールに回転をかける動作を "補助" するため」だと思います。( "補助" です。)

ボールに前向きの回転(スピン)をかけるには、回転軸方向に対してボールの下側から上側にラケットを動かす必要があります。サーブは頭上のボールを打つ訳ですからラケットは下から上に振っていきますが、腕とラケットによる最高到達点以降でボールに当たってもラケットはそこから下がるだけなのでボールに前向きの回転はかけられません。

f:id:a-londenion:20161120112529p:plain


このため、よくある誤解として「バレーのアタックのようにジャンプして高い打点から下に向け打ち下ろすイメージ」を持っている人はサーブで回転をかけることができません。失速期待のほぼ無回転のサーブを打つしかないです。

ラケットヘッドが真上に到達する以前の、そこから頂点に達する動きの中でボールに触れる事でボールに前向きの回転がかかります。腕が伸び切る前の曲がった状態ですからラケットヘッドは上向きに加速する、ボールに回転をかける余裕があります。
f:id:a-londenion:20161120112735p:plain
※頂点に向けラケットヘッドが動いている中で当たるのが大事です。単に上向きの面のままフラットに当たればボールは上に飛んでいくだけで回転はかかりません。スライスサーブは頂点でボールの片側を打つイメージですが、ネットを越すために水平より上向きに打ち出すという点でも頂点より手前で当てラケットの動きの中で回転をかけるべきだと思います。スピンとスライスは回転軸の違いであり、両者の間は少しずつ変化したサーブが無数に存在します。

このラケットヘッドが下から頂点に達するまでの上方向への動き、それを起こす体の使い方や腕の振りを「補助」するのが「ジャンプ」です。体を使って腕をしっかり振るのが主たる動作なので、ジャンプしなくても正しく体を使えれば十分ボールに回転力を伝えることができます。

例えるならピッチャーがボールを投げる動きです。リリースポイントが高い方がいいからとジャンプして投げるピッチャーはいません。ルール的に禁止されているのもありますが地に足を付けて投げる方が速いボールを投げられるからです。

ピッチャーは、高いマウンドからキャッチャーミットめがけて強く腕を振って投げますが、仮にミットが地上3mの位置にあるとすれば、投げ方は変わらずボールをリリースする角度が上がるだけです。(遠投のような投げ方ですかね。)

サーブのスピードが出ない、回転がかからないと感じている人は筋力や体格の問題より体の使い方に問題がある事が多く、時おり人より急速が出せる人もいますが力を伝えるのが上手いだけで本人は速度が自慢でもサーブの確率も低いと思います。サーブの打ち方を学ぶ際は、両足を地面に付けたままピッチャーのように横向きから両肩を回転させ胸をネット方向に向けながらラケットを振るように考えるべきです。ジャンプは "補助的動作" であり、ジャンプをサーブ動作の中心に考えてしまうと主たる体の使い方を理解する妨げになります。

軽く回転をかけてネットを越してサービスボックスに入れるのであれば、ボールの打ち出し角度は5度~10度あれば十分なはずです。強く上向きに振り上げる必要はないですからその補助動作であるジャンプも不要です。ラケットを後ろから前に振る中で多少、胸を斜め上に向ければその角度は得られます。フォアハンド同様、"腕の操作" でスイング軌道を上げるよりも体の軸で調節する方がスイング自体を変える必要がなく安定しやすくなります。


もうひとつジャンプすることの弊害があります。「頭の位置、視線のブレ」です。

練習でサーブを打ってもみても、毎回ボールの飛び方が違う、そもそもラケットにボールがどのように当たっているか全然分からないという人は少なくないと思います。体の使い方を理解しないまま「ヒザを曲げて伸ばす結果ジャンプするのは当然だ」と考えている人はジャンプすること、及びその準備動作で一球毎に頭と視線が大きく動いてしまうから です。頭上のボールを打つ意識から、サーブを打つ際に無理のある態勢を取ってしまうことも多く、余計に頭の位置が動いてしまいます。

フェリチアーノ・ロペス選手のサービス練習動画

youtu.be

軽く打っているだけですがトスを上げてサーブを打ち終わるまでロペス選手の頭の位置は殆ど動いていないのが分かると思います。ピッチャーのように両肩を回転させながら体を正面に向けて腕を振っています。体を前方に大きく移動させながら打ってもいないし、ヒザを大きく曲げて高くジャンプしようという打ち方でもありません。それでも140km/h以上は出ていそうなサーブを打っています。

正しく体を使って打つことができれば、ラケットスピードは自然と上がり、ボールスピードも回転量も相対的に上がります。バランスを崩す要因になる不安定なジャンプをする必要はないし、無理に打点を高くしても確率も変わりません。毎回ヒザをしっかり曲げジャンプして必ず同じ打点の高さ(仮に215cmとか)で打つのは難しいでしょう。サーブが乱れるのはトスが上手く上がらないからだけではなく、ボールに向かって動いていく自分側にも打点がブレる要素があるのです。


一通りまとめると、「サーブでジャンプして打点を高くする意味はない」「サーブでスピードや回転量が上がらないのは正しく体を使えていないから」「ジャンプは体を使う際の補助的動作に過ぎず必須ではない」「ジャンプ及びジャンプしようとする準備動作により頭や視線がブレるのは正確にボールを捉えられなくなる要因」「ジャンプする事で打点の高さや位置も変わる」といった所です。サーブを上達させたければ、まずはジャンプをせず両足を地面に付けたまま正しく体を使ってラケットを振ることを学ぶべきだと思います。(遠投を参考にしてもいい) また、ジャンプ同様、サーブ動作中に頭がネット方向(前方向)に動くのも同様です。ロペス選手の頭の位置が動かないことの意味です。これらを注意するだけでも本来その人ができる(=誰でもできる)レベルまでサーブは自然と向上します。正しく体を使うことに専念できるしボールを正確に捉えやすくなるためで、本来はこれが "スタートライン" だと思います。ジャンプするのはその後でいいです。スクールではそのように教わらないかもしれませんが、実際多くの人がそれでうまく打てていないわけですから。