読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ストローク軌道の角度を計算してみる (テニス)

テニス

フォアハンドを打つ際、ネットを越すために水平よりも上に向かってラケットを振ることになりますが、その際の ボールを打ち出す角度 (≒ラケットを振っていく角度) が何度位なのかを考える機会はないと思います。今回はこの角度を計算してみたいと思います。

計算をするにあたっての前提としては、1)空気抵抗、ボールスピードと回転量の変化、温度、風の有無などの要素を考慮しません。2)フォアハンドの打点がちょうどベースラインの位置にあるとします。3)ボールを打つ打点の高さは無理のない高さということで80cmとします。(170cm位の方で腰より少し下、骨盤位の高さです。) などです。

回転量やスピードは人によって違うでしょうがざっくりとした目安ということでご了承ください。なお、計算するのはネットを特定の高さで通過する際の打点からの打ち出し角度な点をご注意ください。ただ、スピンをかけたとしてもネットを通過する高さが大きく違わなければ (ネットの3倍の高さとか) 極端に打ち出し角度が変わるということはないと考えます。

1) 打ったボールがネット中央の一番低い高さをぎりぎり通過する場合

まず、ベースラインから打ったボールがネットぎりぎりを通過する際の角度を確認してみます。

f:id:a-londenion:20160714050702j:plain

ボールの打ち出し角度の図

f:id:a-londenion:20160714050945j:plain
打点からボールが持ち上げる高さは11.4cmなのでボールの打ち出し角度は0.55度になります。1度もないということはほぼ水平という感じでしょうか。



2) 打ったボールがネット中央の2倍の高さを通過する場合 


続いて、よくストロークを打つ際の高さの目安として言われるベースラインから打ったボールがネットの約2倍の高さ (超えるのはネット中央) を通過する際の角度を確認してみます。

 

f:id:a-londenion:20160714052641j:plain

打ち出し角度の図

f:id:a-londenion:20160714051846j:plain


打点からボールが持ち上げる高さは102.8cmになるのでボールの打ち出し角度は4.943度になります。約5度と言ってもイメージしづらいですが45度の9分の1 (半分の半分の半分より小さい) と言えば殆ど角度がない感じですね。

何が言いたいかと言うと、実際にボールを打つ際は外的要素もありこの計算より角度を付けて打ち出すことはあるでしょうが、仮にボールにスピンをかけるためにラケットはボールの打ち出し軌道よりも上に振っていったとしても『ボールの打ち出されていく角度』自体は5度とかその程度ということかと思います。


ナダル選手のフォアハンド

youtu.be


ラケットを上に振り上げるフォームが印象的なナダル選手ですが、インパクト前後のラケット軌道は体と垂直という感じで体の軸を後ろに傾けている分スイング軌道に角度が付いている位です。(傾けているから右足が上がる) 打ち出されたボールの角度もほぼ地面と水平に近く見えます。(ロブではないのでベースライン上から極点に上に向かって飛ぶわけもないですが。)


後ろから見た映像

youtu.be

フィニッシュでラケットを振り上げる場合もありますが、そうでないフィニッシュを見るとインパクト前後のラケットスイングはほぼ地面と水平に近く振っている印象で、前方(打ち出す角度)に強く振っているスイングだと思います。

つまり、ボールを強く打ちたいのであれば水平に近い角度(今回なら5度とか)で前方に向かってラケットを振りながらスピンをかけることで、スピンのイメージに有りがちな薄い当たりでラケットを上にこすり上げるような打ち方では今回計算したような角度でボールを強く打ち出すことは難しいと思います。ナダル選手を見てもそういう打ち方はしていませんからね。

「前に強くラケットを振る」ということと「スピンをかける」ということは相反するような印象を持ってしまいますが、プロ選手達はそういう打ち方をしている、つまり現代的なフォアハンドはそういう打ち方だということですかね。厚いグリップでスピン、スピンと思って打っていると前に飛ばないし回転量も思ったほど上がらないフォアハンドになってしまうかもしれません。

 

テニススピードマスター [ 石井弘樹 ]

価格:1,404円
(2016/7/15 10:33時点)
感想(1件)