lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スクエアスタンスにおけるインパクト前後の足の動き (テニス)

以前に書いたことがありますが、スクエアスタンスにおけるインパクト前後の足の動かし方について3D CGのデータを作ってみました。

まず、初心者の方がテニスの基本としてスクエアスタンスでのボールの打ち方を教わる場合、最初はインパクト後に前方でラケットを止めるフィニッシュから説明されると思います。

1.基本的なスクエアスタンスでのフィニッシュ

youtu.be

スタンスは横向きのまま、後方にテイクバックしたラケットをまっすぐ前方に振り出し、インパクト後にまっすぐ腕を伸ばす形でフィニッシュを取ります。スピンをかけるというよりも厚くフラットに当てて押していくコントロール重視の打ち方です。

ただ、昔のラケットが重い時代の打ち方でもあり、ラケットが軽くなり素材や構造により反発性が高まった現代では、よりスイングスピードを上げてインパクト後のボールスピードや回転量を求める打ち方ができるようになっています。

そのためにインパクト後にラケットを止めず、スイングの勢いそのままに左肩方向に振り抜きたいです。この左手側にラケットを体に巻き付けるようなフィニッシュを取るためには、横向きのスタンスのままでは左肩が邪魔になって右手がそれ以上前、もしくは左手側に動かしていくことができないので、肩から腰にかけて正面に向けていく何らかの工夫が必要になります。

その工夫として多く見られるのが、ボールを打つ際、インパクト前後に右腰側を前に寄せていく方法です。スクエアスタンスの横向きから考えると左足(左腰)の位置に右腰側を寄せていく動きになります。

2.右腰側を前方に寄せていくフィニッシュ

youtu.be


股関節や膝関節の柔軟性がないと体を正面に向けた際に体がぐらついたり、体重がかかる左足側がブレたりしてしまいますが、スクエアスタンスを使用することが多い女性にはやりやすいフィニッシュだろうと思います。

f:id:a-londenion:20160828070418j:plain


イバノビッチ選手のフォアハンド

youtu.be

スクエアスタンスを多用する選手の多くがこの形になるかと思います。


もう1つの方法が右腰を前側に寄せていくのではなく、インパクト直前に前側にある左足及び左腰を手前に引き寄せて正面向きになる方法です。

3.左腰側を手前に引き寄せる打ち方

youtu.be


この足の使い方は普段からやるというよりも、相手のボールが予想よりも速かったり、距離感が合わなかったりして、喰い込まれたり打点が手前になってしまった場合の回避方法として使われることが多いように思います。

オープンスタンスやセミオープンスタンスであれば元々体が正面に近く向いているのでタイミングが遅れて打点が手間になることも少ないし、仮に喰い込まれてバギーホイップで返す方法もありますが、スクエアスタンスの場合は横向きから正面向きになる時間が必要なのとスタンスからインパクトまでに体が移動(殆どが前方へ)することで頭の位置が動くので予想と距離感がずれてしまうことも起こります。

右腰を寄せて体を正面に向ける方法だと体がより前に移動してしまうことになるため、左腰側を引き付けることで体を前に出さず正面を向くことができます。

f:id:a-londenion:20160828072020j:plain

実際に足を動かしながら素振りをしてみるとわかりますが、左足、左腰を引いてしまうことで体重が後方にかかり、前方にスイングしているラケットの加速分のパワーが左肩側に流れて分散する感じです。ただ、スクエアスタンスでは常に2番目の打ち方ができるわけではないので必要になることもあると思います。ただ、打点が手前になるのでボールが浮き上がったりしやすい気がします。

モンフィス選手のフォアハンド

youtu.be

モンフィス選手は基本がスクエアスタンスな選手なのだと思いますが、左足側を手前に引きつけてかなり近い打点で打つケースがよく見られます。一見バランス悪く見れますが体が強いから普通に打ち返せているのだろうと思います。


もう1つはスクエアスタンスの横向きから直接ジャンプして体を正面に向ける方法ですが、トリッキーですし力も出しづらいので、横向きでボールを追いかけていって振り向きざまにジャンプして体を正面に向けるなどの場合に限られるかと思います。


3つのパターンの比較 (連続再生)

youtu.be


スクエアスタンスから体を正面に向ける方法についてデータを作ってみましたが、2番目の右腰を前に寄せていく打ち方がスムーズに体重移動ができて自然には見えますが、右腰側を寄せるということは右足側に力が入れられない(踏ん張ってない)ということで、場合によっては上体中心にボールを打つことにもなります。オープンスタンスであれば両足で踏ん張りながら打つ、または片足で打つ場合になっても上体を捻ってそれを戻す力でボールを打てるのでより体の力を使いやすい状況を作りやすくなります。現代テニスではオープンスタンスの方が向いていると言われるのは応用できる幅の広さもあるはずです。


ただし、スクエアスタンスか、オープン(セミオープン)スタンスかの2択というわけでなく、足幅、足の付き方、上体や腕との連携のさせ方など、少しずつ違うスタンスを状況に応じて自然と使えるように練習の中で反復練習を行うべきだろうと思います。

オープンスタンスで打つことが多いフェデラー選手も短いボールを前に入ってコントローラブルに打つ際はスクエアスタンスを用いますし、相手のウィナー球のボールに走りこみながら横を向いたまま手の動きだけでパッシングのウィナーを打つこともあります。

f:id:a-londenion:20160828133044g:plain


オープンスタンスで右足をつくと同時にインパクトする打ち方も良く見ますね。

みんラボさんのトレーニング動画

youtu.be


現在、スクエアスタンスが打つことが中心となる方は、少なくともボールを打つ際に足をどう動かすかについて確認しておいた方がいいと思います。何となく打っていたのでは、ボールを打つ前、打った後のフットワークとの連携も取りづらいですし、動かし方を整理して練習で繰り返し確認しておけば意識しないで動けるようになりやすいです。

テニススピードマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,404円
(2016/8/26 23:29時点)
感想(1件)