lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

Wilson広告 新製品に関するフェデラーの言葉 (テニス)

7/5発売のテニス雑誌 Tennis Classic BreakにWilsonの見開き広告が載っていました。フェデラー選手の文字で7/20に発表される新製品についての言葉です。

f:id:a-londenion:20160706204611j:plain

If you look at me not as someone to emulate but someone to one day eclipse, then I designed this racket for you. sincerely Roger Federer

と書いてあると思います。

日本語に訳すと多分こんな感じ。

もしあなたが、勝つために競い合う者としてではなくいつか必ず名声が薄れる者として私を見ているのなら、私はあなたに向けてこのラケットを用意したよ。
敬具 ロジャー・フェデラー

つまり、『皆は私を引退間近の選手だと思っているだろうが、引き続き第一線で競い合うために新しいラケットを開発したんだ』というようなことだろうと思います。

7/20に新製品として発表するのは、Prostaff97の後継という事で間違いないんでしょうが、Prostaff系は基本保守的進化なので今回も大きな変化はないのではないか (素材の使い方の変更でフィーリングを追求したとかそんな感じ) と思うので、一番気になるのはデザインですね。

ネットで黒色に回帰するんじゃないかという話を見たのですが、Prostaff 85が好きだった私としては黒ベースのデザインは期待したいですね。


2016.07.21 追記:
フェデラー選手の言葉ですが少々深読みしすぎだったようでWilsonがネットで公開した日本語訳によると、もっとシンプルに「私の真似をしたいのではなく、いつか私を超えたいなら私はあなたのためにこのラケットを作った。」という意味のようです。

Wilson Web Magazineのサイトに全文と訳が載っています。

www.tennisclassic.jp