読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

動画: 両手打ちバックハンドについて (テニス)

いつも拝見しているみんラボさんの新しい動画がとても参考になりました。

内容は『両手打ちバックハンド』について。

youtu.be

内容は以下のような感じです。

両手打ちバックハンドでボールを打つ際、両手の動きだけを確認するとラケットヘッドの軌道ほど大きく動いてはおらず、かなりシンプルだとわかる。選手がボールを打つラケットの動き(軌道)だけに注目してしまうと、それを再現しようと腕も大きく動かすのだと誤解してしまう。

体を捻ってテイクバックしたラケットは高く持ち上げられ、体を戻す事でラケットヘッドは下がり前に出て行く。この動作は自然に起こるものであり、ラケットを強く握り操作する事で起こす(いわゆる "ラケットダウン") 必要は全くない


フォア同様、バックハンドにおいても、振り出しでは瞬時に筋肉の伸長が起こる事で力を生み出す。

両手バックハンドも色々な打ち方があるという理解の中で、時間的に余裕がある場合は、体の回転に伴い、非利き手側の足(解説では左足)が前に出てくる位に体を使えばよりしっかりと打つことができる。

低いボールを打つ場合は、重心を落とした状態を作り非利き手側の足でボールの後ろのポジションを取ったら、重心(腰)の位置は変えずできるだけ前に大きく踏み込むようにするとしっかり打てる。これは野球のバッターがボールを打つ姿勢と同じ。

というものです。

一般的にテニスでボールの打ち方を説明する場合、動作の基点となる個々の「形」を示し、それを繋げる事で解説されます。これは本に掲載される「連続写真的」な表現方法が基になっていると思いますが、一連の動作の中で骨格や筋肉がどう連動した結果がそのフォームになるのかという説明には不十分です。(写真と動画の違い)

この動画を見ていて「形」を示すのは紙の教科書的な表現方法であり、説明する側、学ぶ側の双方が馴染み深いものの、実際に体がどう連動した結果か伝えるべきで、筋肉の働きや体の動きも情報として加わることで始めて正しく理解できるのだろうと思いました。

ある意味、「形」でしか打ち方を伝えられない指導、及びそういった方法でしか説明ができないという事は、動画を見られる機会がこれだけ増え、体の使い方の研究が進んだ現代においては、古臭いし不十分と言えるのかもしれません。


follow us in feedly