読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

オープンスタンスと体を捻るテイバック (テニス)

テニス

誰もがスクエアスタンスでテニスを教わる

初心者の方がスクールなどでテニスを始める際、フォアハンドは「スクエアスタンスでの横向きの状態でテイクバックする」形から教わることが多いと思います。横向きになって手でラケットをセットするような形を取る練習をさせられますね。

f:id:a-londenion:20161201000100j:plain

 

その後、オープンスタンスに関心を持つ

ただ、テニスを続けるうちに「フォアハンドを打つ際は体を捻ってテイクバックするんだよ」という話を聞き、初心者からの次のステップとしてセミオープンスタンス、オープンスタンスから体を捻ってテイクバックする形を試すようになります。

上達に向けては正しい取り組みなのですが、ここで気をつけるべきは「(セミ)オープンスタンス = 体を捻るテイクバック ではない」ということです。

簡単に言うと、スクエアスタンスでは体を捻ってテイバックはできないので(セミ)オープンスタンスが前提にはなりますが、その際「スタンスと体を捻るという動きが連動しているかどうか」が大事という感じでしょうか。

スタンスをオープンに取ることと体をひねるテイバック (とそれを前提にした体の使い方とボールの打ち方) は直接関係しないということです。

プロ選手のスタンスを見てみると

雑誌などの解説写真やプロの女子選手のフォームを見て時折感じるのが『オープンスタンスで体を捻ったテイクバックに見えて実質スクエアスタンスでのテイクバックと変わらない』形です。

シャラポワ選手のテイバック

イバノビッチ選手のテイバック 

2つの写真において、スタンスはオープンになっているものの、足を隠して腰から上だけを見るとスクエアスタンスのテイクバックだと言われてもわからないと思います。

言わば「スクエアスタンスの横向きのテイクバックから左足だけを横に引いたような形」です。(セミ)オープンスタンスから体を回転させテイバックしたとしてもこれだとスクエアスタンスと同じであり、スクエアスタンスでフォアハンドを打つ際と同じ制限が発生します。

ラケットでボールを打つ際の体と腕の位置関係

人が力強くボールを打つためには「自分の体の正面 (右肩から左肩の間+α) の範囲かつ肩よりも前に腕がある」必要があります。

f:id:a-londenion:20170114154027j:plain

横向きのままだと右腕は左肩より左(ネット)側に力を入れらないのでフォアを強く打つには体を正面(ネット側)に向ける必要があります。

f:id:a-londenion:20170315004720j:plain

ただ、スクエアスタンスの横向きテイクバックから正面を向くには

1)左腰側を開いて体を正面に向ける

2)右腰側を前に寄せていくことで正面を向く

3)その場でジャンプして回転する

などが必要です。

1は腰を開くことで左足の踏ん張りが逃げる、2は体の右半身側を前に移動させながらスイングするので力が入れにくい、3はジャンプしながらボール打つのは力が入らない。といった問題があります。

体を捻ってテイバックする現代的なフォアハンド

一方、本来の「(セミ)オープンスタンスで体を捻ってテイバックする」フォームは、ありがちな表現ですが「1枚の板状のゴムを両手で捻るようにスタンスから頭までが徐々に捻れていっている」形です。

フェデラー選手のテイバック

フェデラー選手の写真だと「テイクバック時にお尻がどの方向を向いているか」を見れば一目瞭然だと思います。

最初の2つの写真では選手側から見てコート左側にお尻が向いてる (つまり股関節より上が全て横向き) のに対し、フェデラー選手はお尻がバックフェンス(コート後ろ)側を向いています。つまりスタンス同様に股関節の前側がしっかりネット方向に向いているということで、足、股関節、腰、胸と徐々に捻れられて肩が横向きに至っているのが分かります。

一見同じように見えますが両者の相違点は明らかですし、スタンスをオープンにしたからと言って体を捻るテイバックができるわけではないこともわかると思います。

フェデラー選手の上体を捻ったテイバック

youtu.be

 

スクエアスタンスに慣れている方が(セミ)オープンスタンスに取り組み始めた際、上の図のシャラポワ選手やイバノビッチ選手のようなスタンスはオープンでも股関節から上は横向きのテイバックのままになりがちです。

これは「スタンスの違い」「体を回転させるという点にフォーカス」するからですね。本来は後者のような形になりたいのですが、情報がないので違いが分からないまま練習を続けてしまうことが多いと思います。

というか、レベルに関係なくテニスをやっている殆どの人が横向きスタンスのテイバックの影響を多かれ少なかれ残したままテニスをしています。理由は、体をひねるテイバック、現代的なフォアハンドの打ち方における体の使い方を学ぶ機会がないからです。(教わっても長くやっている癖も抜けませんからね。)

スクエアスタンスはダメ、オープンスタンスが正しいというステレオタイプ(固定概念)

上達を目指す人にありがちな「スクエアスタンスはダメ、オープンスタンスが正しい」という単純な認識は意味がありません。

短いボールを前に移動して打つ際は、強くは打てないけどボールを打つ方向性が調整しやすいスクエアスタンスを使用したりします。フェデラー選手も前に詰めて決めるボールを打つ際にスクエアスタンスを多用します。要は両者の違いを理解し使い分けることだろうと思います。

まとめ: 注目すべきはスタンスではなくボールを打つ体の使い方

初心者がスクエアスタンスの横向きのテイバックで教わるのはどうしようもありません。この先も変わらないでしょう。プロ選手がボールを打っているのを見て、オープンスタンスに興味を持ったならば、スタンス位置の違いではなく着目すべきは体の使い方です。

内野手がボールをキャッチした後、1塁にボールを送球する際、位置やボールの取り方によって両脚の付き方は様々です。ただ、1塁に送球する姿勢や投げ方は共通すると言っていいでしょう。

テニスにおいてもボールを打つための基本的な体の使い方は1つです。ボールを打つ際のボールへの近づき方、スタンスの取り方は状況に合わせて1球毎に違います。オープンだろうが、セミオープンだろうが、スクエアだろうが、クローズだろうが、同じように打てる前提がないと状況にあったスタンスを選択できません。

初心者が習うスクエアスタンスによる横向きのテイバックはこの応用範囲が狭いのです。だからボールを追って態勢が取れずにうまく打てないということが起きます。その答えはスタンスをオープンにすることではなく、ボールを打つための体の使い方を学ぶことで、それが身につけばスタンスはどれでもいい、余裕があれば自分が選択したいスタンスを取ってボールを打つことができるようになります。