lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

サーブのトスが安定して上げられない? (テニス)

以前にもサーブのトスについて考えたことがありました。

lond.hateblo.jp


一般に言われる「手のひらを上に向けてボールを乗せ、そのまま腕を使って真上に持ち上げるようにトスを上げる」のではなく「コップを持つような手の形でトスを上げるのはどうか」ということを書きました。

サーブにおけるトスで注意されるポイントとしては、「肘と手首を曲げず肩を軸に動かす」「ボールを離すのは肩よりも上」等ですが、ボールを手に持つ際は「人差し指の拇指球のあたりにボールを置き、親指と中指、薬指、小指で支えるように持つ。手で握りしめない」という感じでしょうか。

また、トスを上げるため非利き手を下げた状態から持ち上げる際は「ボールを持つ手のひらは持ち上げる真上方向をキープしたまま、手のひらを上に上げていく」感じです。(頭上の棚に物を置くように真上に持ち上げるとか言われます。)

ただ、以前に書いたように、手のひらを上に向けた形でトスを上げると、手首は「掌屈(手のひら側においでおいでをする方向に曲げること)方向」に簡単に曲げることができ、肩支点でトスを上げるにも手首の稼働により位置が微妙にズレることも多いです。

写真のナダル選手は肩を支点に腕を一直線に動かすというより、手のひらを上に向けた状態で肘を曲げて「真上に押し上げるような」トスになっていますね。こういうタイプのトスのプロ選手は他にもいます。

ロディック選手もそうでした。



ただ、あくまで個人的にですが最近、このようなスクール等で教わるトスの上げ方、つまり「腕を一直線にして手のひらを上に向けた状態を保ってトスを上げる」やり方をするプロ選手は実は少数派なのではないだろうか? と思えてきました。(ナダル選手やロディックのやり方はまた違います。)

ジョコビッチ選手

youtu.be

ジョコビッチ選手は手のひらを上に向けた我々がスクール等で教わるトスの上げ方ですね。


実際、色々なトスのスローモーション映像を見ていくと、リリースの瞬間にコップを持つような形で人差し指と親指の間からボールをリリースするプロ選手がとても多いことが目についてきました。

フェデラー選手

youtu.be

マレー選手
youtu.be

ワウリンカ選手

youtu.be

デルポトロ選手
youtu.be


それぞれの選手で腕の使い方が異なりますがリリースの瞬間に共通性があります。

コップを持つようにボールを持つと、腕を上げる際の手首は「橈屈 (手首を親指側に引き上げる動き、手刀を下ろす向きの逆に動き)方向」への動きとなります。

f:id:a-londenion:20161011035923j:plain f:id:a-londenion:20161011035928j:plain

橈屈方向は掌屈方向に比べて可動範囲が小さく且つ動かしづらいです。

人は必ずトスを上げる位置を調整しようとするので、無意識でもボールに近い手首の関節や指を使ってしまいます。そこで、元々稼働の小さい橈屈側でボールを上げることでそのブレを強制的に小さくしてしまおうという訳ですね。無意識すら制限してしまう訳ですから心理状態が結果に直結するサーブのトスには適した取り組みでもあります。

また、どちらのやり方も結局肩の動きを使ってボールを上げますから、ボールの持ち方、支え方に慣れさえすれば、橈屈側の人差し指と親指の間からボールをリリースするやり方は難しくありません。

確認したように多くのプロ選手も実践している方法で特殊なやり方でもないので、サーブのトスが安定せずに困っている人だけでなく、上げやすいと思うのであれば初心者の段階から試してみてよいトスの上げ方だと思います。