読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

最近よく聞く「脱力」って何? (テニス)

よく触れている事柄なので短かめに書いてみます。

最近テニスで聞く言葉の一つが「脱力」です。でも「脱力」というのは「上達するための何かの特別なキーワード」でもなければ「意識して行え!!」とわざわざ指導されるような事柄でもありません。ごく自然なことを指しているだけです。


野球の経験がある方はわかると思いますが、ボールはポトリと落ちない程度、投げる際に勝手に飛んでいかない程度の強さで軽く握るし、ピッチャーだからとボールを投げる際に腕に力を込めてガンガン振るといったこともしません。もちろんボールを投げる際に力を込める部分はあちこちありますが、基本的には投げ始めから投げ終わりまで力まず軽くリラックスした状態で腕を振る方が楽に速いボールを投げられるはずです。

腕を振るにあたり腕や手に力を込めるということは筋肉の緊張を生み、本来自分が行える最大限のスピードで腕を振れる状態に自分からブレーキをかけています。力を込めればボールを「押す力」「ラケットがぶれない力」は発揮出来るかもしれませんが「ボールを飛ばす」「ボールにスピードを出す」「回転をかける」のに必要なラケットスピードは落ちてしまいます。


また、私は普段から「テニスをやる人の多くがテニスを特別なことだと思いすぎだ」と感じています。

テニスを始める際、ラケットという道具を手に持ちラケットでボールを打ち返すという行為、テニスコーチにそれを習ってる自分が「日常にない特別な行動」に感じてしまいます。また、絶えず位置を移動しつつその中でボールを打つということともテニスを難しい「何か特別なことをやっている」ように感じさせてしまいます。テニスを教わる際も、普段から行う体の使い方(例: ボールを投げる) とテニスにおける体の使い方の共通点は説明されず、単に「ラケットはこう振ります」「ボールにはこう近づきます」と教わることも「何か特別なものを教わっている」と思い込まされてしまう要因です。

かたや、人間の持つ体の機能は決まっているので、一部の人しかできないような特殊なスポーツは別にして一般的なスポーツにおける基本的な体の使い方(走る、止まる、ジャンプする、投げる、押す)は全て同じです。テニスだけ関節を逆に曲げるなんてことはありませんからね。



「脱力」に話を戻します。

普段テニスをやっていると「自分はラケットは軽く握っている」「握りしめていたりしない」「これ以上軽く握るなんて無理」と思うかもしれません。でも、以前紹介したこのスイングをやってみれば『自分がどれだけラケットをしっかり握っているか』簡単に体感できます。

みんラボさんのラケットを強く握らずスイングする解説

youtu.be

右手の3本の指(親指、中指、薬指)で輪を作るように(キツネの形)して、その輪にラケットをひっかけてその状態でスイングします。手で握っていないので、ラケットを支えたり何か操作をしたりすることはできません。操作しようとするとラケットが波打ってしまいます。多分、初めてやった時はまともにスイングできないと思います。力を入れずラケットの遠心力に任せて最初から最後までリラックスして振り切るようにすることで軌道が安定します。

動画にあるようにこの状態で普通にボールを打つことができます。むしろリラックスしている分、ボールも安定し、スピードも速いかもしれません。これが本来のフォアハンドのスイングと言っていいと思います。(力んでラケットを振っている間は不完全かもしれません。)

注: スクエアスタンスで、ラケットを止める形でテイクバックする、インパクト後に腕を前方に伸ばしてフィニッシュされる方はこのスイングはできません。 

f:id:a-londenion:20160826230800g:plain

脱力により速くスイングする話とは別次元で、そうやって振らないとスイングできないフォームだと思ってください。スイングスピードよりブレない安定の方が大事なフォームです。どちらがいいとか比較するものではありません。


繰り返しになってしまいますが「脱力」は特別なことではなく、本来の自分の持つ力を十分、安定的に発生するための大前提にすぎません。また、テニスをやることを「特別なこと」だと思い込まず、普段行っている動作、体の仕組みをどう使っているかと考えながら練習した方が上達にも繋がるし、安定やより強いボールを打つためのきっかけになると思います。

自分のテニスはまぁまぁ出来ているからと簡単に自己分析してしまわず、このような基本的な所から見なおしてレベルアップをはかってみはどうでしょうか。

テニススピードマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,404円
(2016/8/26 23:29時点)
感想(1件)