lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フォハンド テイクバック時の膝の向き (テニス)

今回もフォアハンドのスタンスについて考えてみます。

以前も少し書きましたが「フォアハンドでテイクバックした際にその人の非利き手側の膝がどこを向いているかがフォームを見るポイントの一つ」かなと思っています。

具体的には、フォアハンドでテイバックした際に上体は横向きになりますが、ここからラケットをネット方向に強く振っていくことを考えると「非利き手側の踏み込み足はネット方向に向く」からです。(以下右利きで説明)

構えの姿勢からオープンスタンスを維持したまま上体を捻ってテイクバックをすれば左足のつま先と左ひざはネット方向を向いています。

1. オープンスタンスで上体を捻ったテイクバック

f:id:a-londenion:20160921135947j:plain

ただ、これは足やひざを向けているというより「両腰がネット方向に向けたまま上体を捻っているから足は自然とネット方向を向く。且つ両足で地面をしっかり踏んでいるため」自然とこうなるというが正しいでしょうか。(上半身と下半身の捻転差)


一方、元々スクエアスタンスで打っている方がオープンスタンスを取り入れた流れで多いのが「上体から腰までが一律に横向きになってしまう」形です。


2.オープンスタンスでも腰から上が横向きになるテイバック

f:id:a-londenion:20160921140602j:plain

(セミ)オープンスタンスによるテイクバックですが、1と比べると左ひざが体の右側(画面左側)を向いてるのが分かります。これも腰が横を向くことで膝も自然と同じ方向を向きます。同じように上体を捻っているように見えて、2はスクエアスタンスの横向きのテイクバックで足の位置をズラした形になっている (上半身と下半身の捻転差がない) 訳です。


何故、ネット方向に左足、左ひざをネット方向に向けておいた方がよいのかはピッチャーの投球を考えればイメージできます。

ピッチャーは横向きからホームベース方向に体の向きを変えた後ボールを投げますが、ボールを投げる時点では下半身と上半身がホームベース方向に正対している必要があります。下半身(両腰)が向けば自然と踏み込み足である左足(足先、ひざ)もホームベース方向に踏み出されます。教わるわけでもなく誰でも行える動作です。

つまりテイクバックの際に腰が横向きの状態にあるとインパクト前後で「腰をネット方向に向ける」動作が必要となり、左足も打つ方向に向け直す必要があります。せっかくオープンスタンスでテイクバックをしていても「そこから左足をネット方向に1歩踏み出す」「足の位置は変えず左足に体重を寄せ、左足を支点に体を回転させる」ことで向きを変えることになります。(後はその場でジャンプするか)

いずれにしても、ボールを打つまでの短い時間に上半身から下半身まで一枚の板のように一斉に回転させないといけないので、オープンスタンスで上体をひねりそれを戻すことで打つよりもパワーが出しづらく体の軸がブレる要因になりそうです。(先日書いた体重移動による軸の移動も関連します。)

ストロークの70%程度がスクエアスタンスで打つ方がフットワークの都合でスタンスをオープンにとる程度のであれば問題ないでしょうが、オープンスタンスを積極的に使おうと考えているのであれば「下半身(腰)はネット方向への正対を保つ」よう意識しないとスタンスを変えている意味が弱わります。(ただ足の位置が違うだけになる)



今回の内容からすると蛇足になりますが、こういう方が周りにいないでしょうか?

3.下半身も上半身も正対した形のテイクバック

f:id:a-londenion:20160923180411j:plain

テイクバック直後はもう少し横向きの場合もありますが、ボールを打ちに行く際、下半身と上半身が速い時点でネット側に正対してしまう形です。これは年齢が高くなったりお腹が出てきて技術はあるけどボールを追いかけるのがしんどくなってきた方に見られる気がします。横向きでボールを追いかける、体を捻る、腰を落すなどの代わりにラケットワークを大きくしてそれをカバーする打ち方です。体より腕の動きが大きくなり一見手打ち風に見えますが技術があるのでテニスは成立します。軽く打ち合う程度なら足の動きは最低限でもラケットワークで全部打ち返せてしまうのですが、コントロールが難しいので自分で打つより相手のボールに合わせる形になり少しもったいないとは思います。



4.セミオープンスタンスで腰の正対を維持したテイクバック

f:id:a-londenion:20160921143011j:plain


見比べても微妙な差に見えるかもしれませんが、右足と左足の付け根(鼠径部)の位置を見れば横向きになっているかどうかがわかると思います。左ひざもつま先もネット方向に向いています。これであれば、両足を動かさず軸もブラすことなくその場で上体を回してボールを打っていけます。

テニスを始める際はスクエアスタンスで教わりますから殆どの人がテイクバックでは腰が横向きになるのが基本になる傾向を感じます。つまり多くはスイング開始時に腰をネット方向に向ける動作をしているということです。それがパワーロスや軸のブレに繋がるのであれば、オープンスタンスを取り入れる際に考慮すべきかなと思っています。(発生するブレも含めて安定させないといけない打ち方)

全てのボールがオープンで打つわけではなく、スクエアスタンスで打つケースもあります。その際は使い分ける形になりますが、ワウリンカ選手、ジョコビッチ選手のフォアを見ても左ひざはネット方向を向いています。(もちろん選手によって違いますが。)

ワウリンカ選手のフォアハンド

youtu.be


ジョコビッチ選手のフォアハンド

youtu.be

follow us in feedly