lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フォアハンド、テイクバックからのラケットダウン (テニス)

スイング時の脱力で起きること

テニスの最近における流れは「脱力」なので、グリップは強く握らない、手や腕に力を入れないと言われます。

個人的に、フォームにおいてこれらが顕著に違いが生じる、見て分かるのが「テイクバックからラケットを振り始める」際だと思っています。

 

  •  
  •  

 

スイング開始時

飛んでくるボールを待つ構えの段階ではラケットヘッドを立てた状態で持っているので、テイクバックからラケットを振り始める際、ボールに当たるラケット面をボールの高さに合せるためラケットヘッド側を倒していく必要があります。

フェデラー選手のテイバック

 ただ、従来からあるスクエアスタンスでは「テイクバック = 振り始めの形 (準備完了)」なので、手や腕の操作でラケットを振り始めの位置、高さにセットしてあげる必要がありました。これがいわゆる「ラケットダウン」と言われるものだと思います。

「ラケットダウン」が必要となるスクエアスタンスによる横向きテイバック 

この場合、立っているラケットヘッドを後方(バックネット側、及び背中側)に倒すためには、手首を甲側に返す(※) ことでラケットヘッドを落とす形になります。多分テニスをやっている方ならイメージできる動きだと思います。※実際は手首の動きではなく、よく言われる"プロネーション(回内)"の逆側の動きであるスピネーション(回外)の動きですね。

現代的なフォアハンドでは「ラケットダウン」するタイミングがない

一方、現代的なフォアハンドは体を捻ることでテイクバックをし、それを戻すことでスイングを開始するので、スクエアスタンスのテイクバックのようにラケットを倒している明確な時間 (余裕)がありません。また「体が停止する時間」は、慣性の法則からも停止した物体が再び動きだすには強いエネルギーを使ってしまいますし、停止は筋肉の緊張を産み、体を捻ったテイクバックからの一連のスムーズな動きの流れを阻害してしまいます。つまり完全な停止状態はない方が望ましいはずです。(テイクバックで一瞬止まったように見えても体の筋肉は少しずつ動いているイメージ)

そこで、ラケットを立てた状態でテイクバックした後、体を戻す勢いに伴ってグリップ側からラケットを引いていきます。慣性の法則でその場に留まろうとするヘッド側と引かれて動き続けるグリップ側が逆方向の力で釣り合いながらラケットは倒れます。(棒倒しや、だるま落としのイメージ) ただ、留まろうとする力より引かれる力の方が強いので、ラケットはグリップ側からボールに向かい、ラケットヘッドは後方から追従していきます。これは「脱力」しているからできることで、グリップに力が入っているとこのラケットが自然と倒れて引かれる動きが起こりませんね。

テイクバックからスイング開始時における手首の返し方

youtu.be

グリップから引かれて倒れるか、意図的に自分で倒すかの違いです。わかりづらいですが手首の返し方に注目していただけるといいかと思います。

フェデラー選手のフォアハンド

youtu.be


元々スクエアスタンスで打っていた頃の癖 (未だに初心者はスクエアスタンスで習いますね。。)か、腕でラケットを強く振ろうとする意識か、グリップに力が入っている人はラケットヘッドを倒すためには意識的な操作で倒すしかありません。また、倒し方が不十分(倒しきる前に降り始めるなど)だと、グリップよりも上側からボールに向かっていってスライス回転がかかったり、ボールに安定して当てることができなくなったりします。

厚いグリップ、大きなテイバック、体の周りを回ってくるようなスイング

また、軟式出身の女子選手などで厚いグリップでフォアハンドを打つため、ラケットヘッドを背中側に倒したようなテイクバックを取るフォームもこの傾向を感じます。

遠心力で打つ?

