lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サーブにおける "ラケットダウン" とは.. (テニス)

ラケットダウンという言葉

テニスにおいて呪文のように皆が使う言葉に「ラケットダウン」があります。フォアハンド、バックハンドでも使われますが、一番言用いられるのがサーブについてですね。

最初に今回の結論的なことから書くと、

ボールを打つ際の体の使い方から言えば、サーブを打つ際の「ラケットダウン」とは "状態" のことであり "動作" のことではない。

となります。

サーブを教わる際に「ラケットダウン」を知る

初心者の方などが最初にサーブの打ち方を習う際、ラケットヘッドを背中側に落とした「ラケットダウン」の形を作り、そこからラケットを打点の位置まで持ち上げる(引き上げる)ように教わります。この事が「サーブにおいてはラケットダウンの状態を作ることが必要だ」という認識が常識のように言われる要因(根拠?)になっています。

プロ選手の静止画像を見るとそういう状態に見えるから尚更です。

先日も書きましたが、テニスについて説明する際、選手がボールを打っている動作のある時点を静止画として例に上げることは日常的に行われますが、大事なのはどのように体を使っているかであり、特定場面の形をいくら再現しようとしてもあまり意味がありません。見るのであれば "スーパースローの動画" で一連の体の使い方に注目すべきです。

以前も紹介したみんラボさんの動画です。

サーブのラケットワークについて

youtu.be

サーブを打つ際のラケットワークについて解説されていますが、本来、初心者がサーブを習う際にこのような「体の使い方とそれに伴いラケットに発生する物理的な影響」について説明がなされるべきで、このような解説を行った動画は殆どないので是非参考にしたいです。

手に引かれてラケットヘッド側が倒れるということ

仕組みで言うと、ヘッド側を真上に立ててラケットを軽く手に持った状態から急に手を動かすとラケットは倒れてグリップ側から引かれ、ヘッド側は遅れて真後ろからついてきます。ダルマ落としと同じで、慣性の法則により「停止した物体(ラケット)はその位置に留まろうとする」からです。

グリップ側から引かれ自然と倒れ後方から追従するラケットヘッド側

サーブにおいては手に引かれてラケットヘッドは下向きになる

サーブにおいては、動画の解説のように、肘を90度に曲げラケットヘッド側を立てた状態(※)でトロフィーポーズを取り、サーブ動作により腕が動きラケットをグリップ側から引っ張ると慣性の法則によりヘッド側はその場に留まろうとするので、ヘッド側とグリップ側の位置関係が上下入れ替わり自然とラケットダウンの状態になります。

 

サーブ グリップ側から引かれ後方から追従するラケットヘッド側 これがラケットダウンの状態になる

※トロフィーポーズで上腕と体(脇)が90度、上腕と前腕(ひじ)を90度、胸と上腕を180度以上に保つのは野球の投球と同じく、腕を効率よく振る必要条件です。

 つまり、導入時の基礎的練習ではなく、実際のサーブ動作におけるラケットダウンとは、ラケットヘッドを下げる "動作 (動詞)" ではなく、ラケットヘッドが下がった"状態 (名詞)" が動作の途中に存在しているということを示していると思います。

テニスで言われる「形」とその形を作れと指導されること

繰り返しますが、テニスを教わる際にフォームを「形」として作るよう言われる事は分かりやすいと感じる反面、基本として最も重要で本来教わるべき「ボールを打つ際の体の使い方(どう体が動いているのか)」には触れられないことで、両者を結びつけて考えることができなくなります。皆、形を作ることにフォーカスし動作は複数の「形」をつなぎ合わせる形で実現しようとします。動きの中に形があるので順序が逆ですね。

