lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

iPhoneもAndroidもダイエット管理はGoogleスプレッドシート (ガジェット) (生活)

iPhoneにもAndroidにも色んなダイエット管理アプリがありますね。UIが特徴的とか、入力がしやすいとか、グラフ機能が豊富とか、OSの健康管理情報(iOSならhealthkit)と連携できたりとか。

私もiPhoneでいくつかのアプリを使っていましたが、iPhoneとAndroidの2台持ちするようになったことと、専用アプリは入力する際は簡単でも登録したデータを取り出したり再利用するのが本当に面倒でアプリを乗り換えようと思ってもまた1から入力し直しになるようなことも多かったです。これは歩数をカウントするアプリやジョギングを計測するアプリでも言えますね。ユーザーを囲い込みをしたい気持ちは分かりますが登録したデータを再利用しづらいのならユーザーが不便なだけだと思うのですが。。

そんなこともあり、今は「Googleのスプレッドシート」を使用しています。

Excelと同じ表計算ソフトですが、ブラウザや専用アプリを使えば、iOS、Android、PC問わずネット経由でどれからも同じファイルが開けます。UIも共通なので戸惑う事がありません。とにかくシンプルに使えます。

ダイエット管理用に予め計算式やグラフ設定をしたので、計測した体重を数字で入力するだけです。

表示イメージ

f:id:a-londenion:20160715005717j:plain

毎日入力できていないのでグラフが歯抜けになってますが、体重を入ればグラフは自動で更新されます。専用アプリのように、1日毎にフリックして画面を切り替えないといけないとかグラフを見るには別のボタンを押すといった操作が全く不要です。縮小と拡大を使う位で同じシートの中で入力や更新が行え入力が終わったら保存してアプリを終了させれば、他の端末から見てもデータは最新です。

もっと多機能さを望むなら工夫は色々できると思いますが、グラフ表示の他、BMI値や適正体重まで後何キロとかが分かれば十分なので、専用アプリを使うのよりも圧倒的に使いやすいと感じています。例えばですが、食べたものを入力すればカロリー計算してくれる機能とか面倒くさいだけですし、アプリがダイエットのアドバイスしてくれるとか個人的には不要な機能です。さっと入力できて入力データも後で再利用しやすいし、この環境で十分だなと感じています。

 

仕事で使える!Googleスプレッドシート Chromebookビジネス活用術【電子書籍】[ 丹羽 国彦 ]

価格:648円
(2016/7/15 10:32時点)
感想(0件)