背中側にラケットヘッドを落とすとそこからはコマのような体の軸の回転でスイングするしかなく、良く言われる「遠心力で打つイメージ」ですが、「遠心力は加速には貢献しない」ため、思ったほどラケットスピードが上がらないと思います。

回転を始めたヘリコプターのローターの速度が速くなるのに時間がかかるように、中心から遠い物体は同じ角度を動かすにも長い距離を移動しないといけないので、この物体を動かすには大きなエネルギーが必要となります。同じ棒を長く持った時と短く持った時では後者の方が加速させやすいのは理解できると思います。

遠心力は物理的には存在しない力だそうですが、体感的には物体を中心から外側に引っ張る力です。体を回して外側にラケットを放り投げるのならまだしも、ボールを飛ばすのであれば、ラケットをボールを飛ばす方向に直接的に振っていかないといけません。

つまり、ボールを飛ばすことと遠心力は"そもそもの運動方向がズレている" 訳です。

ラケットを加速させているのは自分自身、遠心力ではない

加えて言えばローターを回しているのはモーターであり遠心力で加速している訳でもありません。フォアハンドは、ブーンと長い距離ラケットを振って飛ばすより瞬間的に力を出してラケットを加速させる方が現代のスピーディーでパワフルなテニスに合っているし体の使い方としても効率的だろうと思います。(打ち方は人それぞれでいいので否定ではないです。)

 

 

 

手に引かれて自然と倒れるラケットと人の操作で倒されるラケット

長くなりましたが、この「自然とラケットヘッドが倒れる動き」「意図的にラケットヘッドを倒す動作」の違いがフォームに顕著に現れます。

グリップ側から引かれるラケット  意図的に倒してから引かれるラケット

少しわかりづらいのは、前者の自然と倒れる場合でも結局手首(腕)を回転させることでラケットヘッド側が倒れていくわけなので、両者が全く違う事を言っているわけではない点です。意図的に手首(腕)を回すか、ラケットを振り始めることで自然と手首(腕)が回るかという違いでしょうか。

現代的なスイングにおいてラケットダウンは必要ない

考え方は様々だと思いますが、現代的なテニスにおいては「ラケットダウン」という言葉はほぼ言われることがないように思います。

書いたように意図的にラケットヘッドを下げる必要もないし、打ち方からしてそれを行うタイミングもないからです。そういう概念自体が必要ないということだと思います。

皆がスクエアスタンスでテニスを習う。オープン系スタンスとの関係性

これまでスクエアスタンスで打っていた人がオープン(セミオープン)スタンスに挑戦しよう、体を捻って打つ打ち方に挑戦しようと思われる場合は、見た目の違いだけ注目するのではなく、このような基本的な部分からの違いから理解する必要があるだろうと思います。

体を捻ったテイバック 

フォアハンド 上体をひねるテイバック

最初に述べたように、スクエアスタンスの横向きのテイバックでは、ラケットヘッドの高さを振り始めの位置に合わせるため "ラケットダウンに相当する腕の動作"がテイバック時に必要となります。さもないと高い位置から振り下ろすスイングになってしまうためです。

一方、上体を捻ってテイバックする現代的なフォアハンドでは、テイバックした際のグリップの位置に、スイング開始時にグリップ側から引かれることで自然と倒れたラケットヘッド側が下りてくるため、ラケットダウンという操作が必要ありません。必要なのは"脱力"、つまりリラックスして手や腕に力が入らないことだけです。

まとめ: 横向きテイバックと現代的な打ち方は体の使い方が違う。それがラケットダウンという操作に現れる

スクエアスタンスで打っていた人がオープン系スタンスに挑戦しようとした際、両足の位置の違いばかりに注目してしまいますが、そもそもの体の使い方が違う点を理解しないと、足の位置が違うだけで股関節から上はスクエアスタンスによる横向きのテイバックと変わらないということになります。

※皆がスクエアスタンスによる横向きのテイバックでテニスを教わるので、かなり上達した人でもこの傾向は本当に多く見受けられます。そもそもの体の使い方の違いを教わる機会がないし、長年身についたものなので変わらないのです。理解していなくても打てない訳ではありませんが、速いテンポの現代的なテニスをしているのに打ち方だけ変わらないままでは正直もったいないことだと思います。


今回はフォアハンドにおけるラケットダウンについて書きましたが、現代的なフォアハンドに興味があって理解したいと考えるのであれば、ラケットダウンが必要かどうかといった各論ではなく、両者の違いがスイングにどう関係するか、体の使い方の違いについて考える方がよいと思います。