同じくテニスにおける形の代表例「トロフィーポーズ」

また、サーブにおいてラケットダウン同様に言われる「形」が「トロフィーポーズ」ですが、サーブと体の使い方が共通すると言われるピッチャーの投球を見てれば、投球動作に入る際、肘を90度に保って腕をコック (肩に担ぐこと)したピッチャーのモーションが途中停止する場面はありません。 つまり、サーブ動作において「トロフィーポーズを作り一時停止させることは腕を強くしっかり振ることとは無関係」と言えます。

youtu.be

考えてみれば「サーブを打つ際、空中の "打点位置" にずっと停止しているボールをラケットで打つと考えればトロフィーポーズで一時停止する必要がない」ことは容易に理解できます。

要は「トスしたボールが落ちてくるのを待っているのがトロフィーポーズの停止であり、トスを高く上げなければ停止する必要はない」です。

トロフィーポーズで力を溜める?

トロフィーポーズで「力を溜める」と言う表現をしますが、ピッチャーの例を見ても腕を強く振るのに動作を停止して下半身や体に溜める必要はありません。他にも、その場で真上にジャンプする事を考えると、飛ぶ前にヒザを曲げ姿勢を低くするのは飛ぶ直前であり姿勢を低くした次の瞬間にはジャンプするはずです。ヒザを曲げた状態で停止したりはしないですよね。慣性の法則で考えても、停止状態にある物体(ラケット及び体)を再度動かそうとすれば大きなエネルギーが必要です。体の停止状態は筋肉の緊張を産み、ただでさえ緊張しやすいサーブにおいてプラスになるはずもありません。トスアップからフォロースルーまで止まることなく一連の動作の中で打つ方が安定するし、力むことも防げます。投球同様、正しく体を使えればそちらの方がラケットスピードも上げられます。

ラケットダウンはスイング中の一状態。自然と経過するもので起こすものではない。起きないのは体の使い方が間違っているから。

今回の "ラケットダウンという動作を行う必要はない" という話は、人が本来持つ自然な体の使い方からすれば当然のことなのですが、ラケットヘッドを下げた状態から打つと教わり、これまでそうして来た人がいきなり打ち方を変えろと言われてもできないと思います。

改めて初心者になったつもりになり、正しい体の使い方を学んでラケットの動きを確認し、サーブを打つ感覚を再構築していく位に考えるべきでしょう。

サーブを上達したいと悩む人の殆どが自己分析の違いはあっても "そもそもきちんと打ててない" 状態でしょうから、改めてサーブに付いて学び考えるのに異論はないと思います。

現状の打ち方のまま修正しようとしても上手くいかないでしょうし、それができないから今まで改善されていないのだろうと思います。最悪、怪我などに繋がるかもしれません。コツの類でそもそもが改善されることはありません。

サーブは難しい? 皆がうまくできないのは「教わる情報」に問題があるのでは?

皆がサーブは難しいと考えるのは練習してもうまく打てないからですが、そもそも「サーブの打ち方」として見聞きし、教わっている内容が正しくないのではないか?と疑うべきだと考えています。指導者の教え方が悪いとかではなく、当たり前のように言われる「教わる内容や情報」のことです。

サーブと動作が共通すると言われる野球のピッチングですが、投げ方さえ理解すれば誰でもボールは投げられるはずです。その上で、体格に見合った速度を投げたり、怪我を防止するには正しい体の使い方を理解することであり、筋力アップや投げるコツを学ぶことではないのは多くの人が理解できると思います。

フォアハンドを打つ際にボールを安定して捉え、コートに入れること自体はそれほど難しくないでしょう。同じように利き腕でボールを打つサーブも本来は同様なはずです。

強く打ったり戦略的に回転をコントロールするにはより深い理解が必要ですが、皆が悩む「サーブが入らない」「思った場所に打てない」というのが (自分のフォアハンドと比べれば) 本来は次元の違う悩みだというのはわかるのではないでしょうか?


「サーブは難しいものだから仕方がない」ではなく「皆が等しく上手くできずに悩むのは何故か?」と考えるべきだろうと思います。

 

テニス丸ごと一冊サービス新装改訂版 [ 堀内昌一 ]

価格:1,620円
(2016/12/8 02:51時点)
感想(11件)

follow us in feedly