読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

Anker PowerPort 5 USB Type-C 40W 5ポート 急速充電器 (ガジェット)

USB Type-C搭載のスマホを使う機会が多くなったのでType-Cを活かした給電ができるACアダプタを購入しようと考えました。

今回、購入したのは「AnkerのPowerPort 5」で計5ポート(USB Type-Cポート有り)の急速充電対応の充電器です。

f:id:a-londenion:20161111222207j:plain f:id:a-londenion:20161111222238j:plain

Amazonのタイムセールで2,400円程で購入できました。


USB Type-Cについて簡単なまとめ

最近良く見るようになったUSB Type-CですがUSBのコネクタ形状の名前です。USBと言えば思い浮かぶType-A、Androidスマホで多かったマイクロBなどの仲間です。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/27/USB_Male_Plug_Type_A.jpg https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/db/MicroB_USB_Plug.jpg


スマホをACアダプタで充電する際、ケーブルの端子は同じマイクロBでも急電の電流、電圧が違うようにケーブル形状では決まりません。

給電中の電流、電圧については急電する側の仕様に左右されます。USBの世代で言えば
USB 2.0 - 500mA / 5V、USB 3.0 - 900mA / 5V、USB 3.1 - 1,000mA / 5Vとなっています。

なお、USB Type-C - Type-C形状のケーブルは1.5A/5V給電へ対応することが必須となっているようです。この場合はケーブルに22kΩの抵抗が必要です。

Type-C関連のケーブルにはUSB Type-A - Type-C形状のケーブルもありますがType-CとType-C以外のコネクタ形状で繋ぐケーブルは56kΩの抵抗が必要だそうですが、市販のケーブルにはまず抵抗値が記載されておらず、名の知れた国内メーカーの製品でも仕様に合致しないものが多くあるようです。

また、USB Type-A- Micro-Bケールに変換アダプタを付けてType-Cに繋げられるようにする場合もありますが本来は元ケーブル、変換アダプタ共に56kΩの抵抗が必要だと思いますが、ケーブル側はまず対応していないでしょうね。

つまり、Type-C -Type-Cケーブルが対応する1.5A/5Vだけに注目し、A-Cタイプ等のケーブルを使っていると製品の組み合わせによっては、最悪火災になったりする可能性もありますね。


また、USB規格以外で、各社が独自に規定した急速急電のための仕様があります。

有名なのはクアルコムのQuick Chargeで同社のCPUを搭載したスマートフォンで対応しているものも多いです。最新は3.0です。他には今回のAnkerが採用するPowerIQ & VoltageBoost、スマホ各社もQuickChargeを使わず独自仕様の仕様を使っていたりします。

現状でType-Cを活かせる市販のACアダプタとしては、1. Type-C端子を搭載している製品2.クアルコムのQuickCharge(QC 2.0 or 3.0)搭載の製品 の2種類の選択肢があります。スマホがQCに対応していれば後者を購入する選択肢もありますが、スマホメーカーが敢えてQCを採用していないケースが多い(QC1.0のみ対応も)ので、スマホを買い換えるとQCの高速急電が使えなくなります。このため現状では1のUSB Type-C端子を備え、他ポートではUSB Type-Aで独自仕様の高速急電ができる製品が汎用性があっていいだろうと考えました。QC対応のスマホでは最大性能(QC2.0なら最大12A/5Vとか)が出せないかもしれませんが、きちんとし製品ならどのスマホでも最低1.5V/5A(最大3V/5A)の急電は確保できます。


Ankerの製品は作りもしっかりとしてますがパッケージもキレイでいいです。

f:id:a-londenion:20161111222207j:plain f:id:a-londenion:20161111222213j:plain

f:id:a-londenion:20161111222217j:plain f:id:a-londenion:20161111222230j:plain


本体はクレジットカードサイズよりも少しだけ大きい位のサイズです。
重くはありませんが適度な重さはあります。(136g)
f:id:a-londenion:20161111222258j:plain 

ポートは5つあり、一番上の1つがUSB Type-C(5Vで最大3A)、下4つがUSB Type-AでPowerIQ & VoltageBoost対応となります。(5V で1ポート最大2.4Aらしい)


f:id:a-londenion:20161111222251j:plain


背面に繋ぐケーブルは結構しっかりしています。

f:id:a-londenion:20161111222255j:plain f:id:a-londenion:20161111222242j:plain


本体にLED類がないので充電状態や接続状態はひと目でわかりませんが、繋げたスマホ側には充電状態を示すLEDがほぼ付いているので困ることはありません。

Huawei Honor8で使用してみましたが、最大値ながら5Vで3Aの数値も出ていました。Honor8の純正充電器は9V/2Aの独自急速充電なのでより充電時間が短いのですが、予備で買うことができないので、Anker PowerPort 5のような製品は1つあるとなかなか有用だと思います。