読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フォアハンドのインパクトでラケットを握っていくべきなのか? (テニス)

フォアハンドの話で「ボールを打つ際、インパクトでラケットを握っていくようにした方がいいのか?」という話を聞くことがあります。今回はこれについて少し考えてみようと思います。

以前、ボレーのアドバイス言われる「インパクトでグリップをぎゅっと握っていく」という話について考えてみました。

lond.hateblo.jp


ボレーの場合はボールを捉えるラケット面の向きと正確なインパクトが重要ですから、インパクトでラケットをギュッと握ってラケット面を停止させる、止めることは、「インパクト面を作りやすい」「ラケット面の方向を定めやすい」「ボレーは速いボールを時間のない中で捉えることが多くスイートスポットに当たらない事もある。ぎゅっと握って面ブレを防ぐのは有用」などの意味があると思います。かたや、当たった際のタッチを出すため、操作性をよくするためにインパクトで強く握らないボレーも同様に意味があり、どちらがよいということはなく使い分けができます。

一方、今回のフォアハンドのインパクトでラケットを握っていくという点については、ボレー同様「スイートスポットに当たらなかった場合に面ブレを防ぐ」効果はあると思いますが、重要な点でマイナスに作用する懸念があります。それは「スイングスピード」です。

最近の主流は「脱力した状態でスイングする」ことで、これの利点はラケットの加速を邪魔することなく、慣性の法則で進んでいこうとするラケットのスピードを活かせることです。

多少なりともインパクトでラケットを握っていく動作はラケットにブレーキをかけていることですからラケットスピードにはマイナスに働きます。仮に、強く握っているわけでなくても、インパクトで握るという意識がラケットを加速させている体の動作に無意識に影響を与えることは十分考えられます。

インパクトでラケットを握っていく動作が意味を持つのは以下の2つとかでしょうか。

1)従来からのスクエアスタンスでボールを打つタイプのフォームでインパクト後にラケットが前方で自然と止まり、非利き手側の肩の方に巻き付いてくようなスイングでない場合

2)グリップが厚くハンマーグリップ的で、インパクト前後に前にボールを押すイメージを重視したい場合


1の場合は、インパクトを以ってラケットの機能は終了でいいので、インパクト後もラケットスピードを落とさないことでボールに伝える力を減らさないといった考え方が不要です。ラケットに正確にボールが当たればよく、フォロースルーも小さいのでフィニッシュでラケットを支えれる意味でもインパクトでラケットを握っても構わないと思います。

2の場合は、先日、厚いグリップのダブルベンドによる打ち方で考えたように、インパクト前後の押しと直後の回内(プロネーション)による上方向への急激なラケットの引き起こしが重要になるのでインパクト前後でラケットをしっかり握っておく意味はあるかもしれません。

いずれのケースも 脱力によるスイングで遅れて追従したラケットヘッドをスイング方向に加速させ大きく動かしていくという打ち方とは異なります。ただし、2の場合は体を捻って打つスイングであれば脱力に近づく(強く握らない)ことができるでしょう。

もし、脱力によるフォアハンドを目指すのであれば、ラケットはテイクバックからフォロスルーまで強く握ることなく、ラケットの加速を邪魔しないスイングをすべきであろうと思います。

フェデラー選手のフォアハンド

youtu.be

脱力して振れているからこそラケットヘッドも大きく速く動くし、フォロースルーで左肩の上まで右腕が巻き付いていきます。ラケットを握る意識があるとこういうフォロスルーにはなりませんね。インパクト時のラケット面も「作っている」「向けている」というよりスイングの中で自然と面が向き、インパクト後にヘッド側がさらに前に進んでからフォロースルーに向かっているのが感じられます。