読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

片手バックの高い打点への考え方は?? (テニス)

私は片手バックハンドで「片手バックは高い打点だと力が入れにくい」という話や「それが片手バックの弱点だ」という話はよく耳にします。確かに頭より高いような打点を片手で打つのは工夫が入りますし高い打点自体ボールに力を伝えるのが難しいです。

ただし、高い打点で思うのは、スクールで習っているレベルなら「肩より高い打点が打ちづらいのは両手バックの方も同じでは??」とか、やむを得ないバック側のスピンサーブ等のリターンを除けば「頭以上の高さまで弾んだストロークのボールはそこまで威力はないから打点を前にして肩より下で打つか、もっと下がって落ちてきた所を打つこともできそう。つまり、自分が居るポジションにも問題があるのではないか」とも思っています。このあたりはフォアの高い打点が苦手と言われる時と同じですね。

頭よりも高いような打点で打つことを除く、前に出て強く打ち込むのでもなければ強打することを考えない (続けるストロークで十分) とすれば、首くらいまでの高さはそれほど打ち方を変えなくても片手でも十分打てるように思います。もちろん片手バックは両手バックよりも打点がシビアなので打ち慣れない打点だとタイミングが取りにくいという点はあります。(両手バックはラケットを大きく動かせないので片手よりタイミングは取りやすいかもしれません。)

ポジションや戦略を考えることとは別に、仮に応用技術として肩よりも高い打点を片手バックでどう打つかを考えるなら以下の3つのような方法があるでしょうか。ただ、これらはフォアハンドの高い打点を打つ方法でも聞く内容なので特別な方法というわけでもないかなと思います。

1. グリップの位置を上げる
腰くらいの高さの打点で打つ際、ラケットヘッドとグリップが地面と平行になるくらいの位置関係でインパクトすると思いますが、グリップ(手)をそのまま上げてラケット全体の位置を上に上げる方法です。

f:id:a-londenion:20160801025355j:plain f:id:a-londenion:20160801025405j:plain


インパクトのラケット位置だけを考えた方法で、左図の位置なら手首は親指側にやや曲がるくらいでしょうが右図のように上げてしまうと手首は不自然に小指側に曲げる必要があります。手は体から離れるほど力が入れにくくなるので、フォア同様にグリップだけを上げた打ち方ではしっかり打つのに少し無理が生じます。(これだけだと手首痛めそう)


2.体を傾ける

f:id:a-londenion:20160801030139j:plain

打つ形は変えず体の軸や肩のラインを傾けて見かけ上の打点を上げる方法です。これはフォアハンドで頭よりも高い打点で打たざるを得ない場合の対処方法としても聞きます。体の軸が傾くので打点がずれたり打ち方が変わらないように気をつけないといけないですが、フォーム自体は変えないので力1よりも違和感は少ないかもしれません。

3.ラケットヘッドを起こす動作を利用する
フォアバック共にトップスピンをかけるにはラケットがボールよりも下から上に動かなければなりません。その際、ラケット全体持ち上げるより、グリップ側を中心軸にヘッド側を円軌道で動かす方が前に向かって振るスイングとの親和性からくるラケットスピードもあり回転がかかりやすいです。つまり、通常のスイングでもラケットヘッドはインパクト前後に急激に上に起き上がってくるわけです。

f:id:a-londenion:20160801031607j:plain   f:id:a-londenion:20160801031613j:plain


フェデラー選手のバックハンド 

youtu.be

通常のストロークでも、インパクト前後ではラケットヘッドがボールよりも上(手首より上)の位置にあるのがわかります。

このラケットヘッドの動きがあれば打点の位置が上がってもボールを抑えこみことができます。


f:id:a-londenion:20160801031619j:plain

なお、旧来の横向きで押し出すようなフォームではできません。振りぬきの速さでスピンをかける打ち方は現状では片手バックの前提条件でしょう。マスターできてる人はこう言われても違和感はないはずで挑戦中の方は練習するしかないですね。いつまでも高い打点はスライス頼りになってしまいます。

なお、実際には1,2,3を組み合わせることになるかと思います。1でテイクバックからのラケット位置を上げ、垂直方向にジャンプして打つか2のように肩のラインを多少傾けることでスイングの変化を軽減、3のヘッドを起こす動作で高いボールを抑えこみかつスピンもかけられる、そんな感じだと思います。


フェデラー選手の片手バックリターン

youtu.be

打点は高いですが、テイクバックの高さや打ち方に工夫があっても、打ち方自体は通常のストロークとそこまで変わらないと思います。スピンをかける現代的な片手バックなら膝下から肩上位までなら大きく変えなくても対応しやすいということだと思います。

繰り返しになりますが、安全策だとバックの高い位置ばかり打たされるようなら、その位置で打たずにすむようなポジション取りや相手に打ちにくくする方法を考える方が前向きです。その上で、今どきの片手バックをマスターされている方なら肩くらいの高さのボールでも、ベースライン内からフォアの逆クロスで打たれたようなボールでもなければ、苦にせず打てるくらいの技量はお持ちなのではとも思います。つまり高い打点に対処するためには片手バックのマスターが一番の近道(何かの工夫で対処しようとするより)という感じでしょうか。


follow us in feedly