lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

パンチ力のあるボレーはインパクトでラケットをぎゅっと握る (テニス)

ボールを打つ際、ラケットをどう握るかについては色々な考え方があります。

「パンチのあるボレーを打ちたかったら、インパクトに合わせてラケットをぎゅっと握っていくといい」とアドバイスを聞いた事がないでしょうか?

この事について少し考えてみようと思います。

まず、このインパクトでグリップを握っていく理由は「インパクトでラケットがグラつかないように支えられる」「ボールの威力に打ち負けないから」などでしょうか。片手バックに対する両手バックの優位点と同じですね。確かに上手い具合に握りこんでいけるとボレーの威力は増すのですが、ならば両手で持てば更にブレず強く打てるかというと力強く振れたとしてもボレーの威力が増すという感じはしません。一方で「ボレーではラケットを強く握らない方がいい」という説明も聞くのでどうすればいいの?? という感じです。

最初に結論を書いてしまいますが、この事象は「ボレーのインパクトに向けて瞬間的にラケットを加速させられる」ことが関係していると思います。

まず、ラケットは道具であり体の延長ですから、車のエンジンのような何かしらの力で勝手にボールを飛ばしてくれる訳ではありません。ラケットがボールを飛ばす力は「ラケット重量とラケットの速度」だけで、重量は固定なのでボールを強く飛ばすには加速させる必要があります。

一般に「ボレーは振るな」と言われます。ラケットを振って当てる方が強く打てるのは感覚的にもわかりますが、動かす距離が長いほどボールに正確に当てるのが難しくなります。ボレーは時間がない中で打つ事が多く、ボールの強さより正確性が重要なために「ボレーは振るな」と言われる訳です。

グリップを握っていく話に戻りますが、これでパンチ力が出せる理由は「グリップを握るからではない」です。元も子もないですが手に持ったラケットのグリップを強く握りしめても何かラケットに力は発生する訳ではないのは誰でもわかります。

実際はインパクト前後のラケットに生じる変化に注目すべきで、スロー動画等でボレー時のプロ選手がラケット面をこういう風にボールにぶつけていくシーンを見たことがないでしょうか?

フォア
f:id:a-londenion:20160624010813g:plain  

バック
f:id:a-londenion:20160624010837g:plain

ボレーの際、ラケットをテイバックした位置からグリップ側からラケットが動き、遅れてきたヘッド側が追いつくと同時にインパクトでピタリとラケットが止まり「パン」とラケット面がボールに当たる動きです。 

プロ選手は止めたラケットでボレーを打つことは少なく、このヘッド側が遅れてきてインパクトで追いついてボールに当たるという動きは比較的よく見ます。(手首を甲側に曲げやすいフォアボレーが顕著で、バックボレーは肘の曲げ伸ばしで加速させラケットの重みをボールにぶつけるような動きが多いでしょうか)


フェデラー選手のボレー

youtu.be

フェデラー選手は、グリップ側とヘッド側が並行的に動きラケット全体を大きく動かさないボレーをする中で、ラケットヘッドが若干遅れて出てきてインパクトでパンと当たる感じがわかると思います。

選手から言うとインパクトに向けラケット面を合わせていく感覚でしょうが、グリップ側に対しラケットヘッド側の動きを大きめに取ればラケットは加速は増しよりパンチ力を出す事ができます。

鈴木貴男選手のボレー

youtu.be

鈴木貴男選手は打った方向にラケット面を押し出すフォロースルーが特徴ですが、ボールを打つ瞬間にラケットヘッドが少し遅れてきてインパクトでラケット面が合うのがわかると思います。

このラケットヘッドが遅れてきてインパクトで追いつく動きは今回で言う所の「グリップを緩めた状態からインパクトに向け握っていく」事で発生します。

ただ、厳密にはただ握るだけではダメで手首を甲側に屈折させたり肘や肩を使ってラケットをテイバック位置から滑らかに導く事です。腕や手に力を込めると腕とラケットが一体的な硬い動きになるので、リラックスした状態から遅れたヘッド側を起こしてくる事がこの説明に繋がるものと思います。

また、ヘッド側が加速する動きだけでなく、動いていたラケット面がインパクトでピタリと停止しボールにインパクトするというのも大事なポイントだと思います。

こういう鉄球の振り子を見たことがあると思います。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d3/Newtons_cradle_animation_book_2.gif/200px-Newtons_cradle_animation_book_2.gif

理屈は少し違いますが、動いてきたラケットには慣性の力(動くものが動き続けようとする力)が働いており、インパクト前後でラケットを停止させるとボールにより正確に当てられラケットの力を最低限のロスでボールに伝えられるだろうと思います。ストロークよりもラケットの動く距離が短いボレーでは発生する力も大きくないので無駄なく利用する事が大事です。

なお、動画では手首を甲側に曲げて戻す事でこの動きを起こすようにも感じますが、手首の力はとても弱く、瞬間的に強くラケットを加速させるのは手首の力だけでは難しいです。(手首は体の力をラケットにうまく伝える調整役)

ここで別の動画です。

井上邦夫コーチの解説動画

youtu.be

ラケットに力を伝える動きは体の各部のひねり戻しによるものであり、太鼓を叩くような腕の使い方をすると解説されています。

動画を見ていると、フォアもバックもストロークもボレーもインパクトに向けたラケットの使い方は共通点があると分かります。(というか、体の機能を使い、道具であるラケットでボールを飛ばすのにフォアもバックもボレーもストロークもないのはごく自然な道理です) 太鼓を叩くような腕の使い方が今回のボレーでグリップを握る事 = リラックした状態で遅れてきたラケットを瞬間的に加速させる事でパワーを得る という事が共通していると思います。

遅れてきたラケットヘッドがインパクト前後で止まるようにボールに当たる動きは今回の話に共通します。また、動きを見ればナダル選手がラケットを振り上げるリバースフォアハンドやバギーホイップと言われる動きもこれに関連しますね。

ラケットをしっかり握る事でラケットがブレないというのは間違いではないです。ただ、握る事 = 強く打てる訳ではないし、実際には体を使ったラケットの動きがボールに伝わる理屈があってのことだという事を考えないと理解できないだろうと思います。