lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

au から ワイモバイル(Y!mobile) にMNP (ガジェット)

auでiPhoneを4年間契約してきたのですが、2年毎に機種変更しないと月額が上がってしまうのがしんどいのでMNPすることにしました。(機種変更のたびに端末は一括購入していて各割引込みで月3,000~4,000円位でした。)

サブ機としていくつかAndroid端末を使ってみて、iPhoneよりも安定感がない部分はあるものの機能面の使い勝手はよいと感じたので、これを機会にAndroidに変えようと考えていました。昔は、不要アプリやワンセグ等の不要機能満載で動作が遅くバッテリーが持たないキャリア版Android端末しか選択肢がなかったわけですが、SIMフリーで色々な機種を選べるようになったことは本当に大きいです。OSで言えばAndroidの方がroot利用含め様々アプリ開発を通して新機能搭載は進んでいた訳で、iOSはAppleが許諾できない機能は搭載されませんから問題になりそうな点は隠す=安定する分機能は限られますから、Android OSの方が細かい点が使えます。周りがiPhoneだからとかiPhoneすら使いこなせないのにAndroidなんてという感じではないのですが、数年前まで(キャリア版)Android端末の印象が悪すぎました。iPhone7が多少安くなったといっても10万近くするのは変わりませんからね。

当初はZenfone3を使うことにしてUQ mobileにMNPしようと思っていました。

Zenfone3は使った感じiPhone6から切り替えも性能的に十分で指紋認証やバッテリーの持ち、無線LANの11ac対応等、十分でした。auのVoLTEに対応するという発表だったのでUQで使うのは問題なさそうでしたし。

iPhone6はSIMフリー化できないので使えるMVNOはmineoのaプランだけでメインで使うには厳しい感じです。(iPhone6sに変えておけばよかったですが。)

UQを考えたのは、LINEも使っているものの、周りにキャリアメールを使う人がいてGmailに一本化というのはまだ難しい感じなのと、他のdocomo系MVNOは回線増強->会員増->回線低下を繰り返していたりで慢性的に速度が遅い、もしくは時間帯によって遅いという話が続いているためです。(その分値段も安い訳ですが) UQ mobileはau系ということとAUのセカンドブランドとして回線の品質を確保する取り組みがあり、少なくともdocomo系よりもマシという話のようです。AUからのMNPなので最安価なプランは選べないですが、音声付きプラン3GB+メールが1,880円で使えます。


これらの事から最近までほぼUQ mobileへのMNPで決めていた感じだったのですが、2つだけ気になっていて、1つはデータ容量が3GBなのでAUからMNPすると出先でWi-Fiスポットが使えなくなる分通量が増えるはず(iPhone6で月3GB位)なので、+1GBとしても+1,000円追加がかかるだろうということ (UQのWi-Fiサービスは場所が少ない。) もう1つはau系で回線状態はマシといいつつ場所によっては昼間は遅くこともある (地下も弱いという話も) ということ でした。

そんな時、Yahoo!プレミアム会員限定でY!mobileが500MBを500円/月で提供するキャンペーンをやっているという話を聞きました。

smartphone.yahoo.co.jp

確認してみると音声付きプランも1年間は2,980円で6GB(3GB契約だが+3G容量追加無料)使えるということでした。Y!mobleは回線状態はsoftbankと同等でUQ mobleと同等以上ですが、月額が高く設定のデータ容量が少ないことから除外していたのですが、キャンペーンを使えばUQと考えていた予算の2,980円で6GBまで使えて、MMS(キャリアメール)も使えるということになります。

私はYahoo!プレミアムに登録しているのでこれを使うことにしました。1年経過すると3,980円/月になりますがそれでも今のAUと同等位の金額ですし、違約金を払って他社にMNPしてもいいかなとも思いました。(1年後はMVNOも色々変わってるでしょうし。)

2016.11.01追記
Y!mobileも長期契約割引があるようですね。2年経過すると3年目から1,000円割引になるとか。申し込んだのはスマホプランMで対象なので月額は上がらずに済むかもしれません。


