lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ラケットスイングと遠心力2 バックハンドスライス (テニス)

前回、ラケットを振る際に感じられる遠心力(※)をうまく使えばラケットスイングの軌道を安定させる要因になるのではという内容を書きました。

※遠心力 - 物理的には遠心力というものは存在しないそうですが分かりやすいようにこの言葉を使います。その点は前回のブログに書きました。

lond.hateblo.jp


個人的に外のショットに比べ遠心力を感でスイング軌道を安定させる効果がより感じられるのはバックハンドスライスかなと思っています。

まず、再確認すべきことは「バックハンドスライス」と言うのは「打ち方」ではなく「バックハンドで打つスライス回転のボール」という意味です。(言われれば当たり前のことですが大事な点です。)

映像などを見ると、多くの選手で体の使い方が似ているのがフォアハンドに対し、バックハンドスライスは選手により打ち方が様々なショットテイクバックの形、ラケットの降り出し方、面の作り方、ラケット軌道、ボールへの触り方、フォロースルーの形や長さが様々です。


youtu.be

youtu.be


スライスは、スイングスピードがゆっくりでも効果が出るためテニスを初めて間もない人でも感覚がつかみやすいです。ちなみにガットの目が荒い「スピンがかかるラケット」も効果を感じるのはスピンよりもスライスだったりします。つまり「スライス回転はかけやすく、他ショットのように厳密に決まった打ち方をしなくてもよい」と言えるでしょうか。また、地味なバックハンドスライスは積極的に技術を上げよう改善しようと思わないことが「バックハンドスライスを打てる人は多いけど使いこなせている人は少ない」理由だと思います。

ここから本題ですが、個人的にバックハンドスライスを練習するポイントは「前に飛ばすこと」だとと思っています。

バックハンドスライスの練習を始めると回転をかけようと上から下にボールを切るようにラケットを動かし、ボールが浮いたり、思った方向に打てない、打ちたい場所までボールを運べなかったりします。この回転への意識はフォアのトップスピンで言えばラケットを真上に振り上げているような状態なはずです。

ボールを打つ目的は思った位置までボールを運ぶことで回転をかけることではないです。このため、練習の一環として『バックハンドのコンチネンタルグリップで "フラット" にボールを打つための打点とインパクト、フォームを確認して打ってみる経験』が良いのかなと思っています。

最初はネットまで届かないかもしれませんが、昔のテニス選手はフォアもバックもコンチネンタルだったので打てない訳ではありません。打点は体の横位、打点を近く取らないと力が入らないし、腕で飛ばそうとしても力が入りにくいです。ラケットを高くテイバックする必要はなくボールの高さに合わせたテイバックから地面と平行に横振りのようなスイングで打つ方がボールを飛ばしやすいかと思います。ここで活きてくるのが本題の「遠心力を感じてラケットを振る」感覚です。

手や腕に力を入れず、ラケットの遠心力を感じながら、コンチネンタルでバックハンドのスイングをしてみます。ブーンとゆっくり大きくスムーズに振れるようになったら、先ほどの打点を体に近い位置に置くようにしてボールを打ってみると腕で振るよりボールを飛ばせると思います。

バックハンドスライスでは方向性の問題から横向きキープと言われますが、最初は軽く振ってもボールをしっかり飛ばせることが目的なので、遠心力を感じながら振って打点を通過した以降はラケットの慣性のまま体を回して正面を向き、利き手方向にラケットが大きく進む感じでいいと思います。

なお、テイクバックからスイングする際に手首をコック(立てる)することは大事です。遠心力に任せて手首が伸びてしまうと力が入りません。手首をコックすると腕の回内/回外が使えるようになり後述の腕の曲げ伸ばしと合わせて力が入りやすく、ヘッドが立つことでインパクトでも力を加えやすくなります。ただ、手で握って角度を保つのではなくラケットを持った形が自然とこの角度になるイメージだと思います。


フラットで相手コートまで打てる感覚が分かってきたらボールにスライス回転をかけていきます。フラットに打っている感覚からほんの少しだけボールの中心から下側に力をを加える、ほんの少しだけボールの下側にラケットが抜けるようにします。スイングは変えていないので前に飛ばす感覚は変わらず少しだけスライス回転がかかってきます。(ここで上にあがる場合はインパクトで面が上を向き)

ややスライス回転がかかりながら相手コートまで飛ばせるようになったら、ボールを飛ばしやすくするためにバックハンドスライス及び片手バックハンド特有の動きを加えていきます。1つはテイバックから振り出す際の肘から先の曲げ伸ばし、もう1つは長いフォロースルーです。(もう1つはコックした腕でのボールに力を伝えやすいラケット面の作り方と打点)

鈴木貴男選手の解説動画

youtu.be

youtu.be

テイバックで曲げた肘を振り始めで伸ばす事で瞬間的にラケットを加速させる事ができますし、途中、遠心力に任せて大きく取っていたフォロースルーを打ちたい方向に長く向ける意識が方向性の確保に繋がると思います。(しっかり力が伝われば真っ直ぐ長く飛ばせると思います。)

最後、スライスを打つコツ的要素が入り本題と反れてしまいましたが、バックハンドスライスは遠心力を感じながらラケットを振る事で軌道の安定を得られやすい、効果が大きいショット、まずは遠心力を使いフラットでボールを飛ばす感覚を確認してからスライス回転とスライス特有の動きを加えていく方がよくある回転をかける取り組みから入るより思った場所にボールを運ぶという本来の目的に合うのかなと思いました。