lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

参考にすべきフォームのプロ選手は?? (テニス)

テニスをやっていると「どのプロ選手のフォームを参考にするか」「○○選手のフォームは基本に近いから参考にできる」「男子選手は凄すぎて参考にならない。一般プレイヤーならむしろ女子選手では?」といった話をよく聞きます。

プロ選手は情報にリーチできる範囲にある最もテニスが上手い人達であり、そのフォームはYouTube等により以前とは比較にならないくらい簡単に且つたくさんの情報量で確認できるようになりました。(昔は雑誌に載る1方向だけの連続写真だけでした)

一般プレイヤーとしてはプロ選手のフォームを参考にするのは当然の思考であり、誰のフォームが参考になるかと考えるのは自然なことです。通常、これらの話で名前が上がるのはフォームが美しいフェデラー選手の名前だったりテニス談義としては楽しいのですがテニスの上達を考えるなら少し違った見方が必要だろうと思います。(以降はどの選手を参考にすべきかという話ではないです。念のため)


まず、以前にも紹介させていただいたWTAとATPのフォアハンドに違いです。

lond.hateblo.jp

Top Tennis Training - #1 in Online Tennis さんの動画「ATP vs WTA Forehand | Tennis Forehand Technique」での解説ですが、ATPの男子選手とWTAの女子選手ではフォームが全く違います。

最近よく聞く「体を捻って打つ」打ち方をするのは男子選手でWTAの女子選手ではかなり少数です。専門家ではないので何故そういう違いが出るのか正確な所は分かりませんが、単に体格や筋力等の違いではない (おそらくテニスを始めた時からの習い方は指導に関連するもの)と思います。

素人ながらに考えると、女子選手のフォームは、旧来からのスクエアスタンスに起因する打ち方で、スタンスをオープンに取っても体は捻られずスタンスとは関係なく腰から上は一律に横向きになっています。ラケットのテイクバックは大きく、体の捻りがないので強い回転をかけづらく、結果的にネットの低い所を狙うフラット系のストロークが中心となります。

この打ち方を「古い」と片付けるのは適切ではないと思いますが、現代テニス的なフォームで考えると男子選手の打ち方の方が効率的であると思われます。科学的根拠や研究に基づく打ち方なので、性別、年齢、筋力に関わらず出来る打ち方です。

男子プロ選手のような強烈なスピンを打つのは逆立ちしても一般プレイヤーには絶対無理なので、球威やスピードではなく「打ち方の効率の良さ」に着目すべきです。

初心者の方がテニススクールに通い始めて最初に教わるのはスクエアスタンスによるボールの打ち方だと思います。これは20年以上前から変わらないです。ただ、現代テニス的にはオープンスタンス(セミオープンスタンス)で体を捻ってテイクバックする打ち方がより効率的に力を使え、疲れにくく、ミスをしづらい。また、進化を続けるラケットやガットに対応して性能を引き出しやすい打ち方でもあります。

「私はずっとスクエアスタンスでフラット系のストロークを打つからいいんだ」という考え方もありますが、回転をかけにくいこの打ち方は、スピードが上がればアウトする危険性が増えネットを高く通すことができないのでネットの危険性もあります。自分のコントロールできる範囲内でかなり安全マージンを取った球威でしかストロークがしづらい打ち方でもあります。

未だに、スクールでスクエアスタンスから教えているのは不思議なことでもありますが、できることなら、初心者の時点から現代的なボールの打ち方を習うべきだと思います。

こう言うと「初心者がプロ選手と同じ打ち方ができる訳がない。技術も体格も筋力も違うんだし!!」と思うかもしれませんが、プロ野球のエースピッチャーと少年野球の投手の投げ方が全く違うということはありえません。体格の違いはあっても正しい投球フォームや体の使い方は同じです。これはサッカーのシュートでも、陸上の走り方でも同じです。人間の体の構造は、子供も大人もアマもプロも同じなので、効率的で正しい体の基本的な使い方に違いはありません。

ただ、知識のない初心者の方にプロレベルで語られるポイントを専門的な言葉を交えて説明しても理解するのは難しいので、同じ動きができるやり方をよりシンプルな言葉や表現を使って説明する取り組みが必要となります。逆に言えばそれができればプロ選手と同じようなフォームで打つことは可能ということです。(教える側の知識と教えるテクニックの問題ともいえますね。)

まとめると、『テニスでの会話では「どの選手が参考になるか」「体格や筋力的に近い女子選手の方が参考になるだろう」といった観点以前に、「現代的なフォームとは?」「それを学ぶ方法はなにか?」を考えるべき』だろうと思います。そこから考えると参考にすべきは男子選手となるし、男子選手の球威やスピードに目を向けるのではなく、いかに効率的で正しい体の使い方をしているかという視点でフォームを見ていくべきだろうと思います。

なお、試合で見せる戦術面という意味だとまた違ってきます。ダブルスは独特の戦術や考え方が必要で、男子ダブルスは技術よりパワーで勝ってしまうペアも多いです。ボールスピードと戦術という観点で言えば、女子ダブルス、ミックスダブルスの試合を観て参考になる点は多いです。なお、個人的にはミックスダブルスが一番参考になると思います。技術で言えば、現状ヒンギス選手を除けば、男子ダブルス選手の方が遥かに技術は上ですし、ミスで決まるポイントも多い女子ダブルスよりも技術を伴う攻めのプレイを仕掛けることが多いミックスダブルスの方が見ていて面白いです。

Paes Hingis vs. Nestor Mladenovic Highlights 2015 AO Mixed Doubles Final

youtu.be


シングルスの戦術は難しいですね。男子選手の基本戦術はボールの打ち方とセットという側面がありますが一般プレイヤーがそのまま参考にしようと思ってもボールの精度や技術が伴いません。かと言って女子選手の戦術は男子に比べてシンプル(球威勝負、ミスさせる)ですし、いずれにしても簡単にはミスしないので一般プレイヤーが参考にするのも難しい気もします。この辺は両方のいいとこ取りという感じでしょうか。私もシングルスの経験はほぼないので詳しい方だとまた考え方が違うのかもしれませんね。



follow us in feedly