懸念点としては、SIMフリーのAndroid機で使うにあたりMMSやSMSのメール受信をY!mobleメールというアプリを使う必要があるということですね。auのMMS(キャリアメール)はサービスの成り立ちの過程でIMAPでも受信できるというちょっと変わった仕様で普通のメールアプリでも(PCでも)受信ができて助かるのですが、Y!mobileはSoftbankとMMSが共通化されており且つ専用のメールアプリを使わないとダメなようです。(スマホに標準で入っているメールアドレスでは使えない。一時Googleハングアウトを使わせていたが使い勝手の悪さから今は推奨していない。また、イレギュラー的にSoftbankメールアプリを使う人もいるようです。) Androidのメール関連に慣れないので少し面倒そうですがメールを頻繁に使うわけではないのでまぁ大丈夫だろうと考えました。

早速、オンラインでキャンペーンSIMの申し込みをし、3日程で手元に届きました。

f:id:a-londenion:20161123194816j:plain

auショップに出向いてMNP番号の発行を受けてきてたので早速オンラインで手続きしました。(auはオンラインでMNP番号の発行を受けられず電話か店頭になります。毎月1日にMNP手続きが完了すればその月の月額がかかりませんが、面倒なので今月中に手続きしました。)

オンラインでSIMの登録手続きを行います。WebでSIM番号、利用するプランを選び、証明書類として免許証の画像をアップします。免許証の登録番号や氏名住所等を自動認識してくれるので足りない情報を登録して手続き完了です。

10時以降に手続きしたので1時間程で連絡先に指定したメールに「開通通知のお知らせ」というメールが届きました。スマートフォンにSIMをセットしAPN設定が済めば問題なく通信が可能になっていました。(設定が2度手間になるといけないのでメールが届くまではSIMを差すのは待つ方がいいと思います。)

今回auからのMNPなのでワイモバイルの開通通知と前後してauから解約に伴うID番号変更の通知が届きました。(解約完了ではなく管理ID番号を変更する通知です。今月分は請求があるので改めて解約完了の通知が書面等で届くのかもしれません。)

Y!mobileにしようと思い立ってから1週間以内で手続きを済ませてしまった感じですが、実際使ってみて通信が遅くなるような時間帯も無いし、速度も十分速いです。

W-FiはsoftbankのAPのものが使えるのですが、街中で使おうとしてもdocomoやauのWi-Fiとは設置している店舗の種類が違うので、正直な所auのWi-Fiより使える機会は少ないかなと感じています。(通信が暗号化されるsoftbank002のAPは更に少ない) ただ、元々MVNOのWi-Fi無しでどう使うかと考えていた形なので、外でWi-Fiが使えない事はさほど問題にはなっていないです。データを落とす必要がある場合等はコンビニのWi-FiをVPNかけて使わせてもらったりしています。

もともと6GBまで使えるのでほぼ使いこなせていないのですが、Yahoo!のTOPページを見たり買い物をしたりするとマイレージという名のポイントが溜まり、翌月のデータ通信量追加が無料になったりする特典があるのも使えそうです。(ポイントは繰り越せないので使わなくても交換するしかない)

使ってみて取り敢えずの不満は「メール」だけですね。

Y!mobileメール自身にもバックアップ機能はあるし、スマホ純正、サードパーティ製でスマホデータのバックアップアプリもあるのですが試してみてもうまく機能しません。Y!mobileメールのバックアップ機能はその端末にコピーを取って保存するためだけの機能で、操作はLINEトークのバックアップ及び復元とほぼ同じなのですが、保存されたデータを外部に保存して初期化後手順を踏んでコピーを戻しても上手く反映されません。
(サポートに確認して非公式ながら外部にコピーしても戻せば読み込める確認が出来たと回答をもらったのですが機種の違いかうまくできません。) バックアップソフトも幾つか試しましたがY!mobileメールのデータに関してはうまくいったものはありませんでした。(Y!mobile自体マイナーだから対応できてないのかも)

Y!mobileが紹介している「Yahoo!かんたんバックアップ」というサービスがあるのですが保存できるのは画像や連絡先のみメールデータは対象ではないです。Emobile時代はバックアップサービスがあったようですし、softobankにもバックアップサービスがあるようなのですが今はどちららも利用できません。

つまり、Y!mobileメールを使うにあたち機種変更や初期化等で使用中のメールデータは移行できそうにないですね。最低限これまで使ってきたキャリアメールのようにテキスト形式ででも出力できればよいのですが確実そうな方法が見つけられていません。(JSバックアップとか対応してくれないですかね。)