lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ラケットスイングと遠心力 (テニス)

テニスをやっていると、ラケットの遠心力を使う(?)という表現を聞くことがあります。野球等のスポーツでも同じような表現は聞きますね。今回はスイングと遠心力について考えてみます。

因みに「物理では遠心力というものは存在しない」そうです。紐につけた物体を回転させた場合、動いている物体には「慣性の力」が働き紐に対して直角に直進しようとするが、紐が引っ張る力「向進力」により随時方向を変えさせられる。つまり、円運動する物体には慣性の力と向進力の2つの力が働くが遠心力は存在しないということでした。ただ、ここではイメージしやすいように(仮の存在として理解しつつ)遠心力という言葉も使うようにしたいと思います

ボールに力を伝える要因としては単純には「ラケット重量」「ラケット速度」です。手に持てるラケットは1本だけなので重量は固定、自分で変えられるのは加速させる事を含めてラケット速度になります。

ものすごくシンプルに言うと速く振れる程、速度も回転も上げやすいという事になります。(ラケット速度はボール速度と回転量に分配) ただ、ラケットを振る方法は手首だけ動かす方法から体全体を使う方法までフォームも様々でどう打てばいいのか悩む事になります。


遠心力の話に戻りますが、遠心力が「慣性の力」と「向進力 (テニスで言えばラケットを体の方に引っ張る力)」の組み合わせだとすれば、ラケットの速度に関係するのは進行方向に進もうとする慣性の力でしょう。(向進力は進行しようとする物体を引っ張って方向を変える力) つまり「方法は何であれ人がラケットを加速させるほど慣性の力は強くなる」という事で、「ラケットを振る際に遠心力など別の補助的な力が追加される事はない」=「遠心力でラケットを加速させる」というのは正しくないとなります。


ただし、本題はここからで、今回、遠心力を考えた理由は「遠心力はラケットを加速させることはないけど、スイング軌道を安定させる要素になる」と思ったからです。

紐に付けた物体を回す時のように回転している物体は軌道が安定します。遠心力という言葉を使うなら、物体が外に飛んでいこうとする力と紐を引っ張って飛んでいかないようにしようとする力が釣り合っているからですが、スイング時にラケットに働く遠心力をうまく使えばスイング軌道が安定するのではと考えました。

ラケットは手に持っているので手や腕を操作してボールに当てる事が可能です。テニスでは「体を使って打て! 手打ちはダメ!」と言われますが、打点にラケットを導くのは手であり腕です。また、最近の注目は「脱力」で、テイクバックからフォロースルーまで腕や手に力を入れない、ラケットも強く握らないと言われます。「力んでいるとスムーズに振れない」の逆の意味として「脱力すべき」というのは理解できても「脱力」とはどんな状態か、自分はどの位「脱力」できていないのか、脱力できたとしてどうすればスイング速度が速くなるのか等の判別が難しいです。

ここでポイントの1つになるのが「遠心力」かなと思いました。

以前にも紹介しましたが、みんラボさんのラケットを強く握らずスイングする解説

youtu.be


人差し指、薬指、親指の3本で輪を作りラケットをひっかけて振る練習ですが、脱力やラケットを強く握らないという意味の他に「スイング軌道を安定させる要素」もあると思っています。この方法の場合、手でラケットを操作して振ろうとするとラケット軌道が波打ってしまいます。一方ラケットにかかる遠心力を感じながらそれに任せて振ってやると軌道が安定してきます。これは手や腕でラケットを操作し「ボールに当てよう」とするよりも、ラケット重量により発生する遠心力を感じられるようなスイングをする方が軌道が安定するという事だろうと思います。

自分が脱力できているのかわからない人はフォーム云々の前に、片手だけでも、ラケットを強く握らない方法でリラックスしたまま、ラケットの遠心力を感じられる位に軽く長くラケットを繰り返し振ってみるべきだと思います。(よくゴルファーも片手で軽くブーンとクラブを素振りをしたりします。) これによりテイクバックの位置からフォロースルーの位置まで力まずに安定した軌道で振る感じが分ってきて、更にどのタイミングでどう力を加えると安定した軌道のまま、よりラケットを加速できるかが分かります。表現が感覚的ですが、ラケットをボールに当てるというより「ラケットを振り始めたら後は振り切るだけ」という感じでしょうか。


なお、遠心力を感じようと腕を伸ばして円の半径を長くしたり、よく見る背中側からラケットを大きくぐるっと回してくるようなフォームだと、最初に書いたように遠心力はラケット速度(慣性の力)の増加には影響しないし、瞬間的ではなく長く振る事でラケットを加速させにくくなるので注意が必要だと思います。