読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

エレコム Bluetoothヘッドホン LBT-OH05TVBK (ガジェット)

エレコムのBluetoothヘッドホン LBT-OH05 (製品としてはBluetooth発信機付きのLBT-OH05TVBK) を買ってみました。

購入の経緯としては、音楽を聴くためにiPhone touch 4thを使用していましたが、Bluetoothヘッドホンとの相性悪く最近のBluetoothヘッドホンを接続しても頻繁に音声が途絶えたり接続自体が切れてしまうので、スマホに音楽を入れてBluetoothヘッドホンを使ってみようと思ったことです。現状使っている製品はイヤーキャップ部分が大きく折りたためないので持ち歩くにには向かず新しいものを探しました。

Amazonには海外製も含め数多く販売されていますが、目的に合うものがなかなかなく、以前からチェックしてたLBT-OH05を再検討した流れです。ホワイトは色がキレイでよいのですが以前からの値段が下がらず(5,000円強)、値段の下がっているブラックにしました。

LBT-OH05TVBKのパッケージ
f:id:a-londenion:20161108110955j:plain f:id:a-londenion:20161108111013j:plain

f:id:a-londenion:20161108111042j:plain

国内メーカー、しかもPC周辺機器メーカーのエレコムらしいパッケージです。
f:id:a-londenion:20161108111110j:plain f:id:a-londenion:20161108111117j:plain


内容は、本体、Bluetooth発信機、それぞれの充電用USBケーブル(発信機は専用端子)、マニュアルが2部です。
f:id:a-londenion:20161108111320j:plainf:id:a-londenion:20161108111344j:plain


ヘッドバンドの最下部(ハウジングと繋がる部分)の幅は広げない状態で18cm程です。
ヘッドバンド最上部内側からハウジングの下までは17cm程です。
バンドとハウジングの接続部はワイヤーになっていて約cm程伸ばせます。

f:id:a-londenion:20161108111520j:plain

ヘッドバンドに回転する機構があるので装着状態でハウジングの角度も調整できます。圧迫感がないので地味に便利な機能です。

技適マークもヘッドバンド内側についてます。

f:id:a-londenion:20161110093624j:plain


かけた状態はヘッドバンドを頭にかけ、ハウジングは耳の上に載っているだけといった感じです。

http://www.elecom.co.jp/photo/pz1/lbt-oh05_z1.jpg

バンドが細くハウジングも小さいので圧迫感は全然ないですが、簡単に外れてしまいますし装着状態での音漏れもかなりあります。初期のカセットタイプのウォークマンについていたヘッドホンみたいだと言えば分かるでしょうか。

f:id:a-londenion:20161108112745j:plain

全体的にマット風の仕上げ、塗装でキレイです。
ホワイトがよかったのでブラックはかけていて変に見えないか心配でしたが、華奢な作りとこの仕上げのせいでそこまで目立たず (でも主張はある) いいと思います。

f:id:a-londenion:20161108115119j:plain f:id:a-londenion:20161108115124j:plain


操作ボタン等は右側のハウジングに集中しており、順に、音量調整/曲送り/曲戻しボタン、充電端子、マルチファンクションボタン(再生/一時停止、受話/終話)、電源ボタンという並びです。状態を示すLED2つも右側にあります。

f:id:a-londenion:20161108113612j:plain


Bluetooth接続は、電源ボタンを短くポンと押すとLED1が青く点灯して電源が入ります。LED1はすぐに消灯するので点灯している間に電源ボタンを長く押し続けるとLED1が青、LED2が赤に交互に点灯するのでそれが接続待機状態を表しています。

電源ボタンを電源と待機モードの操作に使うことはよくありますが、電源を押しっぱなしにすれば電源ON後待機モードになる形が多い気がするので、ボタンの押し方で状態を変える形は親切な反面、分かりづらいと思いました。説明書には「ボタンを押して電源ONにした後再度ボタンを押して」と書いてありますが、「電源ON時に青LEDが点灯している間に再度」とは書いてないので最初は有効になるタイミングが分かりませんでした。なお、NFC搭載なのでそれを使って接続する方法もありますがNFC非搭載の機器で操作を変えるのが面倒なので私は使ってないです。

このヘッドホンはSBCの他、AAC対応のためiPhone系で使う方がよいのかもしれませんが、Androidスマホで使用する限りは、街中で歩きながら聴いていても割と頻繁に音切れが起こる感じです。服装にもよりますが鉄柵の前を歩いたりすると全く聴こえなくなったり。。カフェで座って聴いている状態であれば音切れは起こりません。私は主に録音しているラジオを聴いているので音切れしてもあまり気になりませんが、音楽を集中して聴きたい人なら気になるかもしれませんね。確かではないですが使っていて体の左側に発信機器があるより右側にあった方が電波がマシな気がします。アンテナは「ワイヤー」とかでしょうがNFCが左側、スイッチ類が右側にあるので操作系が集まる右側の方が電波を拾いやすいのかもしれません。

折りたたみ可能ですし、軽量なので持ち運ぶのはあまり不便ではありません。

f:id:a-londenion:20161108114927j:plain
前述の通り、音漏れもするので低めの音量で軽く聴く位がいいと思います。音質がどうとか大音量で聴く製品でもないです。電車の中で聞く際はスマホの最低音量で聞いています。ただ、かけたまま電車を降りてホームや駅構内を歩くと最低音量では全く聴こえません。外の音を全く遮らないので再生音量を上げるしかないです。電車でよく使う人はその辺不便かもしれません。

バッテリーですが、フルに充電して朝から夕方まで聞き続けても持つ位だとは思います。(公称: SBC:16時間,AAC:14時間) ただ、サイズが小さいことでバッテリー容量は大きくないと思います。手元の他製品はもっとバッテリーが持ちますから。

後、注意点としては、操作ボタンが右側に集まっているので誤操作が起きやすいです。重量が軽く圧迫感がないのでふとしたきっかけでズレてしまうのですが、それを直そうとハウジングを持つと、間違ってボタンを押してしまうことがよくあります。直す際はハウジングの外側から被うようにして持つ感じです。

用途によってはいい製品だと思いますがもう販売終了のようです。値段が安くなっていたので変にAmazonに出ている海外製品を買うより良かったです。私のように普段 2,000円前後のイヤホン、ヘッドホンを使っている人なら試しに買ってみてもいいと思います。